生産管理システムとは?導入メリットから注意点まで解説!

生産管理システムとは?導入メリットから注意点まで解説!の画像

生産管理システムとは、製造業における生産工程のプロセスを一元管理するシステムのことです。

製造現場では複数の工程が繋がっているため、各工程で実施される情報をひとまとめにし、全体最適を図ることが重要です。

全体最適を図ることで、

  • ボトルネックの把握
  • 全体予算の見直し

ができるようになり、結果として

  • 生産性の向上・利益率向上
  • 製造コストの低減

を実現します。

「生産管理システムは大手企業のような大型工場向けでは?」
「生産管理システムは導入コストが高くて割に合わない」

と感じる方もいるかもしれませんが、近年では中小企業向けのシステムも開発されており、低価格で導入できるものもあります。

本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、製造業に必要不可欠な「生産管理システム」について、

  • メリット・デメリット
  • 導入時の注意点
  • おすすめの生産管理システム

を解説していきます。

自社に生産管理システムを導入すべきかお悩みの中小企業経営者様や、製造部門のご責任者様はぜひ最後までご覧ください。

目次

生産管理システムとは?メリット・注意点を解説

そもそも生産管理とは、製造現場で行われる製造・生産業務において「QCDを最適化すること」をいいます。

QCDとは、

  • Quality(品質)
  • Cost(原価)
  • Delivery(納期)

の頭文字から付けられています。

つまり生産管理とは、なにを・いくらで製造し、いつまでに納品していくかといった一連の製造プロセスを適切に管理していくことです。

ちなみにJIS(日本工業規格)では、生産管理を次のように定義しています。

引用:生産管理を系統的に行うために,生産に伴う現品,情報,原価(価値)の流れを統合的,かつ,総合的に管理するシステム 

引用:日本工業規格 生産管理用語

生産管理システムの主な機能を紹介

生産管理システムの機能は多岐に渡ります。

また、業種・業態などで多少異なることもあれば、それぞれの製造現場のもつ問題点によっても、機能の力の置きどころは変わる可能性があります。

その中でも、生産管理システムの代表的な機能を紹介します。

機能名内容
生産計画機能どの製品を、いつまでに(納期)・どれくらい(数量)・いくらで(予算)生産するか全体の計画を立てる
資材所要計画機能(MRP)生産計画に沿った、部品・資材の調達量を自動で計算する機能
購買(仕入)計画機能仕入先の納期や納品する材料の管理を行う
工程管理機能作業指示、作業進捗照会、作業日報など主に製造現場の管理を行う機能
原価管理機能部品や製品原価の管理が可能。システム上で自動化することで正確性・信頼性が担保できる
品質管理機能納品した製品に不具合や欠陥がないか、製品の品質管理をする機能。万が一トラブルが発生した場合は、どの工程に問題があったか確認できる
在庫管理機能(ロットトレース)過剰在庫や在庫不足を抑制する機能。ロット番号を記録し、トラブル発生時にロット情報を追跡することが可能
予算管理機能予実管理(予算と実績の乖離を把握)により、高い精度の予算編成を行う
受注・出荷管理機能受注・売上・出荷数を管理し、販売量を正確に把握・予測を立てる機能。受注元への請求も可能

生産管理システムのメリット

生産管理システムを活用することで、製造プロセス全体の最適化を図ることが可能です。

具体的なメリットを3つ紹介します。

  1. 在庫不足、在庫超過を防ぐ
  2. 生産工程を一元化することでボトルネックが把握可能
  3. 原価管理が容易になり利益率が向上する

各メリットの詳細を解説します。

在庫不足、在庫超過を防ぐ

生産管理システムを導入することで、在庫不足や在庫超過を防ぐことが可能です。

在庫管理の正確性は製造業の重要なポイントです。

余分に製造しても製造コストや維持管理費が掛かってしまい、逆に在庫不足は納期の遅れに繋がり顧客からの信頼低下にも繋がります。

生産工程を一元化することでボトルネックが把握可能

ボトルネックを把握・解消することで作業の停滞がなくなるため、生産性が飛躍的に向上します。

生産管理におけるボトルネックとは、製造作業や一連の工程において仕事が停滞してしまうポイントのことを指します。

生産性が低い現場では各部門間での連携ができておらず、管理が分断されていることが多くあります。

各部門の管理をひとまとめにし、全体の作業量の見える化を行うことで、ボトルネックを見つけられるようになります。

原価管理が容易になり利益率が向上する

製品の製造原価がリアルタイムで確認できるようになることで、利益率が改善可能です。

例えば、仕入れていた材料の原価が変わった場合でも自動で原価が反映されるため、仕入先の変更も含めた判断や、価格交渉などをスピーディに行うことが可能です。

生産管理システム導入時の注意点(デメリット)

製造現場には欠かせない生産管理システムですが、導入の際には注意点もあります。

具体的な注意点を3つ紹介します。

  1. 導入の目的があいまいだと活用しきれない
  2. データ分析に長けた人材の配置が必要
  3. 各部門の理解と協力を仰ぐ必要がある

続いて、それぞれの注意点を詳しく解説します。

導入の目的があいまいだと活用しきれない

生産管理システムの導入目的があいまいの場合、活用しきれずに導入が失敗に終わる可能性があります。

特に生産管理システムは機能が多岐に渡るため、自由度が高い反面、

  • 操作が複雑で初期設定が終わらない
  • どこから着手すれば良いかわからない

といったように導入直後からつまずく可能性があります。

また、導入後も「ほとんど同じ機能しか使っていない」、「運営担当者が退職し操作方法が誰にもわからない」といった状況におちいるケースもあります。

便利な機能=自社で活用する機能とは限りません。

生産管理システム導入を検討する際には、

  • 生産管理システムを導入することで実現したいことはなにか
  • 具体的な数値目標はあるか
  • その実現のために必要な機能はなにか

といったように整理する必要があります。

データ分析に長けた人材の配置が必要

生産管理システムは社内のあらゆるデータを統合するシステムであるため、数字を扱うセンス・スキルが求められます。

膨大なデータを収集しグラフやレポートへの抽出はシステムが自動で行いますが、導き出された数字から具体的になにを読み解くかは人間が行う仕事であるからです。

最近ではデータサイエンティストのようなデータのプロも注目されていますが、そこまでは求めないにせよ、ある程度のデータ分析のスキルは必要といえます。

各部門の理解と協力を仰ぐ必要がある

生産管理システムを導入する際は、必ず各部門に導入背景・目的を伝えましょう。

得てして、本部と製造現場は意見の食い違いが多いものです。

「自社の製品をより多くの顧客に使ってもらうため」という目的は共通したとしても、

  • 「本部は数字の話しかしない」
  • 「コストカットばかり要求される」

といった現場からの不満の声は多いもの。

そのような状況の中で、生産管理システムによって各部門の生産状況を管理することは、さらに不満・不安を抱かせる可能性があります。

生産管理システムはあくまでも数字を収集・分析するまでのシステムです。

データを元に、具体的に改善してくためには現場の理解・協力なしには実現できません。

そのため「なぜ生産管理システム導入が必要なのか」といったことを、各部門でしっかりと納得いただくまで説明する必要があります。

現場の理解・共感を無視したトップダウンは現場の士気を落とし、逆に生産性低下を招く可能性もありますので、慎重に進めるとよいでしょう。

生産管理システム導入時のポイント

本項では、生産管理システム導入時のポイントを解説します。

生産管理システムには数多くのサービスがあります。

業界・業種・生産量・自社が抱える課題点によって、自社に合うシステムは変わってきますので、紹介するポイントはぜひおさえておきましょう。

社内プロジェクトを立ち上げ責任者を決める

はじめに社内プロジェクトを立ち上げ、システム運用の責任者を決めます。

社内一丸プロジェクトとすることで全体としての士気向上が期待できます。

その際、メンバーはなるべく複数の部署が横断で参加するようにメンバー選定するとよいでしょう。

立ち上げ後はプロジェクトの定例会(週・月頻度)を設けることで、数字からは見えない定性的な情報を集めることも可能です。

生産上の解決すべき課題の明確化と目標数値を決める

生産管理システムを導入することで、

  • 自社が目指したい姿・ゴールはなにか
  • ゴールの実現のために障壁となっていることはなにか
  • 障壁を解消するためには何をどうしたらいいか

を全員が納得するまで議論することが重要です。

特に目的や目標が不明確の場合、どこに向かって走ればいいかわからず、あれこれと悩みが生じてしまう可能性があります。

システムベンダーからの説明・提案を受ける際にも、あらかじめ目的・目標を伝えることで、的の絞った議論ができるようになります。

導入時・導入後のベンダー側のサポート体制を確認する

システム導入時や導入後のサポート体制はどのようになっているか確認することをおすすめします。

例えば、

  • サポート費用は掛かるか
  • サポート方法はなにか(チャット、電話、メール、訪問)
  • 土日は対応可能か
  • 具体的なサポートの内容

といったことを事前に聞いておくと、万が一の際にも安心です。

自社の業種や課題にシステムが合っているか確認する

検討中の生産管理システムが自社の業種や課題に合っているか必ず確認しましょう。

仮に機能的には大きな差がなかったとしても、ベンダー側としては戦略的に営業を掛けている業種・規模などの傾向があるはずです。

確認をする方法としてはベンダーの営業担当者に「自社と同じ業界・業種・規模の導入事例はあるか?」と質問しましょう。

導入事例が多い方がベンダー側としても情報を多く持っているため、

  • 将来的な活用の展開に向けた相談
  • 万が一のトラブル時の発生においての対応

にも、良きアドバイザーとなってくれる可能性があります。

運営部門の担当者が変わっても引き継げるようにマニュアル化する

現在のシステム管理者からほかの人に担当が変わっても引き継ぎができるようにマニュアルは常に更新をしましょう。

生産管理システムをはじめ、ITシステム導入で失敗する理由に多いのが「業務の属人化」です。

「ITのことはよくわからないから、詳しい人に任せよう」といったケースは多いと思います。

しかし専任者が人事異動や退職してしまうかもしれません。

新しく担当についた方がまったくシステムの知識がなかったため、結局システム利用を止めてしまったというケースは実際によく聞く話です。

人員配置的に複数名で担当することが難しければ、自社専用のマニュアルを作成するなど、常に業務を引き継げる状態にしておくことが重要です。

生産管理システムおすすめ3選

Smarfおすすめの生産管理システムを、特長・費用・実際に利用された企業の声を含めて、3つ紹介します。

気になったシステムがあれば、各システムの公式サイトから資料請求や問い合わせをしてみてください。

WorkGear(モリックス株式会社)

画像参照元:「WorkGear」公式HP

概要

WorkGear(ワークギア)は、中小企業特化型の生産管理システムです。

生産管理システム業界の中でも圧倒的な低価格帯を誇るWorkGearシリーズは、目的・用途に合わせて幅広いラインナップを揃えているのが特長です。

特長

  • 製品は全7種類の幅広いラインナップ。生産管理システム、在庫管理システムなど目的に応じて導入可能
  • 230万円から導入できる低価格生産管理システム。機能を限定すればさらにリーズナブルな製品もあり
  • 導入後のサポート体制も有り。インターネットのよるリアルタイム遠隔サポートから訪問対応まで柔軟に対応

導入時の注意点

ライセンス料に加え、年間保守契約料が別途掛かります(年額12万円)

無料プランの有無

パッケージ製品のため無し

費用

製品名費用
WorkGear-MRP7,300,000円
WorkGear-UZ3,800,000円
WorkGear-X2,800,000円
WorkGear-B2,300,000円
WorkGear-S800,000円
WorkGear-F400,000円
WorkGear-M300,000円

TECHSシリーズ(株式会社テクノア)

画像参照元:「TECHSシリーズ」公式HP

概要

TECHS(テックス)シリーズは、「コストの削減」「利益体質の実現」「経営力の強化」を製品コンセプトに掲げる、パッケージ型生産管理システムです。

製造作業の工数・進捗管理を実現し、労務費の低減と納期遵守が可能です。

さらに情報の見える化・見せる化により、社員間での意識統一が図られ従業員のモチベーション向上や主体的な改善立案・実行を促すことも期待できます。

特長

  • 発注書・作業指示書はバーコード処理によって誰でもかんたんに処理が可能
  • 試作品や特注品などの一品ものの個別受注型から、多品種少量の受注型まで幅広く対応
  • 2019年には生産管理パッケージ部門で3年連続出荷本数No1.を獲得(富士キメラ総研調べ)

導入時の注意点

不意のトラブル時に訪問サポートを行ってもらえるが、原因によっては有償となる場合があります

無料プランの有無

パッケージ製品のため無し

費用

導入費用98万円〜(規模により異なる)

導入企業の声

導入企業の声

実現のために委員会を立ち上げ、トップダウンで行うだけでなく、ボトムアップ形式での意見も吸い上げられる体制を整えました。また、全部門の担当者を集め、業務フローの見直しとルール化を行うことで、これまで見えていなかった各部門のあるべき姿が明確になりました。
引用:TECHSシリーズ公式サイト/導入事例(醸造機械製造)

導入企業の声

適切な作業予定時間の設定と、精度の高い原価予測ができるようになった結果、予定時間内に作業を終わらせよう、作業改善でさらに時間を削減してみよう、と作業者が自主的に改善活動を行うようになりました。このように、みんなで具体的な数値をもとに話せるようになり、現場の意識が変化したことも、大きな効果の1つです。
引用:TECHSシリーズ公式サイト/導入事例(電気産業機器製造)

生産革新ファミリー(株式会社大塚商会)

画像参照元:「生産革新ファミリー」公式HP

概要

生産革新ファミリーは、大塚商会が提供する生産管理システムです。5つの製品ラインナップによりすべての製造業に対応可能となっており、製造業の生産性向上・コスト削減を支援します。

さらに導入後の保守サポート体制・満足度にも定評があり、大手企業ならではのきめ細やかなサービスが特長です。

特長

  • 自社独自開発の生産管理システムは、5つのパッケージ製品によりすべての製造形態に対応
  • 「たよれーるコンタクトセンター」は専門スキルを有したスタッフがスピーディに対応
  • 年商500億円未満の企業で導入シェア1位  出典:「2020年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」(ノークリサーチ)

導入時の注意点

料金が公式サイト上で公開されていないため、費用が高く付く可能性もあります

無料プランの有無

パッケージ製品のため無し

費用

要問い合わせまたは見積もり依頼

導入企業の声

導入企業の声

当社は年配の社員が多いこともあり、以前はITの導入に前向きではありませんでしたが、大塚商会さんの厚いサポートを受け業務に不可欠なシステムをしっかり運用できるようになりました。多彩な機能がありますが、まだ使いこなせていない部分もありますので、引き続き活用に関する多角的なアドバイスをお願いします
引用:大塚商会公式サイト(導入事例/特殊納期製造・販売)

導入企業の声

以前の生産管理システムでは、急な計画変更に対応できず納品がストップしてしまうこともあったのですが、『Ryu-jin』による生産管理に変えてからは、そういったことがかなり少なくなりました。お客様の満足度も上がっているのではないかと思います
引用:大塚商会公式サイト(導入事例/自動車部品製造)

生産管理システムを一覧表で確認

ツール名(運用会社名)特長費用
WorkGear
(モリックス株式会社)
・製品は全7種類の幅広いラインナップ。生産管理システム、在庫管理システムなど目的に応じて導入可能
・230万円から導入できる低価格生産管理システム。機能を限定すればさらにリーズナブルな製品もあり
・導入後のサポート体制も有り。インターネットのよるリアルタイム遠隔サポートから訪問対応まで柔軟に対応
・WorkGear-MRP:7,300,000円
・WorkGear-UZ:3,800,000円
・WorkGear-X:2,800,000円
・WorkGear-B:2,300,000円
・WorkGear-S:800,000円
・WorkGear-F:400,000円
・WorkGear-M:300,000円
TECHSシリーズ
(株式会社テクノア)
・発注書・作業指示書はバーコード処理によって誰でもかんたんに処理が可能
・試作品や特注品などの一品ものの個別受注型から、多品種少量の受注型まで幅広く対応
・2019年には生産管理パッケージ部門で3年連続出荷本数No1.を獲得(富士キメラ総研調べ)
98万円〜(規模により異なる)
生産革新ファミリー
(株式会社大塚商会)
・自社独自開発の生産管理システムは、5つのパッケージ製品によりすべての製造形態に対応
・「たよれーるコンタクトセンター」は専門スキルを有したスタッフがスピーディに対応
・年商500億円未満の企業で導入シェア1位 出典:2020年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート(ノークリサーチ)
要問い合わせ、または見積もり依頼

まとめ|生産管理システムを活用すれば、品質向上・コスト削減・納期短縮が可能

この記事では、製造業の生産性向上に役立つ「生産管理システム」について、メリット・注意点・導入時のポイントを含めて解説してきました。

生産管理システムを活用することで、

  • 在庫不足・在庫超過の防止
  • 生産工程を一元化によるボトルネック把握
  • 原価管理が容易になり利益率の向上

といったメリットがあります。

中小企業の製造業でもリーズナブルな価格で導入できる製品もあるため、設備投資として導入は前向きに検討すべきです。

しかしながら、明確な理由なしに生産管理システムを選んでしまうと、後から失敗する可能性が高くなります。

生産管理システム導入を検討する際には、

  • 生産管理システムを導入することで実現したいことはなにか
  • 具体的な数値目標はあるか
  • その実現のために必要な機能はなにか

といったことを明確にすることが大切です。

また生産管理システムによって得られた数値データを元に、本部・現場が一丸となって製品の研鑽に励むことが重要です。

システムを導入することはあくまでも手段ですので、それをどのように活用するかは、各社担当者のリーダーシップに掛かっています。

今回ご紹介した内容がぜひ参考になれば幸いです。


メルマガ登録でお得な特典GET

  • Smarf(スマーフ)の最新記事、ビジネスノウハウに関する最新トレンド
  • 営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報

などが届くメールマガジンを不定期で配信中!

今なら「お役立ち資料2点」を自動返信メールにてプレゼント

    生産管理システムとは?導入メリットから注意点まで解説!の画像

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

    PICK UP おすすめ記事


    RANKING 人気記事


    ノーコードツール選び方ガイドのバナー

    メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

    低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

    目次
    閉じる