WordPress有料テーマおすすめ7選!各テーマの特徴・機能を解説

WordPress有料テーマおすすめ7選!各テーマの特徴・機能を解説

「プラグインを使わなくても機能が充実しているWordPressテーマを導入したい」
「ウェブマーケティングの収益化に繋がるWordPressテーマを導入したい」

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

ブログやウエブサイトが簡単に構築できるCMS(contet management system)シェアにおいて、全世界の64.4%以上を占めるWordPress。

さらに日本国内においては83.0%という圧倒的なシェアを誇ります。参照:Distribution of content management systems among websites that use Japanese

そんなWordPressが人気であるポイントのひとつが「テーマ」変更の容易さです。

ブログやサイト全体のデザイン・機能を決めるテーマには、無料のものから有料のものまでさまざまなテーマが配布されています。

特に「有料テーマ」の場合はサイトデザインはもちろん、サイト集客力を高めるための便利な機能が備わっています。そのため、ある程度WordPressの操作に慣れた中級者以上は有料テーマを導入することがおすすめです。

本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、ブログやウエブサイトのアクセス向上に役立つ「WordPress有料テーマ」についておすすめの有料テーマを紹介していきます。

個人でWebサイトを運営されている方や、企業でWebマーケティングやSEOを担われているご担当者様は必見です。

目次

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマとは、ブログやウェブサイト全体のデザインや機能を決めるための「テンプレート」のようなものです。

通常、ウェブサイトのデザインを変更する場合は、HTML/CSSといったプログラミング言語を使ったコーディングを行うことで、見た目や機能を変更していきます。

しかし、WordPressの場合はテーマを活用することで、デザインや機能を瞬時に変更・追加することが可能です。

テーマを使うメリットは、

  • HTML/CSSといったプログラミングが一切不要
  • テーマをアップロードすることで瞬時にデザインを変更することが可能
  • サイト運営に役立つ各種機能を実装することが可能

といったことが挙げられます。

そしてテーマの中には、「無料テーマ」と「有料テーマ」があります。

それぞれの特徴を表にしました。

テーマ種類費用機能デザイン
無料テーマ0円最低限の機能シンプルなものが多い
有料テーマ1万円〜2万円程度豊富な機能デザイン性が高い

WordPress有料テーマの選び方

WordPress有料テーマにはさまざまな種類があります。各テーマによって使える機能やデザインが異なるため、あらかじめ

  • ウェブサイトのコンセプト
  • ウェブサイト運営のゴール・目的

を明確にする必要があります。

本項では、WordPress有料テーマの購入を検討する際に参考にしていただきたい「WordPress有料テーマの選び方」を紹介します。

デザインがメディアのイメージに合っているか確認する

デザインはウェブサイトのイメージを決める重要な部分です。アップされているコンテンツ内容が同じでも、デザインが違うだけでまるで別なサイトのように感じられます。

  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • モダンでスタイリッシュなデザイン

など、コンセプトやサイトイメージにあったデザインを選ぶことがポイントです。テーマの公式サイトでは、デモページが用意されている場合があるので確認してみてください。

サイト運営に必要な機能が備わっているか確認する

WordPressではプログラミングを行わなくても、サイト運営を効率化する機能の利用が可能です。テーマによって機能の豊富さは異なるため、どういった機能があるか事前に確認しましょう。

「機能が足りなくてもプラグインで追加できるのでは?」と考える方もいるかと思いますが、プラグインで機能を追加しすぎるとサイト全体が重くなることや、プラグイン同士の相互性の問題で正常に動作しなくなることがあります。

テーマの場合はそうした問題を回避する設計がなされているため、高機能でもサクサクと動くサイト運営が実現できます。

カスタマイズは誰でもかんたんにできるか確認する

テーマのデフォルトデザインが気に入らない場合はカスタマイズをする必要があります。テーマによっては、かんたんにカスタマイズできる機能が備わっているものがありますので、そうしたテーマを選ぶことをおすすめします。

もしテーマにデザインカスタマイズ機能がない場合は、PHPなどで組み込まれたプログラムを直接編集する必要があります。直接編集は初心者には難しく、下手に編集するとサイト自体が壊れてしまう危険性があります。

また、テーマそのものを変更するという方法もありますが、テーマ間での互換性がないため、テーマを変更したことで公開済みのコンテンツに不具合が生じることがあります。

テーマを決める際の大前提としては一度導入したテーマを使い続けることが重要です。

SEO施策がしやすいかどうか確認する

SEO施策が取られているテーマは、「最少の労力で最大の効果を発揮できる仕様」になっていますので、質の高いコンテンツを増やし続けることで徐々にアクセスが伸びていきます。

SEOとは検索エンジン最適化のことです。かんたんに言うと、「SEOが強い=Googleが読み取りやすいサイト」ということです。

SEO施策を行うことで、コンテンツ(ブログ記事、商品購入ページなど)が検索上位に表示されるようになり、サイトのアクセスを増やすことが可能です。

SEOのポイントをいくつか例に挙げますと、

  • サイトのスピードが早い
  • クローラーが巡回しやすい
  • パンくずリストが設置されている
  • コーディングの量が少ない
  • メタディスクリプションが書かれている
  • SNSシェアのボタンがある

などがあります。

これらSEOの仕様はテーマによって異なります。そのため中には、「デザイン性は高いけれどSEO施策がまったくされていない」といった場合もあります。

ウェブサイト運営において、すべて自分でSEO施策の作業を繰り返すことは非効率であり、無駄な作業時間が発生しますので注意しましょう。

WordPressテーマ比較7選

ここからは「Smarf」厳選のWordPressテーマ比較7選をご紹介します。

気になったテーマがあれば、各テーマの公式サイトからデモ画面をご覧になった上で、導入を検討してみてください。

THE THOR(フィット株式会社)

THE THORの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「THE THOR」公式HP

概要

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能がすべて揃ったWordPressテーマです。

特におすすめのポイントは、SEO・表示速度(キャッシュ)・目次機能・問い合わせフォームなどの機能が標準装備されているため、プラグインの導入が不要になる点です。

初心者でもかんたんに操作できる使いやすさを追求。さらに、1つのライセンスで複数のサイトに導入が可能であるため、WordPress初心者はもちろん複数メディアを運営する上級者でもずっと使い続けられるテーマです。

特に有料テーマをはじめて利用する方でも、安心して導入することが可能です。

特長

  • 国内最高水準のサイト読み込み・表示速度。高速表示を実現する最新技術を多数装備により、キャッシュ系プラグインを使用する必要一切なし
  • SEOに強く上位表示されやすい設計。内部構造と高速表示を徹底的に追求し、検索エンジンからの評価を最大化する
  • HTML5+CSS3によるエラーのない最新コーディングが可能。HTML・CSSの文法チェックで満点を取得により内部対策の心配なし

費用

16,280円(税込)

利用者の声

導入企業の声

これまでたくさんの有料テーマを使ってきましたが、そのなかでも断トツ一番のテーマでした。テスト版を1ヶ月ほど使わせていただきましたが使い始めてから短期間でGoogleで1ページ目に表示され始めていて、とてもSEOに強いテーマだというデータが取れました。
引用:ザ・トール公式サイト/利用者の声

導入企業の声

プラグインを使わなくても殆どの機能が最初から揃っていて驚きました。私のようなCSSを触れない人でもカスタマイズが簡単に出来てしまうので色々といじってデザインするのが楽しくて仕方ありません。
引用:ザ・トール公式サイト/利用者の声

BEAU(株式会社Enthrall)

BEAUの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「BEAU」公式HP

概要

BEAUは、個人ブランディングに特化したWordPressテーマです。美容師やインストラクター、コンサルタントなど個人事業主のビジネスに役立つ機能が標準実装されています。

SEO施策や集客に役立つ各種機能の実装により、集客・ブランディングの両方をかねそなえた「個人ブランディングのテーマ」です。

操作方法に困った際は、回数無制限・利用料無料でサポートを受けることが可能。WordPress初心者でも、安心して使い続けられるテーマです。

特長

  • 予約管理機能、問い合わせフォーム、お知らせ・ニュース配信、SNS連携、など個人事業主のビジネスに役立つ機能が標準装備。プラグインの必要なし
  • 大手サイトのようなカレンダー予約機能。予約残数表示や予約受け付け時のメール転送機能など、HP制作会社に依頼すれば数十万円かかる機能をお手頃に入手
  • 購入後は作成可能サイトの上限なし。バージョンアップ・アップグレードも無料で利用が可能。スモールスタートや個人事業に最適

費用

19,800円(税込)

デモページ

BEAUのデモページはこちら

New Standard Ver3(株式会社ninoya)

NEW STANDARDの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「NEW STANDARD」公式HP

概要

New Standard(ニュースタンダード)は、Web集客コンサルティング会社であるninoyaがノウハウを結集したWordPressテーマです。

集客できる仕組みをとことん追求し、ホームページ・LP・ブログもNew Standardひとつで連携。ビジネスの集客力を最大化します。

さらに、問い合わせフォーム・ショッピングカート・予約ボタンの設置もプラグインなしで可能。だれでもかんたんに、まるでプロの制作会社が作ったようなサイトに仕上がります。

特長

  • Web集客コンサルティング会社のノウハウを詰め込み、集客できる仕組みを追求
  • 2015年にリリース以来バージョンアップを繰り返し、選ばれ続けてきた実績・信頼の高さ
  • 無料お試し体験、無償のテクニカルサポート、集客ノウハウの実践書など、安心できる取り組みの数々

無料お試し

お試し体験あり(14日間)

費用

29,700円(税込)

利用者の声

導入企業の声

WordPressのテンプレートは海外のものが多いので、いざ使おうとしてもカスタマイズ方法がよくわからなくて。でもNew Standardは日本語で説明もありますし、とてもわかりやすかったですね。いろいろと触ってみている間に、そこまで大きな苦労はせずに、操作を覚えられました。
引用:New Standard Ver3公式サイト/お客さまインタビュー

導入企業の声

導入当初から「プロに作ってもらったの?」と周りに聞かれるくらいの完成度で満足しています。また、お客さまからも「お洒落で見やすいですね」といったことをよく言われます。
引用:New Standard Ver3公式サイト/お客さまインタビュー

WP Avenue(株式会社RETVAL)

WP Avenueの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「WP Avenue」公式HP

概要

WP Avenueは、サイト・メディア運営に便利なWordPressテーマの販売サイトです。WP Avenueでは「STILE(スティーレ)」と「STREETIST(ストリーティスト)」の2つのテーマを提供中。

STREETIST(ストリーティスト)は、ブログ・アフィリエイトで月100万円を稼ぐ開発者が作成し、ブロガー・アフィリエイター向けに記事執筆を効率化をテーマにした機能が備わっています。

STILE(スティーレ)は、SEO施策だけではなくデザインにもこだわりたい方に向けた、デザイン設定を豊富に搭載したWordPressテーマです。

各テーマともに14,300円(税込)という、有料テーマの中では安価に購入できるのも人気のポイントです。また、購入後は本数無制限で複数サイトで導入できるので、はじめての有料テーマで失敗したくないユーザーにもおすすめです。

特長

  • 豊富なデザイン設定で、導入後もかんたんにデザインのカスタマイズが可能。Googleが推奨するSEO設定にも対応済み(STILE)
  • ブログ・アフィリエイトで月100万円を稼ぐ開発者が作成しているので、SEO施策や収益化に強い(STREETIST)
  • ホワイトとブラックを基調としたスタイリッシュなデザイン。さらにデザインパーツを使用することで好みのデザインにカスタマイズ可能(STREETIST)

費用

テーマ名費用
STILE14,300円(税込)
STREETIST14,300円(税込)

デモページ

OPENCAGE(株式会社bridge)

OPENCAGEの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「OPENCAGE」公式HP

概要

OPENCAGE(オープンケージ)は、ブロガー向けにシンプルで高機能なWordPressテーマを提供している販売サイトです。

販売しているテーマはいずれも7,980円(税込)〜11,000円(税込)という安心価格帯なので、有料テーマの導入が初めての方でも安心して購入可能です。

広告やバナーの配置も簡単な操作で設定可能なので、アフィリエイト記事の量産も簡単。アフィリエイターは記事執筆に集中できるため、収益アップが見込めます。

さらに、全テーマモバイルファースト設計・表示速度改善・ブロックエディタ(Gutenberg)対応など、サイトの利便性向上に役立つ機能が豊富に備わっています。

特長

  • HTML/CSSの知識がなくても、誰が使っても美しいデザインを追求。全テーマモバイルファーストに対応し、自動でスマホ最適化を実現
  • サイト表示速度改善に対応。最適化された内部構造と軽量化設計により、サイト閲覧者のストレスを限りなく軽減
  • 広告バナーやSNSボタンも簡単に設定可能。アフィリエイトサイトやランディングページの量産に最適

費用

テーマ名費用
ストーク1911,000円(税込)
スワロー9,900円(税込)
ハミングバード7,980円(税込)
アルバトロス7,980円(税込)

デモページ

LIQUID PRESS(リキッドデザイン株式会社)

LIQUID PRESSの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「LIQUID PRESS」公式HP

概要

LIQUID PRESS(リキッドプレス)は、シリーズ累計30,000ダウンロードを誇る人気WordPressテーマです。

提供テーマはすべてWordPress公式有料サポートテーマに認定されているため、個人ブログから企業・団体のビジネスサイトまで幅広く利用されています。

そのほか、WordPressの機能を熟知したスタッフによる一貫したサポート体制が選ばれる理由でもあります。

導入時のサポートはもちろん、導入後の機能拡張・デザインカスタマイズ・アクセス解析にいたるまで、利用者のサイト力向上に向けたサポートを徹底しています。

特長

  • ブロックエディター(Gutenberg)完全対応。さらに記事作成を効率化するブロックテンプレートも利用可能
  • WordPress公式有料サポートテーマに登録されているので、安心して利用可能。導入サポート、導入後のアフターフォローも柔軟に対応
  • 買い切り型商品に加え、サブスクリプションプランも提供。テーマ&プラグイン使い放題、継続したサポート、カスタマイズが可能

費用

プラン費用
ビジター(買い切り型)3,960円(税込)〜10,890円(税込)
ビジネス(サブスクリプション)年額12,936円(税込)
エンタープライズ(サブスクリプション)年額26,136円(税込)

利用者の声

導入企業の声

ブロックテンプレートを導入することで、HTMLの専門知識が無いスタッフでもリッチな記事を作成できるようになり、コンテンツの生産性が大幅に向上しました。テンプレートのバリエーションも多数ありましたが、柔軟にご対応いただき、短い開発期間で実装できた事に感謝いたします。
引用:LUQUID PRESS公式サイト/WordPress導入事例(ファッションサイト)

導入企業の声

既存のテーマでは実現できない、オリジナルのレイアウトや機能を実現していただき大変満足しています。サポートや打ち合わせも親身に対応してくださり、数あるWEBデザイン会社からリキッドさんにお願いして本当に良かったです。
引用:LUQUID PRESS公式サイト/WordPress導入事例(一般社団法人)

DIVER(DIVER開発チーム)

DIVERの公式サイトトップページ画像
画像出典元:「DIVER」公式HP

概要

DIVER(ダイバー)は、ブログやサイト運営初心者でもかんたんに利用できる高機能・高品質WordPressテーマです。

かつてアフィリエイトプログラムの開発に携わり、アフィリエイトの中身までを熟知したW開発チームの知見・ノウハウを元に設計されているため、Diverを導入するだけで収益性の高いWebサイトを構築が可能です。

さらにGoogleのアップデートなど、時代を取り巻く環境変化に応じて、随時アップデート・バージョンアップを繰り返しているため、常に古臭さを感じることなく、最高のデザイン・パフォーマンスを維持することが可能です。

特長

  • アフィリエイトに精通する開発チームが設計し、リリース後も現在に至るまでバージョンアップを繰り返している
  • HTML/CSSにまったく触れずに、直感的な操作だけでサイトデザイン・レイアウトのカスタマイズが可能
  • メールサポートは無期限・無制限で利用可能。「CSSやHTMLを教えてほしい」といった技術的な相談にも柔軟に対応

費用

17,980円(税込)

利用者の声

導入企業の声

Diverで月間100万PVを突破しました。無料のテーマで月間10万PVあったのですが、そこから伸び悩んでいたら声をかけてくださいました。そこから半年かけて今では、100万PVを超えれるようになりました。収益も比例して伸びている印象です。もし購入に悩む人がいるのなら、そのサイトは伸びないでしょうね。2,3万なんて一瞬で取り返せる価格です。
引用:DIVER公式サイト利用者の声/アフィリエイター

導入企業の声

かわいくておしゃれなデザインに一目惚れしました♡Wordpressのテーマランキングがあれば確実に1位ですね!!友人からも「サイトがとてもかわいくなったね」と言われてとても鼻が高くなります!(何もしてないのに(笑)) SEOの効果もすごいみたいでPV数がすごく増加しています☆ほんとに良いものってあまり人に教えたくないものですね(笑) それくらいおすすめです( ´ ▽ ` )ノ
引用:DIVER公式サイト利用者の声/料理系ブロガー

デモページ

DIVERのデモページはこちら

WordPressテーマを一覧表で確認

テーマ名(販売元)特長価格
THE THOR
(フィット株式会社)
・国内最高水準のサイト読み込み・表示速度。高速表示を実現する最新技術を多数装備により、キャッシュ系プラグインを使用する必要一切なし
・SEOに強く上位表示されやすい設計。内部構造と高速表示を徹底的に追求し、検索エンジンからの評価を最大化する
・HTML5+CSS3によるエラーのない最新コーディングが可能。HTML・CSSの文法チェックで満点を取得により内部対策の心配なし
16,280円(税込)
BEAU
(株式会社Enthrall)
・予約管理機能、問い合わせフォーム、お知らせ・ニュース配信、SNS連携、など個人事業主のビジネスに役立つ機能が標準装備。プラグインの必要なし
・大手サイトのようなカレンダー予約機能。予約残数表示や予約受け付け時のメール転送機能など、HP制作会社に依頼すれば数十万円かかる機能をお手頃に入手
・購入後は作成可能サイトの上限なし。バージョンアップ・アップグレードも無料で利用が可能。スモールスタートや個人事業に最適
19,800円(税込)
New Standard Ver3
(株式会社ninoya)
・Web集客コンサルティング会社のノウハウを詰め込み、集客できる仕組みを追求
・2015年にリリース以来バージョンアップを繰り返し、選ばれ続けてきた実績・信頼の高さ
・無料お試し体験、無償のテクニカルサポート、集客ノウハウの実践書など、安心できる取り組みの数々
29,700円(税込)
WP Avenue
(株式会社RETVAL)
・豊富なデザイン設定で、導入後もかんたんにデザインのカスタマイズが可能。Googleが推奨するSEO設定にも対応済み(STILE)
・ブログ・アフィリエイトで月100万円を稼ぐ開発者が作成しているので、SEO施策や収益化に強い(STREETIST)
・ホワイトとブラックを基調としたスタイリッシュなデザイン。さらにデザインパーツを使用することで好みのデザインにカスタマイズ可能(STREETIST)
・STILE:
14,300円(税込)
・STREETIST
:14,300円(税込)
OPENCAGE
(株式会社bridge)
・HTML/CSSの知識がなくても、誰が使っても美しいデザインを追求。全テーマモバイルファーストに対応し、自動でスマホ最適化を実現
・サイト表示速度改善に対応。最適化された内部構造と軽量化設計により、サイト閲覧者のストレスを限りなく軽減
・広告バナーやSNSボタンも簡単に設定可能。アフィリエイトサイトやランディングページの量産に最適
・ストーク19:
11,000円(税込)
・スワロー:
9,900円(税込)
・ハミングバード:
7,980円(税込)
・アルバトロス:
7,980円(税込)
LIQUID PRESS
(リキッドデザイン株式会社)
・ブロックエディター(Gutenberg)完全対応。さらに記事作成を効率化するブロックテンプレートも利用可能
・WordPress公式有料サポートテーマに登録されているので、安心して利用可能。導入サポート、導入後のアフターフォローも柔軟に対応
・買い切り型商品に加え、サブスクリプションプランも提供。テーマ&プラグイン使い放題、継続したサポート、カスタマイズが可能
・ビジター(買い切り型):
3,960円(税込)〜10,890円(税込)
・ビジネス(サブスクリプション):
年額12,936円(税込)
・エンタープライズ(サブスクリプション):
年額26,136円(税込)
DIVER
(DIVER開発チーム)
・アフィリエイトに精通する開発チームが設計し、リリース後も現在に至るまでバージョンアップを繰り返している
・HTML/CSSにまったく触れずに、直感的な操作だけでサイトデザイン・レイアウトのカスタマイズが可能
・メールサポートは無期限・無制限で利用可能。「CSSやHTMLを教えてほしい」といった技術的な相談にも柔軟に対応
17,980円(税込)

まとめ|WordPress有料テーマを使えばSEOに強いサイト設計が可能

この記事では、ブログやウェブサイト運営を効率化する「WordPressテーマ」について、テーマごとの特長や実際に利用された方の声も含めて紹介してきました。

WordPressのテーマには無料で導入できるテーマもありますが、有料のテーマを利用することのメリットは、

  • SEOの強化・改善
  • HTML/CSSを使わずにデザインカスタマイズ
  • プラグインを入れずに役立つ機能の実装
  • 導入後のサポート

などがあります。

アフィリエイトサイトなどで収益が上がらないうちは、1万円〜2万円の費用捻出もためらってしまいがちです。しかし、サイト運営に掛かる時間・労力を減らすことで、記事執筆・コンテンツ制作に集中でき、結果として短期間で収益化を実現します。

また、1度購入すればその後は複数のサイトで導入できるため、設備投資と考えれば決して高い金額ではありません。

こうしている間にも、ライバルのアフィリエイターやメディア運営者はどんどん先に進んでいますので、ぜひ今回ご紹介したテーマを元に導入を検討してみてください。

特に、これまでWordpressの有料テーマを利用したことがないという方には、購入後のサポート体制がしっかりしている の購入がおすすめです。

  • 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  • おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  • 安心メールサポート、会員限定フォーラム、無料バージョンアップなど、アフターフォローが充実

といった特徴から、「Wordpress有料テーマの導入で失敗したくない」という方は、まず の購入を検討してみましょう。


仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディア「Smarf」の最新記事
ビジネスノウハウに関する最新トレンド
営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報
などが届くSmarf(スマーフ)のメールマガジン配信中!

今ならお役立ち資料2点プレゼント中

WordPress有料テーマおすすめ7選!各テーマの特徴・機能を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

PICK UP おすすめ記事


RANKING 人気記事


ノーコードツール選び方ガイドのバナー

メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

目次
閉じる