SNSマーケティングとは?各媒体の特徴から成功ポイントを解説

SNSマーケティングのポイントとは?媒体ごとの特徴も解説

インターネットの普及により消費者が情報を能動的にキャッチするようになった近年において、SNSはマーケティングの場としても注目されるようになってきました。

SNSは媒体ごとに利用者層が異なるため、商品のターゲット層に合ったものを選ぶことができれば効率的なマーケティングが可能です。

当記事ではSNSマーケティングについて、注目されている背景や各媒体の特徴、実際に施策を行う際のポイントなどを解説していきます。

目次

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、SNS上で行うマーケティング施策全般を指します。一般的には認知獲得を目的として行われ、拡散性の高さや媒体ごとに利用者層が異なることによるターゲティングのしやすさから、効率的なマーケティング手法として利用する企業も多いです。

また、手軽に消費者とコミュニケーションをとれるため、企業やブランドのイメージアップや、市場調査にも活用できます。

SNSマーケティングが注目される背景

SNSマーケティングが注目された背景には、インターネットの普及によるマーケティング消費者の購買行動の変化と、消費者が情報を得る媒体としてSNSが主流になってきたことが挙げられます。

インターネットの普及によって、今まで受動的に情報を受け取っていた消費者が能動的に情報を得るようになったことにより、消費者は商品の購入前の比較検討に時間をかけるようになりました。

結果、現在マーケティングは自社の商品をただアピールするプッシュ型のものから、消費者に有益な情報を与えることで信用を勝ち取り、自社の商品を選んでもらうプル型のものが主流になっています。

消費者が情報を得る手段としては、検索エンジンでの検索をはじめとして様々なものがありますが、近年ではSNSが台頭してきており、自身が信用しているフォロワーの発信や拡散されてきた情報をもとに、自身に取って必要な商品を判断することが多くなってきました。

結果、企業側としてはSNSを効率的なマーケティングの場として利用できる状況となっています。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングのメリットには以下のようなものがあります。

  • 拡散力が高い
  • 顧客との信頼関係を構築しやすい
  • 企業やブランドのファンを作れる
  • 気軽な発信がしやすい

SNSは高い拡散力がある他、気軽に消費者とコミュニケーションがとれることもあり、消費者と信頼関係を築きやすいのがメリットです。詳しく見ていきましょう。

拡散力が高い

SNSマーケティングの最大のメリットは、拡散力が高いことです。SNSでは誰かが有益と感じたり、印象深いと感じた情報があれば、フォロワーに共有することが定石となっています。

よって、ユーザーが拡散したくなるような情報を発信できれば、情報はターゲット層を中心に一気に広がり、多くの認知の獲得が可能です。

また、多数のフォロワーを擁するインフルエンサーにプロモーションを依頼すれば、より効率的に情報を拡散できます。

顧客との信頼関係を構築しやすい

SNSはコンテンツマーケティングや広告などと違い、消費者と気軽にコミュニケーションが可能です。コミュニケーションによって顧客とフランクな関係が築ければ、エンゲージメントが高くなり、発信する情報を信頼してくれる可能性が高くなります。

顧客との信頼関係は確度の高い見込み顧客の獲得につながるため、リードナーチャリング後の顧客の選定で振り落とすことになる見込み顧客が少なくなり、効率的な営業が実現可能です。

企業やブランドのファンを作れる

SNSでの日ごろの発信やキャンペーンの企画が優れていれば、企業やブランドのファンになってくれる可能性が高くなります。

特に、SNSのタグ機能や動画投稿機能などを利用して、消費者を巻き込むような企画を定期的に発信できれば、顧客が長期的に興味を持ってくれる可能性が高いです。

以上のように、SNSは企業やブランドのファン作りにも活用できます。

気軽な発信がしやすい

気軽な発信がしやすいこともSNSのメリットです。デジタルマーケティングの多くはコンテンツの制作に時間がかかるものが多いため、定期的に発信するためにはある程度のリソースを割かなければなりません。

しかし、SNSに関してはそもそも長文やクオリティの高い動画制作などが必要ないため、最小限のリソースで気軽に発信が可能です。

結果、SNSマーケティングはデジタルマーケティングの第一歩として最適なものとなっています。

SNSマーケティングで利用される媒体の主な特徴

SNSマーケティングで活用されることの多い媒体は以下の通りです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • TikTok

上記のSNSはそれぞれ利用者層や機能に違いがあり、適しているマーケティングの目的や商品が異なります。詳しく見ていきましょう。

Twitter

2006年7月にリリースされた老舗SNSであるTwitterは、月間アクティブユーザーが3億3,000人にも達し、日本国内では4,500万人の月間ユーザーを抱えています。

画像や動画を活用した発信も可能ですが、基本的には文章ベースの投稿が多く、1回の投稿あたりの最大文字数が半角280文字以内に制限されているのが特徴です。

ユーザー層は20~30代を中心に幅広く、男女比の偏りもないため、マーケティングに活用すれば多種多様な人にアプローチできます。

また、他のSNSよりも趣味性が高い発信を行っている人が多く、ニッチな商品でも上手くマーケティングすれば大きな成果を上げられる可能性が高いです。

ただし、ユーザー層が幅広い分、しっかりとターゲティングを行ったうえでターゲット層に刺さる投稿をしないと、他の発信に埋もれてしまう可能性があるので注意しましょう。

Facebook

Facebookは実名登録が推奨されているのがポイントで、実名な分発信の信頼性が高いため、主にビジネス用途で利用されることが多いです。

実名登録の結果、実際にリアルで交流のある人としかつながっていない人も多いため、つながっている人から拡散された情報が閲覧される可能性が高くなっています。

ユーザー層は30~40代を中心に50~60代の利用者が多く、不動産やビジネスツールなど、年齢層が高めの消費者に需要が高い商品のマーケティングに向いているのが特徴です。

対して、10代~20代の利用者は少ないため、若年層向けの商品のマーケティングをするのであれば他のSNSでマーケティングしたほうが良いでしょう。

Instagram

Instagramは写真をメインとした投稿が特徴のSNSです。「インスタ映え」という言葉が生まれたことからも分かるように、若年層を中心におしゃれに敏感なユーザーが多いです。

写真投稿がメインとなる特性上、ルックスに強みがある商品のマーケティングに向いている他、写真が趣味のユーザーも多いため、撮影機材などのマーケティングにも向いています。

ただし、後発のSNSであることもあり高齢者の利用者は少なく、同じ運営元のFacebookとは対極にある存在といえるでしょう。

LINE

主にチャットツールとして利用されるLINEですが、マーケティングにも活用できます。

特に利用されることが多いのが、ビジネス向けの公開アカウントであるLINE@を利用して、メルマガのように定期的に情報を提供する方法とLINEチャットボットによるアプローチです。

特にLINEチャットボットは著名人の関わっている商品のマーケティングに向いており、関連のある人物のチャットボットを制作し、ボット内にCTAを盛り込むことで、ユーザーを楽しませながらコンバージョンに誘導できます。

マーケティングを行うためのシステム構築には時間がかかりますが、今後も斬新な施策が行える可能性があるSNSです。

YouTube

動画プラットフォームのYouTubeも実はSNSの1つとして数えられます。YouTubeは他のSNSとは違い、長尺の動画を制作しないと発信ができないため、投稿者は限られます。

投稿者が少ない分ユーザーが拡散しづらく、投稿した動画に人気が出れば1つの動画を膨大なユーザーが視聴することになるため、他のSNSにはない爆発力があるのが特徴です。

また、動画投稿が難しい場合でも、インフルエンサーにプロモーションを依頼すれば、コストこそかかるものの手軽に商品を宣伝できます

SNSマーケティングというよりは動画によるコンテンツマーケティングの側面が強いため、気軽に実施することは難しいですが、大きな成果を期待できる媒体です。

TikTok

TikTokは10~20代に人気のSNSになります。15秒程度の短尺の動画をアプリ内で編集して投稿できるのが特徴で、動画中心の投稿をメインに据えたことで、より直感的な発信が可能です。

あくまでアプリ内の機能を用いて動画を制作することから、ユーザーによって動画のクオリティに差が出ないのも特徴で、ユーザーが抵抗なく動画を投稿できる環境づくりに成功しています。

特に「#チャレンジ」という広告手法が象徴的で、ユーザーが簡単にマネできるダンスや動作などを発信し、ユーザーに同様の動画の投稿を促すことで、爆発的な拡散を可能にしています。

上記のようなフランクな広告手法が主流になっていることからも分かるように、飲食物やゲームアプリなど、親しみやすさがポイントになる商品の拡散に向いているといえるでしょう。

SNSマーケティング成功のポイント

SNSマーケティングを行う際には、以下のようなポイントに注目しましょう。

  • 目標・目的を策定する
  • ターゲットに合ったSNSを選ぶ
  • KPIをとなる指標を決める
  • 定期的な発信を心がける

特に、しっかりとターゲティングをした上で、ターゲットに合ったSNSを選ぶことが重要になります。詳しく見ていきましょう

目標・目的を策定する

まずは目的や目標を設定しましょう。SNSマーケティングは基本的に認知獲得を目的に行うことが多いですが、上手く活用すれば顧客の育成や選定などにも利用できます。

SNSマーケティングをマーケティングのどの段階で利用するかを設定することで、広告の内容や誘導する媒体などが大きく変わってくるので、何のためにSNSマーケティングをするのかをしっかりと設定しましょう。

ターゲットに合ったSNSを選ぶ

顧客のターゲティングを緻密に行い、ターゲットに合ったSNSを選択することも重要です。前述の通り、SNSは媒体によって利用者層が大きく異なります。

結果、商品のターゲット層にあっていない媒体でマーケティングをしてしまうと、成果が得られない可能性が高いです。

SNSマーケティングを行う際には、商品を求めているユーザーの属性をしっかりと博したうえで、適した媒体を利用するようにしましょう。

KPIをとなる指標を決める

KPIとなる指標の設定も、SNSマーケティングでは重要です。SNSでは媒体によって様々なデータを収集することが可能です。

目的達成のためにどのような指標をを重視するべきなのかを決めておかないと、どのデータを参考にすれば良いかわからず、改善策が出てこない可能性があります。

SNSマーケティングに限ったことではありませんが、施策を行う際には目的達成に必要な指標をよく吟味し、KPIとして設定することが重要です。

定期的な発信を心がける

定期的な発信を心がけることも、SNSマーケティングでは重要です。SNSマーケティングは他の施策よりも手軽に実施できる反面、発信のスパンが空くとユーザーから忘れられやすいという難点があります。

よって、SNSマーケティングでは他の施策以上に発信のペースを意識しなければなりません。発信のスパンが空かないよう、担当者はSNSへの投稿も業務の一環として心がけることが重要です。

まとめ:SNSを活用すれば手軽にマーケティングを始められる

SNSマーケティングについて解説してきました。SNSマーケティングは手軽に始められるマーケティング施策として有用ですが、ターゲットに合った媒体を選ばないと大きな効果が得られないので注意が必要です。

また、定期的な発信を行わないと顧客の関心を引くことができないため、発信スパンを意識することが重要になります。SNS上で施策を行う際には、各媒体の特性をしっかりと理解し、媒体に合った発信を行うようにしましょう。


仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディア「Smarf」の最新記事
ビジネスノウハウに関する最新トレンド
営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報
などが届くSmarf(スマーフ)のメールマガジン配信中!

今ならお役立ち資料2点プレゼント中

SNSマーケティングのポイントとは?媒体ごとの特徴も解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

PICK UP おすすめ記事


RANKING 人気記事


ノーコードツール選び方ガイドのバナー

メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

目次
閉じる