サテライトオフィス比較10選!地域別おすすめオフィスを紹介!

サテライトオフィス比較10選!地域別おすすめオフィスを紹介!

テレワークの普及により、サテライトオフィスの設置を検討している企業が増えてきています。

しかし、いざ検討するとなると、オフィスの物件数が多すぎてどれを選べばよいか分からないという人も多いでしょう。

当記事ではおすすめのサテライトオフィスを、展開している地域に分類して紹介します。

サテライトオフィスの設置を検討している方はぜひご覧ください。

目次

全国展開しているおすすめサテライトオフィス5選

まずはレンタルオフィスやシェアオフィスなどを全国展開している企業を紹介します。

全国展開している企業はホームページ上で物件の検索が可能なことが多いので、サテライトオフィスを設置する地域の検討にも利用することが可能です。

ビズサークル

ビズサークルは全国に100を超えるレンタルオフィスを展開しているオフィスブランドです。

オフィスは関東を中心に、東海や関西、東北の都市部にも展開されており、都市型や郊外型のサテライトオフィスを探しやすい傾向にあります。

月額使用料はオフィスの立地や規模によってまちまちですが、初期費用は7万円でとお手頃で、24時間365日利用できるため、営業時間に縛られることもありません。

オプションでコワーキングスペースや会議室も利用できるので、用途に合わせた柔軟な使い方が可能です。

利用料金初期費用:70,000円(入会金+清掃費)
月額使用料:20,000円~
利用可能時間24時間365日
備考・15分100円~会議室が利用可能
・月額1万円でコワーキングスペースも利用可能
・物件によっては無料応接室やトランクルームも併設
公式ホームページhttps://bizcircle.jp/

リージャス

リージャスは全国にレンタルオフィスやコワーキングスペースを展開するオフィスブランドです。

日本のみならず世界中に展開しているのが特徴で、120カ国3,300拠点、国内170拠点から用途に合ったオフィスを探すことができます。

国内に限定してみても北海道から沖縄までまんべんなくオフィスを展開しており、立地で困ることは少ないです。

また、各地方のシンボルタワー内に設置されているオフィスも多く、応接対応などもしやすくなっています。

日英バイリンガルの受付サービスや秘書サービスなどのオプションも豊富で、スタートアップから大企業まで、安心して使うことができるオフィスブランドといえるでしょう。

利用料金コワーキングスペースの場合:月額7,900円~
レンタルオフィスの場合:要問合せ
利用可能時間オフィスによって変化
備考・オフィスによってはビジネスラウンジやカフェが利用可能
・オプションで受付サービスや秘書サービスなどが利用可能
公式ホームページhttps://www.regus-office.jp/

H¹O

H¹Oは野村不動産が手がけるオフィスブランドで、東京と大阪にオフィスを展開しています。

最大の特徴は生体認証システムやIoTなどを積極的に導入していることです。

顔認証を中心とした生体認証システムを採用することにより、セキュリティを担保しつつスムーズな入退館を可能にしています。

また、IoT技術によって空調や照明の遠隔操作や共有スペースの混雑状況などを確認できるようになっており、操作や確認のための移動を減らすことで、生産性の最大化に貢献しています。

フードの提供やシャワールームの設置など、いざとなったら宿泊のできるようなサービスも充実しており、用途に合わせて柔軟に利用することが可能です。

利用料金初期費用:月額料金の2ヶ月分(事務手数料+初回保証委託料)月額料金:要問合せ
利用可能時間24時間365日
備考・有人受付サービスやドリンクサービスなどは無料
・オプションで会議室や各種研修サービスを利用可能
公式ホームページhttps://h1o-web.com/

ワークスタイリング

三井不動産が手がけるワークスタイリングは、一般的なレンタルオフィスの他、個人特化型のオフィスにも力を入れています。

大規模のレンタルオフィスである「FLEX」の展開は東京と名古屋にとどまっているものの、シェアオフィスの体系を取っている「SHARE」や個人特化型の「SOLO」は全国的に展開しているのが特徴です。

サテライトオフィスとしてSHAREやSOLOを利用し、FLEXに本社オフィスを移転して規模を縮小することで、オフィスに関するコストを全体的に削減する方法を提案しています。

SHAREやSOLOでは基本的なサービスの他、シャワールームやリフレッシュルームなども完備されており、休憩時間を有意義に過ごすことが可能です。

サテライトオフィス設置によるオフィスの全体的な改革を一括で行いたい企業におすすめのオフィスブランドとなっています。

利用料金FLEX:月額料金88,000円~
SHARE/SOLO:要問合せ
利用可能時間FLEX:24時間365日
SHARE/SOLO:平日8:00〜21:00
備考・有人受付サービスやドリンクコーナー完備
・SHARE/SOLOは土日祝日、年末年始が休業なので注意
公式ホームページhttps://mf.workstyling.jp/

クロスコープ

クロスコープは東京・横浜・仙台の他、東南アジアの各都市に展開しているオフィスブランドです。

小規模なものから100名単位の大規模なものまで、多種多様なレンタルオフィスを構えており、規模感に合わせて柔軟に利用できます。

基本的には都市部の好立地にオフィスを展開しているので、テレワークの場としてだけでなく、拠点としての機能も期待して利用するのがおすすめです。

また、最短1ヶ月から利用できる「レンタルオフィス短期利用プラン」も用意されているため、一時的にオフィスを設置して、設置した地域で集中的に事業を行うといった使い方もできます。

立地が良いこともあり金額は少々割高ですが、規模や用途に合わせて柔軟に利用できるオフィスブランドです。

利用料金5名用個室の場合:月額228,000円~
SHARE/SOLO:要問合せ
利用可能時間24時間365日
備考・各種サービスには初期費用が必要
公式ホームページhttps://crosscoop.com/

東京都内のおすすめサテライトオフィス3選

続いて東京都内のおすすめサテライトオフィスを紹介していきます。

都内にのみ展開しているサテライトオフィスは、基本的に23区内を中心に展開しているので、地方企業の営業拠点やスタートアップ企業向けです。詳しく見ていきましょう。

ビジネスエアポート

ビジネスエアポートは東京都内に展開しているオフィスブランドです。

展開しているオフィスはすべて東京23区内なので、基本的には地方企業が都市部にサテライトオフィスを設置する場合や、サテライトオフィスを設置したことに伴い、本社を低コストなオフィスに移転したい場合などに利用することになるでしょう。

ビジネスエアポートの最大の特徴は、契約後にプラン変更が可能なことです。使用用途や事業の規模に合わせて柔軟にプランを変えられるので、その時々で最適なコストのオフィスを利用できます。

また、ラウンジ型シェアオフィスのプランには全店舗利用可能なマスター会員というプランがあるため、営業担当のタッチダウンオフィスとしても利用可能です。

営業拠点や事業が急速に成長する可能性があるスタートアップにおすすめのオフィスブランドになります。

利用料金サービスオフィスの場合:月額75,000円~
シェアワークプレイスの場合:日額3,000円~
利用可能時間オフィスによって変動
備考・基本的なサービスの他、新聞や雑誌、ビジネス書が読めるライブラリーが利用可能
公式ホームページhttps://business-airport.net/

天翔オフィス

天翔オフィスは初期費用と賃料のみで利用できる割安なオフィスを展開しています。都心の好立地なオフィスをお手頃な価格で借りられるため、低コストで都内の営業拠点を設置したい企業に向いています。

また、士業や金融機関の紹介も行っているので、起業して間もない企業の心強い味方になってくれることも大きなメリットです。

オフィス規模が小さめで、目立った特徴はないものの、レンタルオフィスとして必要な機能はしっかりと備えている質実剛健なオフィスブランドといえます。

利用料金初期費用:100,000円~
月額使用料:月額35,000円~(賃料+共益費)
利用可能時間オフィスによって変動
備考・基本的なサービスの他、フリースペースや会議室も完備
公式ホームページhttps://www.tensho-office.com/

Creative Lounge MOV

Creative Lounge MOVは渋谷ヒカリエに構えているレンタルオフィスです。

会員メンバー限定のイベントやパーティーを行うなど、メンバー間の交流を深めることに力を入れているのが特徴で、特に人脈形成が重要になるスタートアップ企業に向いています。

ただし、オフィスは1人用が基本になっているため、複数人が常駐しての業務には向いていません。

スタートアップや個人事業主、営業担当のタッチダウンオフィスとして利用したいのであれば検討してみるのも良いでしょう。

利用料金オープンラウンジ:月額14,100円~
レジデンスエリア:月額48,800円~
利用可能時間プランによって変動
備考・定期的にメンバー限定のイベントやパーティーなどが開催
公式ホームページhttps://www.shibuyamov.com/

東京都外のおすすめサテライトオフィス2選

最後に東京都外のサテライトオフィスについて紹介します。

紹介するオフィスはそれぞれ他のオフィスにはない特徴を持っており、サテライトオフィスに個性が生まれてきていることを伺わせているのが特徴です。

詳しく見ていきましょう。

ZITEKI BASE

ZITEKI BASEは仙台に構えているシェアオフィスです。クリエイター専用オフィスを謳っており、入居者が自社のオウンドメディアを通して発信できるような環境を整えています。

デザイナーやマーケター、クリエイターなどで、働きながら創作物を発信していきたい人におすすめのオフィスです。

利用料金シェアオフィス:月額41,000円~
コワーキングスペース:月額17,000円~
利用可能時間24時間365日
備考・最大でも2名用の個室までしかないので注意
公式ホームページhttps://ziteki-base.com/

サザンガク

サザンガクは長野県松本市のレンタルオフィス&コワーキングスペースです。複数人で利用できるサテライトオフィス用の個室や個人ブースの他、テレワークに最適化されたシェアオフィスを備えています。

最大の特徴は保育設備を完備していることで、育児中でも安心して仕事に打ち込むことが可能です。

また、フリーランスとして働きたい人と企業のマッチングも行っており、自分のペースで働きたい人の強い味方になっています。

長野にサテライトオフィスを設置したいのであれば、間違いなく選択しに入るオフィスといえるでしょう。

利用料金月額10,000円~
利用可能時間平日 10:00~19:00まで
備考・電子錠備え付け
・利用スペースに限らず利用できる保育施設を完備
公式ホームページhttps://33gaku.jp/

まとめ:まずは全国展開しているサテライトオフィスから検討してみよう

全国のおすすめサテライトオフィスについて紹介してきました。

サテライトオフィスを設置したいと考えてはいるものの、まだ明確な場所は決まってないという人は、全国展開しているサテライトオフィスから検討してみるのがおすすめです。

東京都外のオフィスは独自性を出しているものが多いので、全国展開のオフィスではかゆいところに手が届かない時にリサーチして見ると良いでしょう。

サテライトオフィスを決める際に、当記事が参考になれば幸いです。

当記事でも紹介したビズサークルは、全国展開しているオフィスの中では明確に利用料金を打ち出している上に金額もお手頃なので、予算面での検討がしやすくなっています。

公式ホームページではオフィスの検索ができるので、ぜひ一度ご覧ください。


仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディア「Smarf」の最新記事
ビジネスノウハウに関する最新トレンド
営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報
などが届くSmarf(スマーフ)のメールマガジン配信中!

今ならお役立ち資料2点プレゼント中

サテライトオフィス比較10選!地域別おすすめオフィスを紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

PICK UP おすすめ記事


RANKING 人気記事


ノーコードツール選び方ガイドのバナー

メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

目次
閉じる