サテライトオフィスとは?設置するメリットや課題点を徹底解説!

サテライトオフィスとは?設置するメリットや課題点を徹底解説!

新型コロナウイルスの影響もあり、昨今はテレワークが急速に普及しています。しかし、在宅勤務は仕事環境の構築やセキュリティ面の関係で、導入に慎重な企業も多いです。

テレワークで生じる上記のような問題を解決する手段として、注目され始めているのがサテライトオフィスです。

当記事ではサテライトオフィスについて、注目されている背景や導入のメリット、設置する地域ごとの違いなどを解説していきます。

目次

サテライトオフィスとは

サテライトオフィスとは、企業本社や各地方の拠点とは別に設置されたオフィスのことです。業務を効率化するために部署単位やチーム単位で本社から分離する支社や拠点と違い、テレワークなどを活用して従業員の通勤時間を削減し、個々の生産性を向上する目的で設置されます。

サテライトオフィスを利用すれば、地方や郊外に住んでいる従業員の通勤の負担を抑えつつ、従業員に仕事環境を提供することが可能です。また、セキュリティ面についても担保できるため、在宅勤務が難しい企業でも働き方改革に取り組めます。

自社のネット環境を構築して事務所単位でサテライトオフィスを構える企業もあれば、複数の企業で共同のオフィスを設置したり、レンタルオフィスやコワーキングスペースを利用する企業もあり、社外のビジネスパーソンと繋がりができることも多いです。

サテライトオフィスが注目されている背景

サテライトオフィスが注目され始めたそもそもの背景には、働き方改革による業務改善の推進があります。

働き方改革が叫ばれるようになってから、従業員のライフワークバランスに対して、企業の関心が今まで以上に向くようになり、通勤時間の削減や育児や介護に柔軟に対応できるテレワークが注目されるようになりました。

さらに、コロナ禍でテレワークの必要性がより強調されるようになったことで、今までテレワークの導入に積極的ではなかった企業にも急速に普及し始めています。

しかし、在宅勤務では従業員が各々作業環境を構築する必要があったり、セキュリティシステムを統一化できないなどの課題がありました。

サテライトオフィスを設置すれば、従業員の通勤時間を削減しつつ作業環境やセキュリティ面を担保できるため、効果的なテレワークの施策として注目されています。

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスを導入する主なメリットは以下の通りです。

  • 生産性の向上
  • オフィスに関するコストの削減
  • ライフワークバランスの改善
  • BCP対策

サテライトオフィスは従業員のライフワークバランスを改善できるだけでなく、本社オフィスを縮小化することによるコストの削減や、オンラインツールの利用による生産性の向上などが期待できます。

サテライトオフィスのより詳しいメリットを知りたい方は「サテライトオフィスのメリットは?導入における課題まで解説」も併せてご覧ください。

生産性の向上

まず挙げられるメリットが生産性の向上です。サテライトオフィスによって従業員の通勤時間が削減されることで、精神的な負担の軽減や業務時間内の集中力アップが期待できます。結果的に残業時間の節減などに繋がり、人的ンリソースの時間対効果を向上することが可能です。

また、サテライトオフィスではオンラインで本社や拠点にコンタクトをとることができる環境が整っているため、打ち合わせなどのためにわざわざ出張する必要がなくなり、時間を有効に活用できます。

以上のように、サテライトオフィスの設置は生産性の向上に大きく影響することが多いです。

オフィスに関するコストの削減

サテライトオフィスの設置はコストの削減にもつながります。サテライトオフィスを設置するということは、拠点当たりの人員数が分散するということなので、本社の規模の縮小が可能です。

サテライトオフィスを郊外や地方に設置し、本社の縮小を行えば、オフィス全体にかかる地代家賃を節減できる可能性があります。地代家賃が安くなれば固定費あたりで上げられる売上が高くなるため、より志の高い経営計画を立てることが可能です。

サテライトオフィスを設置するための具体的な費用について知りたい人は、「サテライトオフィスの費用はどのくらい?相場感を徹底解説!」をご覧ください。

ライフワークバランスの改善

従業員のライフワークバランスを改善できるのも、サテライトオフィスの大きなメリットです。サテライトオフィスの設置によって通勤時間が削減されれば、プライベートで自由に使える時間が増え、従業員の生活にゆとりが生まれます。

また、育児や介護で生活拠点を動かしづらい従業員の生活にも寄り添いやすいため、従業員の満足度の向上を期待することも可能です。

BCP対策

サテライトオフィスの設置はBCP対策にも有効です。BCPとは「事業継続計画」であり、自然災害や人災などによって被った損失から早期で回復できるよう、計画を立てることを意味します。

サテライトオフィスに限らず、オフィスを分散して重要なデータのバックアップなどを行っておけば、1つのオフィスが壊滅的な被害を受けたとしても迅速な復旧が可能です。

特にサテライトオフィスはオフィス内のICT環境を整える必要があるものの、支社や拠点のように事業の機能を丸ごと移転する必要がないため、ハードルの低いBCP対策としても活用できます。

地域別のサテライトオフィスの強み

サテライトオフィスは設置する地域によって強みが異なります。特に、都市型と郊外型・地方型では、設置する意味合いが変わってきますので、しっかりと把握しておくことが重要です。

都市型のサテライトオフィス

都市型のサテライトオフィスは、基本的に地方の企業が設置することが多いです。都内の人材を採用しやすくなるだけでなく、都市部を中心に回っている営業担当の移動時間を削減することができます。

また、都市部は企業の絶対数が多いこともあり、地方企業が都内の企業と連携をとるために設置することも多いです。

郊外型のサテライトオフィス

郊外型のサテライトオフィスは都市部にオフィスを構える企業が設置することが多いです。主な目的としては郊外に住んでいる従業員のライフワークバランスの改善が挙げられます。

都市部の地価が高く、従業員の多くが郊外に住居を構えている場合、郊外型のサテライトオフィスを設置することで、通勤時間を削減することが可能です。

従業員のライフワークバランスの改善は従業員の労働満足度の向上にもつながるため、離職率の低減などのメリットもあります。

地方型のサテライトオフィス

地方型のサテライトオフィスは、都市部の企業が地方でのビジネスチャンスを広げる目的で設置することが多いです。

地方における事業展開や地方の優秀な人材の発掘を効率的に行えるようになるため、更なる企業の発展が期待できます。

また、従業員が都市部から地方に移り住むことで、リラックスして仕事に望めるようになり、生産性が向上する可能性があります。ただし、地方移住を希望していない従業員を配置してしまうと、逆に労働満足度が大きく低下してしまう可能性があるので、注意が必要です。

セキュリティ面と手軽さを考慮すると、サテライトオフィスを設置する際に最も利用しやすいのがレンタルオフィスになります。

レンタルオフィスは地域の企業が運営しているものもありますが、明確に設置する地域が決まっていないのであれば、全国展開している企業を利用するのがおすすめです。

ビズサークルは全国に100を超えるレンタルオフィスを展開しています。関東・東海・関西・東北の主要都市にオフィスがあるので、都市型か地方型のサテライトオフィスの設置を検討する際に、有用な選択肢を与えてくれるでしょう。

オプションでコワーキングスペースや会議室も利用できるので、多種多様なオフィスの使い方にも対応可能です。

その他のおすすめオフィスについては「サテライトオフィス比較10選!地域別おすすめオフィスを紹介!」で紹介しているので、併せてご覧ください。

サテライトオフィスの課題点

メリットの多いサテライトオフィスですが、現状ではまだまだ課題点も多いです。特に課題になりやすいのが以下のような点になります。

  • コミュニケーションや情報共有がしにくくなる
  • セキュリティ面の対策が必要

特にセキュリティ面については要求するレベルによって必要なコストが変わってくるので、しっかり検討したい点です。詳しく見ていきましょう。

コミュニケーションや情報共有がしにくくなる

まずはコミュニケーションや情報共有における課題です。サテライトオフィスを設置すると、同じ部署でもオンラインツールを介したコミュニケーションが中心になります。

結果、簡単なコミュニケーションにもツールを立ち上げる一手間が必要になるため、どうしても事務的な連絡以外を取りづらくなってしまうのです。

特にコミュニケーションから従業員の精神面を把握することが難しくなるので、管理職は今まで以上に面談の機会などを設け、従業員とコミュニケーションをとる必要があります。

セキュリティ面の対策が必要

セキュリティ面もサテライトオフィスの大きな課題です、特にシェアオフィスやコワーキングスペースでは他企業の従業員と接触する機会が増えるため、機密情報の運用が難しくなっています。

ネット環境などのインフラからセキュリティ面を強化したいのであれば、自前で賃貸を借りるかレンタルオフィスを利用することになるので、ある程度コストがかかることを覚悟しておきましょう。

まとめ:サテライトオフィスの有効活用で生産的な事業を実現しよう

サテライトオフィスについてお話ししてきました。サテライトオフィスを設置することで、オフィスのコスト面やライフワークバランスの改善など、生産性につながる様々な要素の改善が期待できます。

ただし、コミュニケーションやセキュリティ面など課題点も多いため、それぞれ対策していくことが重要です。

働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、今後はさらに業務のオンライン化が普及していくことが予想されます。

これからの時代の流れに順応するためにも、サテライトオフィスの設置を検討してみてください。

サテライトオフィスの設置にレンタルオフィスを利用するのであれば、ビズサークルがおすすめです。

ビズサークルは関東・東海・関西・東北の都市部に100を超えるレンタルオフィスを展開しています。

初期費用7万円、1人用個室2万~4万円で24時間365日利用できる他、オプションでコワーキングスペースや会議室も利用できるので、用途に合わせた柔軟な使い方が可能です。

公式ホームページではオフィスの検索ができるので、ぜひ一度ご覧ください。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる