オンライン展示会とは?費用対効果や各プラットフォームを紹介

オンライン展示会とは?費用対効果や各プラットフォームを紹介

従来の展示会に変わる新しいマーケティング手法として、オンライン展示会が注目され始めています。

オンライン展示会は従来の展示会と比べると、時間や金銭的なコストの削減やデータ管理のしやすさなど、優れている点が多いです。

ただし、オンライン展示会を含めた先進的な手法特有の問題点を抱えており、活用する際には注意すべきポイントも多々あります。

当記事ではオンライン展示会について、メリットや問題点、プラットフォームの例などを解説していきます。

目次

オンライン展示会とは

オンライン展示会とは、名前の通りオンライン上で行われる展示会のことを指します。

複数の企業で大規模な会場をレンタルして開催する展示会を、オンラインチャットやVR技術を活用してオンライン上で行うことで、開催日程に縛られることなく、低コストで開催することが可能です。

ネット上で展示資料を用意する都合上、設営の手間やスペースの物理的な制限を考慮する必要がなく、労力をかけることなく充実した内容の展示を行うことができます。

また、展示物がデータなので部分的な回収がしやすく、展示物を再利用できることも大きな特徴です。

参加者としても開催地に赴く手間や交通費がかからない上、開催期間に縛られず自由に参加できるため、より容易に展示会を楽しむことができます。

VRゴーグルを使えば展示会の雰囲気を疑似体験することもできるため、オフラインの展示会を訪れたような満足感を得ることも可能です。

オンライン展示会が注目される背景

オンライン展示会が注目された裏側には、新型コロナウイルスの影響で人が集まるイベントの開催が難しくなったという背景があります。

結果的に展示会についても例に漏れず開催の中止が相次ぎ、マーケティング戦略が大きく狂った企業も多いでしょう。

最近は新型コロナウイルスの影響でリモートワークやZoom飲みなど、ビジネス・プライベート問わず用事をネット上で済ますことが増えてきており、世間がオンラインイベントに対して抵抗を持たなくなってきています。

今後は展示会に関してもオンラインでの開催が主流になる可能性が大いにあり得るため、今のうちにオンライン展示会のノウハウを蓄積しておくことが重要です。

オンライン展示会が注目された背景

オンライン展示会のメリット

オンライン展示会を活用するメリットには以下のようなものがあります。

オンライン展示会のメリット

前述したように、時間や場所の制約に関するメリットの他、展示物の管理がしやすいという特色も持っているのが特徴です。

詳しく見ていきましょう。

時間や場所を選ばず開催できる

オンライン展示会の1つ目のメリットは、時間や場所を選ばずに開催できることです。

オンライン展示会はオンライン上に構築した展示会プラットフォームを利用して開催するため、従来の展示会のように会場をレンタルする必要がありません。

結果、会場のレンタル日数や交通機関の営業時間を考慮した開催時間を設定する必要がないため、いつでも展示会を開催することができます。

特に開催期間が縛られていないのが大きなポイントで、その気になれば365日、24時間開催し続けることも可能です。

また、ネット上で開催する性質上、遠方や海外からも参加可能なため、今までターゲットにできなかった消費者や企業にもアプローチすることができます。

時間や場所の制約がないことオンライン展示会を上手く活用すれば、オフラインの展示会以上に幅広い層のリードが獲得できるでしょう。

会場費や人件費がかからない

会場費や人件費がかからないことも、オンライン展示会の大きな特徴です。

オフラインの展示会では、展示会を開催する度に会場のレンタル代とスタッフの人件費がかかります。

特に会場費に関しては、開催日だけでなくブースの設営や準備などを含めた期間でレンタルすることになるため、1回の開催で膨大なコストが必要です。

オンライン展示会は最初にある程度の費用がかかるものの、1回プラットフォームを作ってしまえば後は月額のサーバー代だけで長期にわたって会場を利用できるため、コストパフォーマンスに優れています。

また、入場管理や誘導などの会場スタッフを雇用する必要もないため、人件費を大きく削減することが可能です。

お金がかかるイメージが強い展示会ですが、オンラインで行えば今まで以上に頻繁に開催することができます。

参加者のデータをデジタルで収集できる

従来の展示会で問題になるのが、参加者名簿のツールへの反映です。

基本的にオフラインの展示会では参加者のデータをアナログで収集するため、MAツールやCRMツールを使用する際に、データを手動で入力する必要があります。

対して、オンライン展示会では参加申し込みや入場手続きをネット上で行うため、参加者のデータをオンライン上で収集することが可能です。

結果、各種ツールへのデータ反映が容易になっており、すぐにデータの管理、分析を行うことができます。

また、フォームなどを活用して入場手続きを行えば、参加者のデータ収集において人的なミスが発生することがありません。

フォームの入力項目をカスタマイズすれば必要な情報をピンポイントで集めることもできるので、データ収集という点では従来の展示会にはない恩恵を得ることが可能です。

展示物を何度も使用できる

展示物を細かく修正し、何度も使用することができることもオンライン展示会のメリットです。

通常の展示会で使用する模型やボードなどの展示物は、基本的に制作後に細かく修正することができません。

対して、オンライン展示会の展示物はすべてデータになるため、制作後の修正が容易です。

結果、テーマが違う展示会でも展示内容に共通項がある場合、1つの展示物をテーマに合わせて修正し、何度も再利用することができます。

また、通常の展示会のように終了後に展示物が場所を取ることがなく、データ管理がしやすいのもオンライン展示会のメリットといえるでしょう。

オンライン展示会のデメリット

コスト面やデータの管理面で有利な点が多いオンライン展示会ですが、現状ではまだまだデメリットも多いです。

オンラインの展示会には以下のようなデメリットがあります。

オンライン展示会のデメリット

特に問題になるのは、まだオンライン展示会が普及していないこともあり、参加者側が適切なネット環境や機材を持っていないことです。

詳しく見ていきましょう。

世間的にノウハウが少ない

オンライン展示会はまだまだ新しいマーケティング手法なので、社会全体で見てもノウハウが少ないです。

集客や運営ついて参考にできる事例が少ないため、ある程度手探りで施策を行う必要があります。

特に、ネットに適した展示物の制作や効率的に情報を収集できる入場フォームを作成については、改善する際の手法が戒律されていないため、最初のうちは成果が出る可能性が少ないです。

将来的にオンライン展示会が普及することも見据えて、先行投資の意識でノウハウを蓄積することが重要になります。

対面営業ができない

従来の展示会のように対面営業ができないことも、オンライン展示会の大きなデメリットです。

参加者に対して臨機的な営業ができないため、会場の熱気でモチベーションが上がっている顧客にアプローチするという手法が使えません。

基本的には展示会で得た情報を元に、後からアプローチすることになります。

結果、参加者の疑問をリアルタイムで解消することはできませんが、データを元に確度の高い顧客にマーケティング活動ができるので、逆に営業の効率が高くなることも多いです。

参加者にもインターネット環境や機材の準備が必要

オンライン展示会の最大の問題点は、参加者側がインターネット環境や機材をそろえる必要があることです。

オンライン展示会はPCへの負荷が大きいため、ある程度のスペックのPCがないとまともに観て回ることができません。

加えて、VR技術を利用した展示会の場合、VRゴーグルなどの特殊な機材を用意する必要があるため、より参加へのハードルが上がります。

上記の理由から、現状ではオンライン展示会に参加できる消費者は絞られてしまいますが、今のうちからオンライン展示会のノウハウを蓄積しておけば、今後普及したタイミングで競合と差をつけることが可能です。

オンライン展示会のプラットフォームを紹介

オンライン展示会のメリットや問題点が把握できたところで、オンライン展示会のプラットフォームを紹介していきます。

V-MESSE

V-MESSE」は低コスト短納期を掲げている展示会プラットフォームです。

ブース設計が多様なのが特徴で、納期や費用に合わせた様々なプランが用意されているため、予算や規模に合わせて展示会を開催することができます。

また、動画コンテンツの制作やウェビナーのスタジオ手配などもサポートしてくれるため、オンライン展示会に初出展する企業でも安心して依頼することが可能です。

Virtual Experience

Virtual Experience」は、学術会議やコンベンションに特に特化したプラットフォームです。

ブース設計にテンプレートを採用しているのが最大のポイントで、どこに何を展示するかのノウハウがない企業でも簡単に展示会を開催できます。

テンプレートは活用されることが多い学術会議などのシーンに合わせたシンプルなものになっており、参加者からも分かりやすいブースを作りやすくなっているのが特徴です。

運営のサポート体制もしっかり整っており、出展がしやすいプラットフォームに仕上がっています。

meet×meet

meet×meet」は担当者の顔が見える展示会プラットフォームです。

各展示ブースの担当者の顔写真が表示されるのが最大の特徴で、無機質になりがちなオンライン展示会でも人の温かみを感じることができます。

ブースにクリックすればすぐに商談することもできるため、よりオフラインに近い感覚でオンライン展示会を開催することが可能です。

また、展示会の規模に合わせたプランが用意されているため、予算や出展社数に合った展示会を開催することができます。

他の展示会プラットフォームよりも商談までのステップが短くなるので、プッシュ気味の営業を行いたい企業に合ったプラットフォームといえるでしょう。

まとめ:オンライン展示会は今後急速に普及する可能性がある

オンライン展示会のメリットや問題点、プラットフォームの例などを紹介してきました。

オンライン展示会は従来の展示会に比べ、コスト面やデータ管理の面で大きなメリットがあります。

しかし、まだまだ発展途上で普及しきっていないこともあり、主催者・参加者とも環境やノウハウを持っていない状態です。

とはいえ、近年の急速な技術革新を鑑みるに、将来的に主流になる可能性は十分あり得るので、今のうちにノウハウを蓄積しておくことと良いでしょう。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる