メールリレーサービス比較6選!各サービスの特徴・費用を解説!

メールリレーサービス比較6選!各サービスの特徴・費用を解説!

「メルマガ配信の到達率を上げたい」「会員登録時の本人確認通知などを確実に届けたい」

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

メルマガ配信ツールなどを利用して大量の宛先に一斉送信を行う場合、迷惑メールとみなされて送信エラーになることがあります。

そのような時に便利なサービスが、メールリレーサービスです。メールリレーサービスを活用することで、迷惑メールフォルダに振り分けられることや遅延することなく、メールを確実に配信することが可能です。

配信結果は簡単にレポート化や分析ができるので、メールマーケティングツールとして活用することも可能です。

本記事の概要のスライド

本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、それぞれのメールリレーサービスの特徴、機能、料金などを比較しながら紹介していきます。

メール配信業務を行っているご担当者様や、メールサーバー管理の対応に追われているご担当者様はぜひ最後までご覧ください。

目次

メールリレーサービスとは?

メールリレーサービスとは、送信元サーバーと受信先サーバーの間に立ち、メールを中継(リレー)して配信を行うサービスです。

なぜメールリレーが必要かというと、メルマガシステムなどから一斉に大量のメールが配信されると、受信先のサーバーが迷惑メールと判断をして受信を拒否することがあるためです。

携帯のキャリアメールの場合も、パソコンから送信されたメールの受信を拒否する設定がされているケースがあります。

大量にメールを送ったとしても相手に届かなければ意味がありません。確実に相手にメールを届けるためには、受信先のサーバーに合った送り方をする必要があります。

メールリレーサービスを活用することで受信先のサーバーに最適化されたメール配信を行うことができます。

メールリレーサービスとは?のスライド

メールリレーサービスのメリット

メールリレーサービスを活用することで、メルマガ配信や会員登録に本人確認通知を送りたい場合でも、確実にメールを届けることが可能です。

ここでは、メールリレーサービスの具体的なメリットについて解説していきます。

大量のメール配信でも遅延や不達を防ぐ

メールリレーサービスは大量の宛先に一斉送信しても遅延や不達を防ぎ、確実に相手にメールを届けることが可能です。

自社のサーバーから大量にメールを配信する場合、サーバーに負荷が掛かり過ぎるため遅延が発生します。メールリレーサービスのサーバーを利用することで、自社のサーバーに負担が掛からなくなるため、大量のメール配信にも対応が可能となります。

また、パソコンからの一斉送信メールは、受信先のサーバーによって迷惑メールと判断されることがありますが、メールリレーサービスではあらゆるサーバーに最適化された配信ができるため、確実にメールを届けることが可能です。

メール配信の運用に掛かる労力の削減

メールリレーサービスを活用すれば、自社でメール配信に掛かる運用リソースを削減することが可能です。

例えばセキュリティ管理やサーバー管理など、自社内で行う場合には人員を立てたりその業務に掛ける時間の捻出も必要です。

メールリレーサービスを導入することで、それらの運用を全て任せることが可能です。

メール配信結果のレポート抽出や分析が可能

メールリレーサービスによっては、メール配信結果のレポート化や分析機能などメールマーケティングを実施できるサービスがあります。

例えば、メールタイトルのA/Bテストを行い、配信結果を元に結果の良い方を採用していくことで、開封率やコンバージョン率の向上が図れます。

そうした成果を積み上げていくことで、自社内にノウハウを蓄積していくことが可能です。

セキュリティ対策が徹底しているため安全性が保てる

メールリレーサービスは、セキュリティ対策が徹底されているため安心してメール配信を行うことが可能です。

もし、顧客名やメールアドレスが記載されたメールを他の宛先に送信されれば、情報漏洩に繋がる可能性があります。またサーバーがウイルスに侵されて情報が全て流出してしまうかもしれません。

昨今、企業のコンプライアンス意識や情報管理に関する管理体制は最重要項目となっています。たった一度のミスが企業の信頼を大きく失墜させ、経営危機に陥る事態にもなりかねません。

メールリレーサービスを活用することで、万が一の事態を防ぐことが可能です。

メールリレーサービス導入のメリットのスライド

メールリレーサービス比較6選

ここからはメールリレーサービス比較6選をご紹介します。各サービスによって、特長や機能が異なります。検討の際には、下記の導入時の注意点も参考にしてみてください。

その中で気になったツールがあれば、早速無料トライアルを実施してみると良いでしょう。

メールリレーサービス導入時の注意点のスライド

Curumeru(株式会社ラクス)

Curumeru公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Curumeru(クルメル)は、大量メール配信専用のCurumeruサーバーをリレー(中継)することで、高い到達率の大量メール配信が可能なメールリレーサービスです。

またCurumeruはAPIを公開しており、API連携を行うことでCurumeruにログインすることなく、既存システムにてメール配信から配信結果の取得が可能です。

さらにメールマーケティング機能を加えることで、マーケティングツールとして活用することができます。

<特長>
・既存のメールサーバーをCurumeruサーバーへ変更するだけで、高い到達率の大量メール配信が可能
・CurumeruとAPI連携することで、Curumeruにログインすることなく、メール配信・配信結果の取得が可能
・画像付きのHTMLメール配信、情報差し込み配信、予約配信、効果測定機能など、メールマーケティングに必要な機能が備わっている

<導入時の注意点>
各機能は有料オプションとなっており、使用する機能数によっては月額費用が高くなる可能性がある

<無料プラン有無>
無料トライアル有り

<費用>
初期費用+月額費用

<導入企業の声>
・企業間の取引として安心できたことが導入の決め手!
メール配信システムの導入に際して、クルメルの他にもいくつかのシステムを検討しました。そのうち、API連携ができるメール配信システムの中では「コストが低かったこと」、「営業担当の方はじめ導入までの対応がスムーズ」で企業間の取引として非常に安心できたことが導入の決め手です。(引用:Curumeru公式サイト導入事例/人材業界支援

Curumeru公式サイト

WEBCASメールリレーサービス(株式会社エイジア)

WEBCASメールリレーサービス公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
WBECASメールリレーサービスは、メール配信システムのWEBCASが提供するクラウドサービスです。メール送信をWEBCASのメール配信エンジンにリレー(中継)することで、大量一斉メール配信の高速化を実現します。

専門性の高いメールサーバーの管理もWEBCAS側が運用代行を行うため、大量メール配信のたびにサーバーの監視作業に悩むことも不要です。

<特長>
・既存のメールシステムを変更することなく、大量一斉配信の配信性能だけを強化するクラウド型サービス
・PC、モバイル(スマホ・フューチャーフォン)への高速配信に対応
・メールサーバー管理はWEBCAS側で対応。自社の運用リソースの削減が可能

<導入時の注意点>
メールリレーサーバー単体の契約になるので、HTMLメールの作成などメール配信に関することは、WEBCASの他サービスの契約が必要となる

<無料プラン有無>
要問合せ

<費用>
要問合せ
(希望の配信速度やメール配信規模により異なる)

<導入企業の声>
・メール配信の高速化が簡単に実現!
近年、当社Web会員には携帯メールアドレスを登録する方が増えてきました。そのため、モバイル端末への配信速度や到達率を高めることは必須だと考えました。WECASのメールリレーサービスを導入したことで、パソコン・モバイル向けメール配信の高速化が簡単に実現しました。(引用:WEBCAS公式サイト/導入事例

WEBCASメールリレーサービス公式サイト

ベアメール(株式会社リンク)

ベアメール公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
ベアメールは、メルマガ配信や会員登録時の完了メールなど、ユーザーに確実にメールを届けたい様々なシーン・用途に対応したクラウド型メールリレーサービスです。

携帯キャリアからのブロックを避け、高い到達率でメール配信を行うことが可能です。またベアメールは1時間あたり200万通の高速配信を実現し、1度に大量のメール配信を行いたい場合にもニーズを満たしてくれます。

<特長>
・1時間あたり200万通の高速配信。ユーザー向けのメルマガ配信にも対応が可能
・配信後、30分以内に配信結果のログを確認することが可能。配信結果を早期に確認することでメールの到達率の改善をすることができる
・専有型に比べて料金を抑えて導入ができるクラウド型であることや、自社での運用管理が不要になるので管理・運用に掛かる人的コストの削減が可能

<導入時の注意点>
ベアメールは、電子メールの「送信者なりすまし」や「メール内容の改ざん」といった不正を防ぐためのDMARCに対応していない

<無料プラン有無>
無料トライアル有り(7日間)

<費用>
5,000通/5,000円〜
※要見積もり。用途にあった料金プランを選択可能

<導入企業の声>
・特におすすめしたいポイントは送信ログ機能!
ベアメールの機能で特におすすめしたいのは、送信ログです。「送信先のメールアドレスが存在していない」などのエラー理由が詳細にわかるという点が大きいですね。(引用:ベアメール公式サイト導入事例/ECシステム開発

・大量のメルマガ送信時間の大幅短縮に成功!
ベアメールの基本機能では、1分間で1000通のメールが送信されます。今までは終了までに4、5時間かかっていました。そこで、一度に大量送信が可能なWebAPIオプションを契約したところ、今では大体1時間半程度で送信完了できるまでに短縮されました。(引用:ベアメール公式サイト導入事例/インターネットサイト運営

ベアメール公式サイト

SendGrid(Twilio Inc.)

SendGrid公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
SendGrid(センドグリッド)は簡単な操作でメールやDMの一斉送信ができる、クラウド型メールリレーサービスです。

月間12,000通まで無料で利用ができるので、既に他のメルマガ配信システムを利用していて、メールリレーサービスを使ったことがない場合でもお試し感覚で利用することが可能です。

<特長>
・インストール不要、アカウントを取得するだけですぐに利用開始できるクラウド型メールリレーサービス
・月間12,000通まで無料で利用が可能。有料プランも月額1,900円〜なので、小規模の事業者にも安心の価格設定
・API連携により既存のメール配信システムを使いながら、SendGridのメールリレーサービスの利用が可能

<導入時の注意点>
管理画面やメニューが英語表記なので、英語に苦手意識がある方には敷居が高く感じられる

<無料プラン有無>
Freeプラン有り(月間12,000通まで無料)

<費用>

プラン費用通数上限
Free0円/月額12,000通/月間
Essentials(40K)1,900円/月額40,000通/月間
Essentials(100K)3,800円/月額100,000通/月間
Pro(100K)100,000円/月額100,000通/月間
Pro(300K)25,000円/月額300,000通/月間

<導入企業の声>
・高度で手軽な分析機能!
現在はSendGridの管理画面を見れば、我々以外のスタッフも開封率やクリック率が見える環境になっています。しかも、どこをどう見ればいいのか説明は不要。誰でも直感的に分かるというのが大きなポイントです。(引用:SendGrid公式サイト導入事例/クラウドソーシングサイト運営

・他のサービスでも大量のメール送信は可能なのですが、バウンス(送信エラー)した場合の処理を自前で構築する必要があります。SendGridの場合は、バウンスしたら自動的にリストに入り、送信しない。メール配信はSendGridにお任せし、開発者は本業に専念できます。(引用:SendGrid公式サイト導入事例/ビジネスチャットツール開発

SendGrid公式サイト

Customers Mail Cloud(HENNGE株式会社)

Customers Mail Cloud公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Customers Mail Cloud(カスタマーズメールクラウド)はクラウドから簡単・確実にメールを相手に届けることができるメール配信サービスです。

既存のメール配信システムサーバーにメールリレーの設定をするだけですぐに使い始めることが可能です。

<特長>
・DKIM(送信ドメイン認証)と、TLS(メール送信暗号化)に対応。Gmailでの警告表示をなくす
・充実の配信レポート機能。送信ログの検索、送信状況のグラフ表示などを管理コンソールから操作が可能
・独自開発の配信エンジンにより、携帯キャリアやISPに高速かつ確実にメールを送信する

<導入時の注意点>
Standard版は共有型のメールサーバーなので主に新規サービスやスタートアップ向け。よりセキュリティや信頼性を高めたい場合はPro版の契約となる

<無料プラン有無>
無料プラン有り

<費用>

プラン費用メール送信数
プラン109,167円/月額100,000通/月
プラン3021,389円/月額300,000通/月
プラン7042,777円/月額700,000通/月
Pro要問合せ要問合せ

<導入企業の声>
大量配信でも安定的にシステムが利用できるというのが、一番の導入効果だと認識しています。 また、配信状況がコンソール画面で確認できるので、仮にメールが届かないケースが発生しても状況を即把握できることが大きな利点であると思います。(引用:Customers Mail Cloud公式サイト導入事例/後払い決済サービス

Customers Mail Cloud公式サイト

arara messsaging solution(アララ株式会社)

arara messsaging solution公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
arara messsaging solution(アララメッセージングソリューション)のサービスの一つである、「repica sender」は高速かつ到達率の高いメール配信を実現するメールリレーサービスです。

既存メール配信システムのサーバーを、repicasenderに置き換えや、中継メール配信サーバーとしてメールをリレー配信するだけで、送信メールの到達率向上を実現します。

<特長>
・配信先ドメインごとの配信最適化。携帯キャリア、プロバイダにおいて到達性の高いメール配信を実現する
・送信ドメイン認証技術であるDKIMに対応。メール送信元を偽装したなりすましメールを防止する
・repica editorと組み合わせて利用することで、メール作成・編集、効果測定などメールマーケティングツールとしての利用が可能

<導入時の注意点>
・repica senderはあくまでメールリレーサービスだけを利用したい場合に有効。他に効果測定機能やメール編集・管理機能も必要な場合は、repica editorの契約が必要となる

<無料プラン有無>
要問合せ

<費用>
・ASP版:要問合せ
・オンプレミス版:要問合せ

<導入企業の声>
・メール配信業務にrapica senderは欠かせない存在!
自社開発のメール配信システムで300万通のメール運用をおこなっていましたが、1回の配信完了まで最大10時間かかっており、予定時間よりも大幅に遅れて会員へ届いてしまうことが大きな課題でした。repica senderを導入後は、配信完了まで最大6時間となりさらにエラー件数も半減しました。(引用:arara messaging solution導入事例)

arara messaging solution公式サイト

メールリレーサービスを一覧表で確認

ツール名
(企業名)
特長費用
Curumeru
(株式会社ラクス)
・既存のメールサーバーをCurumeruサーバーへ変更するだけで、高い到
達率の大量メール配信が可能
・CurumeruとAPI連携することで、Curumeruにログインする
ことなく、メール配信・配信結果の取得が可能
・画像付きのHTMLメール配信、情報差し込み配信、予約配信、効果測定
機能など、メールマーケティングに必要な機能が備わっている
初期費用+月額費用
WEBCASメールリレーサービス
(株式会社エイジア)
・既存のメールシステムを変更することなく、大量一斉配信の配信性能
だけを強化するクラウド型サービス
・PC、モバイル(スマホ・フューチャーフォン)への高速配信に対応
要問合せ
※希望配信速度や配信規模により異なる
ベアメール
(株式会社リンク)
・1時間あたり200万通の高速配信。ユーザー向けのメルマガ配信にも対応
が可能
・配信後、30分以内に配信結果のログを確認することが可能。配信結果を
早期に確認することでメールの到達率の改善をすることができる
・専有型に比べて料金を抑えて導入ができるクラウド型であることや、自
社での運用管理が不要になるので管理・運用に掛かる人的コストの削減が
可能
5,000通/5,000円〜
※配信量などによって異なる
SendGrid
(Twilio Inc.)
・インストール不要、アカウントを取得するだけですぐに利用開始できる
クラウド型メールリレーサービス
・月間12,000通まで無料で利用が可能。有料プランも月額1,900円〜なの
で、小規模の事業者にも安心の価格設定
・API連携により既存のメール配信システムを使いながら、SendGridの
メールリレーサービスの利用が可能

・Free:0円/月額
・Essentials(40K):1,900円/月額
・Essentials(100K):3,800円/月額
・Pro(100K):100,000円/月額
・Pro(300K):25,000円/月額
Customers Mail Cloud
(HENNGE株式会社)
・DKIM(送信ドメイン認証)と、TLS(メール送信暗号化)に対応
・充実の配信レポート機能。送信ログの検索、送信状況のグラフ表示など
を管理コンソールから操作が可能
・独自開発の配信エンジンにより、携帯キャリアやISPに高速かつ確実に
メールを送信する
・プラン10:9,167円/月額
・プラン30:21,389円/月額
・プラン70:42,777円/月額
・Pro:要問合せ
arara messsaging solution
(アララ株式会社)
・配信先ドメインごとの配信最適化。携帯キャリア、プロバイダにおいて
到達性の高いメール配信を実現する
・送信ドメイン認証技術であるDKIMに対応。メール送信元を偽装したな
りすましメールを防止する
・repica editorと組み合わせて利用することで、メール作成・編集、効果
測定などメールマーケティングツールとしての利用が可能
・ASP版:要問合せ
・オンプレミス版:要問合せ

まとめ:メールリレーサービスを使えば、大量配信でも確実に配信可能

この記事では、メルマガ配信や確実に相手にメールを届けたい場合に役立つ、メールリレーサービスについて、導入時の注意点・特長を各サービスの比較を交えて紹介してきました。

メールリレーサービスを活用すれば、メルマガ配信や会員登録の際などに確実にメールを相手に届けることが可能です。

メール配信の遅延や送信エラーが起きにくくなるので、メール主体でのアプローチが可能となり、業務の生産性向上にも繋がります。

メールリレーサービスには、今回ご紹介した以外にも数多くのサービスがあります。どのサービスが自社に合うか悩む方も多いと思いますので、最後にメールリレーサービス導入を成功させるためのポイントをご紹介します。

メールリレーサービスの導入を成功させるためのポイントのスライド

もし、自社に見合ったメールリレーサービスの選び方がわからないといった場合や、導入後の戦略的な活用方法がわからないといった場合は、それぞれのメールリレーサービスの資料請求・お問い合わせを行って導入を検討してみてください。


仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディア「Smarf」の最新記事
ビジネスノウハウに関する最新トレンド
営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報
などが届くSmarf(スマーフ)のメールマガジン配信中!

今ならお役立ち資料2点プレゼント中

メールリレーサービス比較6選!各サービスの特徴・費用を解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

PICK UP おすすめ記事


RANKING 人気記事


ノーコードツール選び方ガイドのバナー

メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

目次
閉じる