MAツール比較10選!おすすめのツールを特徴から価格まで解説

MAツール比較10選!おすすめのツールを特徴から価格まで解説

「顧客リスト、対応履歴など社内でばらばらになった情報を一つに集約したい」「場当たり的な顧客アプローチから脱却したい」

このようなお悩みをお持ちではありませんか?そのようなお悩み持つ企業に役に立つツールが「MA(マーケティングオートメーション)ツール」です。

MA(マーケティングオートメーションツール)を導入することで、企業が持つ顧客データを活用し、システムの画面上であらゆるアプローチや顧客フォローを行うことができます。

そして、MAツールを活用することで今までより少ない労力で効率的にビジネスの成果を上げることが可能です。

本記事の概要のスライド

本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、それぞれのMAツールの特徴、機能、料金などを比較しながら紹介していきます。

営業部門の業務効率化・生産性拡大を目的に、MAツール導入をご検討中の営業部門のご責任者様や、企業の経営者の方は必見です。

目次

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは?

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは?の画像

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは、マーケティング活動を自動化することで、効率的に見込み顧客の獲得から育成まで行い、見込み顧客を成約に繋げるまでのプロセスを管理することに適したツールです。

マーケティングオートメーションツールは、管理画面上で顧客の見込み状況の可視化や状況に応じたアプローチ(メール、SNS、広告など)を行います。そのため、主に営業部門とは別にマーケティング部門が運用を行います。

営業部門の担当者はマーケティング部門から紹介された案件に対し、個別具体的な準備を行い商談化を進めます。

商談前に顧客情報やニーズ管理がなされているため、より顧客要望に沿った提案を行うことが可能となり、信頼構築向上やアップセル・クロスセルに繋げられます。

また、営業担当は商談に専念すれば良いので、テレアポや飛び込み訪問といった非効率な顧客開拓活動に時間を掛ける必要がなくなります。

成約後の顧客フォローもMAツールを活用することで、次回連絡するタイミングの設定や各種情報提供を容易に可能です。時間・コストを掛けずとも顧客との信頼関係を最大限に高められます。

MAツールとはのスライド

MA(マーケティングオートメーション)ツール導入のメリット

MA(マーケティングオートメーション)ツール導入のメリットの画像

MA(マーケティングオートメーション)ツールを活用する大きなメリットは、デジタルの力で顧客との信頼関係を深め、自社のブランド価値を向上させられることです。

一対多で配信されるウェブ広告や、場当たり的なテレアポなどの営業アプローチと異なり、MAツールを活用することで、顧客の状況に合わせたアプローチが可能です。

それにより、顧客は「自分にとって必要な情報を提供してもらえた」というロイヤリティを感じ、ファン化・リピート率向上に繋がります。

その他の具体的なメリットについて解説していきます。

メリット1 見込み顧客の育成ができる

MAツールを活用することで、見込み顧客の育成が可能です。顧客の育成とは、自社のサービスの興味・関心を抱いた顧客を中長期的な取引発生にまで関係を構築する一連のプロセスのことです。

見込み顧客の新規獲得において、ニーズが顕在化し案件化に繋がる可能性があるのは10%程度で、65%の見込み顧客はすぐに検討の必要を感じていないとされています。

そのため、従来のアナログな営業手法は「既にニーズが顕在化し、成約の見込みが高い顧客にいかにアプローチするか」といったことが議論の中心となりがちであり、検討段階にない顧客のフォローは優先順位が下げられる傾向にありました。

MAツールを活用したデジタルマーケティングにおいては、将来的に購買や成約の可能性がある見込み顧客との関係構築・育成をすることで、新規獲得件数の向上および価値提供を長期的に行うことが可能です。

メリット2 顧客ごとの見込み度合いを分析・可視化できる

MAツールを活用することで、アプローチの結果から案件化の見込み度合いを分析・可視化ができます。

例えば、見込み度合いが低い状態にも関わらず、キャンペーンと称した過度な値引きのチラシや広告配信や、何としてもその場で契約に迫る無理なクロージングはなかなか成約に繋がりません。

そればかりか、むしろ顧客側は「一方的に売りつけられた感」を持ち、その企業に対する不信感などマイナスイメージを抱くようになるでしょう。

MAツールを通じて、見込み度合いごとに顧客をセグメントすることで、それぞれ異なるアプローチ方法の選択が可能です。

メリット3 顧客の情報・履歴の管理ができる

MAツールを活用することで、過去の購買情報・人事情報といった顧客情報や、これまでの商談履歴の保存・管理が可能です。

これまでは顧客の情報や商談履歴の保管・管理については各営業社員任せになっていることが多くありました。

そのため、異動や退職に伴う引き継ぎ時に、十分な情報共有がないがために、担当者ごとにイチから関係構築をしなければならないといった事象が発生していました。

MAツールを活用することで、情報は全てサーバーに保管されるため、属人化を防ぎ組織の資産とすることが可能です。

メリット4 営業に掛けるコストの削減ができる

MAツールを活用し、デジタル主体のマーケティングを行うことで、営業社員一人に掛けるコストを削減が可能です。

これまでの数をこなすだけのテレアポや飛び込み訪問は効率が悪く、営業社員の精神的負担も大きいといった課題がありました。また、対面商談は移動に掛かる時間・費用も発生するため、営業活動に掛かるコストは大きいものでした。

MAツールを活用することで、顧客の見込み状況を把握し状況に合ったアプローチが可能なため、営業効率が格段に向上します。

また、デジタルを通じたコミュニケーションは場所を問わないため、わずか数名のチーム体制で日本中の顧客を対応するといったことも可能です。

導入のメリットをまとめたスライド

MA(マーケティングオートメーション)ツール比較10選

MA(マーケティングオートメーション)ツール比較10選のタイトル画像

MAツールは各サービスによって、機能や特長が異なります。自社の規模・運用に見合ったシステムを選ぶことが重要です。

導入時には下記のポイントを押さえた上で、いくつかのシステムに候補を絞り比較検討をしましょう。ここからはMAツールのおすすめ10選をご紹介します。

導入時の注意点をまとめたスライド

b→dash(株式会社フロムスクラッチ)

b→dash公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
b→dash(ビーダッシュ)は、企業が保有する”顧客データ”を活用して、売上の向上や工数の削減を実現する、データマーケティングツールです。

マーケティングオートメーション(MA)の他、Web接客やCRMなどの機能も搭載しており、b→dashひとつでデータマーケティングがサポートできるサービスです。

<特長>
・独自技術のデータパレットによりSQLの知見がなくても、データの活用・統合・運用が可能
・MAやCRM、Web接客やLINE連携などデータマーケティングに必要な機能を搭載
・ITやデータリテラシーがなくても直感的に使いこなせる、洗練されたUI/UX

<導入時の注意点>
・固定費+変動費型なので毎月変動する。最低価格50,000円〜となっているが利用状況によっては高額になる可能性がある

<無料プラン有無>
問い合わせ時確認

<費用>
月額50,000円〜
※保有データ数・作成レポート数・配信メール通数によって価格が変動するため、導入時に要見積もり

<導入企業の声>
・CDP機能とMA機能がオールインワン!
ツール検討の際に様々なベンダーさんにお話を伺いましたが、ひとつのプラットフォームでCDP機能とMA機能を備えているツールって実はあまりないんですよね。なので、1つのツールで“All in One”でCDPもMAや分析もできるb→dashに決めました。(公式サイト導入事例/婚活サービス

・マーケティングに必要な機能をいいとこ取り!
b→dashは直感的で操作性が高く、マーケティングに必要な機能は全部あって、ランニングコストも安価で、本当に「いいとこ取り」っていう言葉がぴったりなんですよね。まさにオールインワンです。(公式サイト導入事例/パソコンスクール

b→dash公式サイト

SATORI(SATORI株式会社)

SATORI公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
マーケティングオートメーションツール「SATORI」は、主にウェブマーケティングに特化したマーケティング支援ツールです。

例えば、ウェブサイト上のコンバージョンを促すことや、見込み顧客へ自動的にアプローチ、ユーザーのアクセス履歴・接触履歴を一元管理することなどが可能です。

またオンラインだけではなく、商談やセミナー・展示会といったオフラインでの名刺交換もリード対象となるため、アプローチ可能な対象が大幅に広がります。特に、ECサイトやウェブマーケティングを強化したい企業におすすめです。

<特長>
・リードを一元管理できる(オンライン/オフライン、匿名客/実名客)
・高度なマーケティング施策を実行する(例 購買意欲の高い見込み顧客を抽出してテレアポを効率化する)
・リードを増やす(問い合わせフォーム作成、リターゲティング広告配信、コンテンツのパーソナライズ化)
・リードとコミュニケーションする(セミナー案内配信、メルマガ配信、施策結果のレポート抽出)

<導入時の注意点>
リテラシーが低い場合には初期設定や、操作方法に慣れるまで時間が掛かるといった声が多い

<無料プラン有無>
画面デモ有り
※問い合わせフォームより連絡

<費用>
・初期費用 300,000円
・月額費用 148,000円※従量課金が発生する場合あり

<導入企業の声>
・ユーザーごとにグルーピングが可能!
Web上でユーザーの興味関心に合わせた案内を行いたいと思っていましたが、ホームページに来訪したユーザーの解析が出来ていない課題がありました。SATORI導入後は、セグメント機能を使うことでユーザーの興味関心をグルーピングし、情報の出し分けを行えるようになりました(公式サイト導入事例

・乗り換えたことで案件獲得率が4倍に!
他社製品のMAツールを導入していたのですが、正直あまり使いこなせていなかったという自覚があり乗り換えを行いました。SATORIに乗り換えてからは、見込み顧客の獲得から営業へ検討度合いが高まったお客様を送客するための仕組みを構築ができ、以前のMAツールに比べてリードからの案件獲得率は3~4倍に改善されました(公式サイト導入事例

SATORI公式サイト

MOTENASU(株式会社FID)

MOTENASU公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
「MOTENASU」はBtoC向けのMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

MOTENASUを活用することで、自社のウェブサイトに訪れる顧客の情報を元に適切なページを判断しリード獲得に繋げます。

さらに、獲得したリードを元に、顧客状況を管理・スコアリング化が可能。顧客の見込み状況に応じてメルマガやDMを自動配信するなど、最小のコストで最大の効果が得られる方法で顧客をフォローします。

<特長>
・配布物発注システム(特許)による自動DM機能。時候の挨拶、イベント案内など様々な情報をダイレクトに届けることが可能
・DMは顧客セグメントごとにデザインの変更可能。特別感を演出し、顧客のエンゲージメントを強化
・API連携により既存の基幹システムとの連携も容易。労力・費用を掛けずに導入可能

<導入時の注意点>
サポート体制が弱く、すぐに相談ができないという声がある

<無料プラン有無>
無し

<費用>
・初期費用300,000円
・月額費用100,000円〜(リード登録件数50,000件〜)
※リード登録件数により、月額費用異なる

<導入企業の声>
・あらゆる機能が一括で管理できる!
メールやウェブサイトの訪問者分析、リードスコアリング、レポート作成などの機能が一括管理でき、従来人の手でやってきたことを効率よく短時間で出来るようになりました。(MOTENASU 口コミ)

MOTENASU公式サイト

Pardot(sales force)

Pardot公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Pardot(パードット)は、sales forceが提供するクラウド型のマーケティングオートメーションツールです。主にB2B向けしてマーケティング部門とセールス部門の連携に力を発揮し、企業の効率的な営業活動をサポートします。

自動メール送信やアクションアラートの設定など、マーケティング部門や営業部門の手作業をなくし自動化することで、営業サイクルのスピードを早めることが可能です。

<特長>
・プロのようなデザイン性の高いメールを簡単に作ることができる。顧客のエンゲージメント強化に繋がる
・指定条件に基づいて、自動的にメールを送信したりマーケティングタスクの実行が可能
・ダッシュボードでROIを確認。ライフサイクルレポート機能などで顧客のサイトクリックから取引成立に至るまでの流れを把握が可能。

<導入時の注意点>
既にsales forceを導入している企業であればシームレスに連携が出来たり操作にも慣れることができるが、sales force未導入企業の場合は初期導入やその後の運用で苦労しているケースが多い

<無料プラン有無>
無し

<費用>

プラン費用
Growth150,000円/月額
Plus300,000円/月額
Advanced480,000円/月額
Premium1,800,000円/月額

<導入企業の声>
・Sales cloudとの連携が可能!
Sales cloudとシームレスに連携できる事や、各施策にあったリストやメールも簡単に作成できます。何かわからないことがあっても、初心者でも安心のコミュニティがある事が魅力です!(Pardot口コミ)

・使い勝手が直感的でわかりやすい!
Salesforceを利用しているならデータ連携は非常に使い勝手が良いです。MAツールとしての使い勝手も、感覚的な操作に近くわかりやすい仕様になっています。(Pardot口コミ)

Pardot公式サイト

Marketo Engage(アドビ株式会社)

Marketo Engage公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Marketo Engage(マルケトエンゲージ)は、全世界で5000社を超える導入実績を持ちマーケターから評価も高いMAツールです。

2018年にアドビ社に買収をされ現在はアドビ製品の一つとなっていますが、世界的な有名企業であるアドビ社が買収に乗り出した事実は、評価の高さの裏付けともいえるでしょう。

顧客の認知からファン化・再購入に至るまでの購買プロセスにおける、マーケティング活動をMarketo単体で完結することが可能。外部ツールとの導入が不要であるため、連携の手間やコストの削減にも繋がります。

<特長>
・Webやメールでのパーソソナライズ機能により、見込み顧客独自の情報提供が可能
・営業とマーケティングの連携をすることで、顧客に伝えるメッセージの一貫性を保ち、マーケティングから営業への送客を円滑にする
・分析ダッシュボードとレポートで、全てのタッチポイントの収益への貢献度(ROI)を証明する

<導入時の注意点>
日本語のマニュアルもあるが、詳細な情報が書かれたドキュメントは英語であるため英語の理解が必要

<無料プラン有無>
無し

<費用>

プラン費用特長(公式サイトより
SELECT要見積もり基本的なマーケティングオートメーションと効果測定
PRIME要見積もりリード管理とABM、カスタマージャーニーの分析、AIによるパーソナライズ
ULTIMATE要見積もり包括的で強力なオートメーション機能とアトリビューション機能
ENTERPRISE要見積もり最大のスケーラビリティと柔軟性

<導入企業の声>
・資料請求施策により1年間で約5300件のリード、問い合わせ約180件獲得!
Marketo導入後も、クリエイティブテストなどの改善をくり返し行うことで、約1年で約5300件のリードを獲得、問い合わせも約180件獲得、広告獲得コストの約1/50程度で運用できています。今後もPDCAを回していきます。(公式サイト導入事例より

・Marketo Engage活用で、月10本以上のセミナーを1人で設計・運用!
Marketo Engageのウェビナープログラムの複製機能により、告知・集客やリマインド、御礼のメールはまとめて複製できています。過去のウェビナーだけでなく、新規のウェビナーも含めて1人で運営・管理ができています(公式サイト導入事例より

Marketo Engage公式サイト

Oracle Eloqua(オラクル)

Oracle Eloqua公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Oracle Eloqua(オラクル エロクア)はデータベース管理システムで高いシェアを誇るOracle社が提供している、BtoB向けクラウド型MAツールです。

ドラッグ&ドロップの直感的な操作で条件設定ができるメール配信機能や、顧客一人ひとりの情報を可視化するダッシュボード機能により、顧客のエンゲージメントを高めるアプローチが可能です。

顧客情報の取り扱いが多く、セキュリティの要件が高い大企業でも導入実績が豊富であることも特長です。

<特長>
・専門知識がなくても直感的な操作でメールデザインの設計や配信条件分岐設定が可能
・業務内容に合わせて柔軟なカスタマイズが可能。機能拡張、外部ツール連携も容易
・顧客のあらゆる情報を一元管理。CRM/SFAシステムとの連携により部署間での情報共有も容易

<導入時の注意点>
多機能であるため、導入費用・月額費が他社サービスと比較して高額である

<無料プラン有無>
なし

<費用>

プラン費用特長
Basic要見積もり小規模利用。機能制限有り
Standard要見積もり標準的なプラン。全機能利用可能
Enterprise要見積もり50万コンタクト以上の大企業向け

<導入企業の声>
・直感的で高機能!
メール配信やLP作成、対象リスト抽出など、複数拠点・多ユーザーでもヘビー使用が可能です。特にキャンペーンフローをドラッグ&ドロップの直感的な操作で作れるので、少人数で運用することも可能です。(Oracle Eloqua 口コミ・評判)

・デジタルマーケティングツールとして活用!
メルマガなどを一斉配信するだけでなく結果の分析ができ、次のアクションにつなげられます。アフターフォローを営業社員が行うのではなく、デジタルで行うことにより、業務効率化、経費削減、タイムリーなアクションに繋がっています。(Oracle Eloqua 口コミ・評判)

Oracle Eloquaの公式サイト

OPTIO(クロストレックス株式会社)

OPTIO公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
国産MAツールのOPTIO(オプティオ)は、サイトに訪れたユーザーのコンバージョンスピードと獲得率アップに有効な「インタラクティブコンテンツ」で新規顧客の獲得をサポートします。

既存コンテンツのインタラクティブ化やコンテンツのポップアップ配信など、専門的な知識がなくてもBtoBマーケティングに特化したコンテンツの制作が可能です。

<特長>
・タグを埋め込むことで自社サイト・自社メディアに来訪した企業情報をひと目で把握が可能
・コンバージョンの期待値が高い配信ターゲットを簡単に設定
・インタラクティブコンテンツや動画コンテンツの入稿・配信が容易
※インタラクティブコンテンツ=双方向コミュニケーションが可能なコンテンツ

<無料プラン有無>
無料トライアル有(2週間程度)

<費用>

プラン月額費用初期費用
トライアル50,000円/月額100,000円
スタンダード100,000円/月額100,000円
プロフェッショナル200,000円/月額100,000円

<導入企業の声>
・サイト来訪者が求める情報を瞬時に届けることで月間リード獲得数2倍を実現! 
管理画面が直感的に操作できたので、今まで使っていたポップアップツールに比べて安定稼働までの時間が短かったし、操作で悩み時間が削減できました。特に、ダッシュボードやランキングなどの成果はシンプルで分かりやすかったです。(公式サイト 導入事例

OPTIO公式サイト

List Finder(株式会社Innovation & Co.)

List Finder公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
List Finder(リストファインダー)は、中小企業〜上場企業まで国内導入企業アカウント1,600件以上の実績を持つ国産MAツールです。

月額3万円台〜導入が出来る価格設定により、マーケティングオートメーションを初めて行う際のお試し利用や、他社ツールからの乗り換え検討、低予算スモールスタートなど様々な状況に合わせて利用が可能です。

<特長>
・国内で1,600アカウント以上の導入実績。上場企業で導入率シェアNo.1
・小規模企業やMAツール導入が初めての企業でも安心の価格設定。月額3万円台〜導入可能
・活用勉強会や個別相談など活用コンサル・サポートが無料で受けられる

<導入時の注意点>
基本料金の他、PV数や顧客データ数に応じた従量課金制となっているため、初期は少額で始めることができるが継続するにつれて費用が高くつく可能性がある

<無料プラン有無>
無料トライアル有

<費用>

プラン費用
ライト39,800円/月額
※利用状況に応じて従量課金有り
スタンダード59,800円/月額
※利用状況に応じて従量課金有り
プレミアム79,800円/月額
※利用状況に応じて従量課金有り

<導入企業の声>
・お問い合わせからの成約率が25%にアップ!
List Finderを導入してから、お問い合わせからの成約率が20%から25%に向上しました。弊社の商材は100万円超の機器で案件1件あたりの単価が高いので、成約率が5%上がったというのは非常に大きい。今、List Finderは弊社の売上の要になりつつあります。(公式サイト   導入事例

・お手頃な価格設定が導入の決め手!
今回初めてマーケティングオートメーションを導入する我々にとって、費用対効果の想定や経営陣へのプレゼンなどを考えると、高機能なツールは正直ハードルが高かったですね。それに対して、List Finderの価格感はお手頃で、初めてマーケティングに取り組む我々にとってスタートしやすいと思えるものでした。(公式サイト 導入事例

List Finder公式サイト

Kairos3(カイロスマーケティング株式会社)

kairos3公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Kairos3(カイロス3)は見込み顧客リストから商談を創出し、いますぐアプローチすべき顧客を抽出することで、受注アップに貢献するマーケティング・営業支援ツールです。

MAとSFAが連携しているので、マーケティングと営業をシームレスに繋ぎ、フォロー漏れによる機会損失を防ぎます。

<特長>
・MAとSFAが連携。フォロー漏れによる営業機会損失を防ぐ
・マニュアル一体型で直感的にわかる画面設計。誰でもすぐに使える
・専任チームによるサポートが無料。活用促進セミナーや、役立つノウハウを提供

<導入時の注意点>
安価ではあるが故、カスタマイズ性は乏しい。シナリオを立てた分析や、メールマーケティングを実施したい場合には機能が足りずに、やりたいこと全てができない可能性がある

<無料プラン有無>
無料トライアル無し
※デモの閲覧は可能(要問い合わせ)

<費用>
初期費用+月額費用
・初期費用(初月のみ)10,000円
・月額費用

月間費用保有リード数(メールアドレス数)月間PV数月間メール送信数
6,000円〜100件〜5,000PV〜1,500通
12,000円〜1,000件〜15,000PV〜15,000通
24,000円〜3,000件〜45,000PV〜45,000通
36,000円〜10,000件〜150,000PV〜150,000通

※以下保有リード数、月間PV数、月間メール送信数によって費用異なる

<導入企業の声>
・導入後の営業活動に明らかな変化!
営業に渡した見込み客からの受注獲得率が大幅に改善しました。徐々に改善を続け、最終的には、営業活動の受注獲得率が25ポイントも改善しました。(公式サイト導入事例

・メルマガの反応にびっくりしてます!
ありがたいことに毎回メルマガに返信をくださるお客様もいらっしゃいます。また返信をいただいたお客さまの内3割くらいは実際の商談に繋がっています。(公式サイト導入事例

Kairos3公式サイト

Customer Rings(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

customer rings公式サイトのトップページのスクリーンショット

<概要>
Customer Rings(カスタマーリングス)は、データ統合・分析・活用など、CDP/CRM/MAツールとしての機能を網羅しつつ、数値だけでは捉えきれない顧客の行動や感情を見える化し、新たな打ち手のヒントを得ることができる統合マーケティングプラットフォームです。

<特長>
・データ統合(CDP)一つのプラットフォームで柔軟なデータ統合を実現する。ビッグデータ(定量・定性)の分析から顧客のカスタマージャーニーの閲覧まで可能
・分析機能(BI):単に分析だけで終わらず、次のアクション実行に繋がる深い分析が可能
・アクション(MA):統合したデータから自由な条件で顧客抽出、顧客一人ひとりに最適化されたアプローチが可能

<導入時の注意点>
色々な機能が備わっているが、慣れていく内に使用する機能が固定化され使わない機能も多くなるという声がある

<無料プラン有無>
要問い合わせ

<費用>
初期費用+月額費用(98,000円〜/月)
※顧客データ件数により異なる。詳細要問合せ。

<導入企業の声>
・セキュアな環境でお客さまを考慮したアンケートが可能に!
カスタマーリングスを導入したことで、『フォントサイズはこれくらいの大きさで』『入力欄のここの幅は何ピクセルで』とアンケートを細部まで作り込めるようになりました。スマートフォンからアクセスしても見劣りせず、簡単に回答できるアンケート画面へと改善できたことで、スマートフォンからの回答数は大きく伸びました。(公式サイト 活用事例

Customer Rings公式サイト

MAツールを一覧表で確認

ツール名
(社名)
特長費用
b→dash
(株式会社フロムスクラッチ)
・独自技術のデータパレットによりSQLの知見がなくても、データの活用・
統合・運用が可能
・MAやCRM、Web接客やLINE連携などデータマーケティングに必要な機能
を搭載
・ITリテラシーがなくても直感的に使いこなせる、洗練されたUI/UX
月額 50,000円〜
※従量課金が発生する場合あり
SATORI
(SATORI株式会社)
・リードを一元管理できる(オンライン/オフライン、匿名客/実名客)
・リードを増やす(問い合わせフォーム作成、リターゲティング広告配信、
コンテンツのパーソナライズ化)
・リードとコミュニケーションする(セミナー案内配信、メルマガ配信、
施策結果のレポート抽出)
・初期費用 300,000円
・月額費用 148,000円
※従量課金が発生する場合あり
MOTENASU
(株式会社FID)
・配布物発注システム(特許)による自動DM機能。時候の挨拶、イベント案内
など様々な情報をダイレクトに届けることが可能
・DMは顧客セグメントごとにデザインの変更可能。特別感を演出し、顧客の
エンゲージメントを強化
・API連携により既存の基幹システムとの連携も容易。労力・費用を掛けずに
導入可能
・初期費用 300,000円
・月額費用 100,000円〜
(リード登録件数50,000件〜)
※リード登録件数により月額費用異なる
Pardot
(sales force)
・プロのようなデザイン性の高いメールを簡単に作ることができる。
顧客のエンゲージメント強化に繋がる
・指定条件に基づいて、自動的にメールを送信したりマーケティングタスク
の実行が可能
・ダッシュボードでROIを確認。ライフサイクルレポート機能などで、顧客の
サイトクリックから取引成立に至るまでの流れを把握が可能。
・Growth:150,000円/月額
・Plus:300,000円/月額
・Advanced:480,000円/月額
・Premium:1,800,000円/月額
Marketo Engage
(アドビ株式会社)
・Webやメールのパーソナライズ機能により見込み顧客独自の情報提供が可能
・営業とマーケティングが連携することで、顧客に伝えるメッセージの一貫性
を保ち、マーケティングから営業への送客を円滑にする
・分析ダッシュボードとレポートで、全てのタッチポイントの収益への貢献度
(ROI)を証明する
・SELECT
・PRIME
・ULTIMATE
・ENTERPRISE
要見積もり
Oracle Eloqua
(オラクル)
・専門知識がなくても直感的操作でメールデザイン設計や配信条件分岐が可能
・機能拡張、外部ツール連携など業務に合わせてカスタマイズが可能
・顧客情報を一元管理。CRM/SFA連携により部署間の情報共有も容易
・Basic
・Standard
・Enterprise
要見積もり
OPTIO
(クロストレックス株式会社)
・タグを埋め込むことで自社サイト・メディアの来訪企業情報をひと目で把握
・コンバージョンの期待値が高い配信ターゲットを簡単に設定
・インタラクティブコンテンツや動画コンテンツの入稿・配信が容易
※インタラクティブコンテンツ=双方向コミュニケーションのコンテンツ
・トライアル
月額費用:50,000円、初期費用:100,000円
・スタンダード
月額費用:100,000円、初期費用:100,000円
・プロフェッショナル
月額費用:200,000円、初期費用:100,000円
List Finder
(株式会社Innovation & Co.)
・国内で1,600アカウント以上の導入実績。上場企業で導入率シェアNo.1
・小規模企業やMAツール導入が初めての企業でも安心の価格で導入可能
・活用勉強会や個別相談など活用コンサル・サポートが無料で受けられる
・ライト:39,800円/月額
・スタンダード:59,800円/月額
・プレミアム:79,800円/月額
※各プラン利用状況に応じて従量課金有り
Kairos3
(カイロスマーケティング株式会社)
・MAとSFAが連携。フォロー漏れによる営業機会損失を防ぐ
・マニュアル一体型で直感的にわかる画面設計。誰でもすぐに使える
・活用促進セミナー・ノウハウなど、専任チームによる無料サポート
初期費用+月額費用
・初期費用(初月のみ)10,000円
・月額費用 利用状況に応じて従量課金有り
Customer Rings
(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)
・データ統合(CDP):一つのプラットフォームで柔軟なデータ統合を実現。
ビッグデータの分析から顧客のカスタマージャーニーの閲覧まで可能
・分析機能(BI):レポートだけでなく次のアクション実行に繋がる分析が可能
・アクション(MA):統合したデータから自由な条件で顧客抽出、顧客ごとに
最適化されたアプローチが可能
初期費用+月額費用(98,000円〜/月)
※顧客データ件数により異なる

まとめ:MAツールを使えば営業活動を効率化し業績アップが可能

まとめ:MAツールを使えば営業活動を効率化し業績アップが可能のタイトル画像

この記事では、見込み顧客の開拓と育成に役立つMA(マーケティングオートメーション)ツールについて導入時のメリット・デメリットと、各ツールの特長を価格や機能の比較を交えて紹介してきました。

MAツールを使えば、顧客データの統合ができ、顧客一人ひとりに合った情報提供や分析といったマーケティング作業を自動で行ってくれます。

人がやらなくてもいい作業的な業務を自動化させることでマーケティング担当者や営業担当者は、より付加価値の高いユーザーエクスペリエンス(感動体験)を提供するための改善・実行プランの検討に時間を掛けることが可能です。

導入時のポイントをまとめたスライド

もし、自社に見合ったMAツールの選び方がわからないといった場合や、導入後の戦略的な活用方法がわからないといった場合は、それぞれのMAツールの資料請求・お問い合わせを行って導入を検討してみてください。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる