YouTubeマーケティングの有用性|主な手法からポイントまで紹介

YouTubeマーケティングの有用性|主な手法からポイントまで紹介

IT技術の急速な発展は、人々が動画を簡単に視聴できる時代をもたらしました。

誰でも手軽に動画が視聴できる現代において、動画広告の市場規模はどんどん拡大し、新聞広告などのアナログな広告の市場規模を抜き去ろうとしている状況です。

マーケティングにおいても動画の有用性は十分に評価されており、様々な企業が動画を活用したマーケティングに乗り出しています。

動画マーケティングを行う上で、プラットフォームとして選ばれることが多いのがYouTubeです。

当記事ではYouTubeにおける動画マーケティングの有用性や実際の手法、施策を成功させるためのポイントなどを解説していきます。

YouTubeでのマーケティングに興味のある方は是非ご覧ください。

目次

YouTubeマーケティングの有用性

スマートフォンや4Gの普及により、人々は動画を手元で簡単に視聴できるようになりました。

特に、世界最大の動画プラットフォームとして知られるYouTubeの利用者は20億人を超えており、10代から50代まで幅広い世代に利用されています。

日本においても利用者は6200万人と、人口の半数近くがYouTubeを利用しており、市場規模は非常に大きなものであるといえるでしょう。

日本のYouTube利用者を表したグラフ

YouTubeでは動画広告を効率的に掲載するシステムが整っており、誰でも手軽に動画マーケティングを行うことが可能です。

国内6200万人、世界20億人のユーザーに、効率的な情報伝達が可能な動画を利用した施策を行うことで、効率的なマーケティングを行うことができるようになっています。

動画広告の市場規模は拡大中

近年、YouTubeに限らず動画を利用した広告の市場規模は年々拡大しています。

サイバーエージェントが実施した「2019年国内動画広告の市場調査」によると、2019年の段階で動画広告市場は2,592億円に達しており、2023年には5,065億円に達する見込みです。

電通が発表した「2019年 日本の広告費」も併せて比較すると、数年後には減少傾向にある新聞広告を追い抜くことが予想できます。

すでにインターネット広告費がテレビメディア広告費を抜き、2兆円に達していることも踏まえると、今後はインターネット上での動画広告の出稿が広告ビジネスのメインストリームになるでしょう。

今後の広告ビジネスの流れに乗り遅れないためにも、今から動画を利用したマーケティングのノウハウを蓄積しておくことが重要です。

今では動画も安価に作れる

動画マーケティングというと、動画の制作に費用がかかる分、他のマーケティング手法よりもコストがかかるイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、近年では携帯カメラをはじめとした小型カメラの高性能化や、動画編集ツールの発展により、動画の撮影・編集を低コストかつ短期間で制作することが可能になってきています。

また、アフターエフェクトをはじめとしたアニメーション制作ツールの普及により、アニメーション動画も比較的安価で制作することが可能です。

加えて、YouTubeのような編集にコストをかけない動画が大衆に受け入れられていることもあり、豪華な演出や有名俳優のキャスティングなどがない動画でも、ある程度の成果を得られるようになっています。

IT技術の発展により、動画マーケティングは今まで以上に手軽に行えるようになっているのです。

収集したデータによる分析や改善もしやすい

動画マーケティングを行う媒体としてYouTubeが特に優れているのが、収集したデータの見やすさです。

Googleアナリティクスのような分析ツールのノウハウを活用して制作されたYouTube Studioでは、自社のチャンネルで投稿した動画を視聴したユーザーの傾向やエンゲージメント数などをグラフで確認することができます。

また、Google広告のアナリティクスではYouTube上で再生される動画広告のデータ分析ができ、視聴回数やクリック回数だけでなく、動画が最後まで視聴された回数が分かる視聴完了数や、アンケートを利用した感情ベースの効果測定も行うことが可能です。

豊富なデータをもとに分析や改善を行うことができるため、YouTubeマーケティングはより効率的な施策を行うことができます。

SEO対策にもなる

YouTubeはGoogleと同じく、検索キーワードに対して独自のアルゴリズムに沿った結果を表示します。

チャンネルの動画がYouTubeに価値のあるコンテンツであると認められれば、特定の検索キーワードで上位に表示されるようになり、更なる流入を望むことが可能です。

また、YouTubeはGoogleと連動しており、近年ではGoogleでキーワード検索した際に検索結果に動画が表示されるようになっています。

つまり、価値のある動画コンテンツを発信し続ければSEO対策にもなるのです。

YouTubeに投稿した動画の概要欄からLPにリンクを飛ばし、コンバージョンに持っていくというような施策もできるため、YouTube動画が上位に表示されることはマーケティングにおいて大きなメリットとなります。

YouTubeマーケティングの主な手法

YouTubeマーケティングの主な手法は以下の3種類です。

YouTubeマーケティングの3つの手法

それぞれ動画を活用するという共通点はありますが、必要な作業量や重視すべきポイントは大きく異なります。

詳しく見ていきましょう。

チャンネル自体を育てる手法

まずは自社のYouTubeチャンネルを設立し、コンテンツを発信していく手法です。

自社でタレントを起用したり、時には自社社員をキャスティングしたりして、動画を投稿していきます。

広告動画のように綿密な演出や進行が必要ないため、比較的手軽に始めることができるのが大きなメリットといえるでしょう。

投稿する動画は商品を紹介するような動画よりも商品に関連がある知識や技術を紹介するような動画の方が有用で、コンテンツマーケティングと同様、視聴者にとって有益な情報を提供していくことが重要です。

例えば、パーソナルジムの宣伝を目的に動画を投稿していくのであれば、ジム自体の魅力を語る動画よりも、家でできる筋トレ方法やトレーニング中の食事についての動画を投稿した方が、チャンネル自体の人気に繋がりやすいでしょう。

チャンネルが人気になるまでは効果が薄いため、運用には長期的な目が必要になりますが、人気になればストックビジネスとしても機能するようになるので、上手く活用できれば大きな効果を期待できる手法です。

YouTube広告の活用

YouTubeに動画広告を出稿する手法です。YouTubeには様々な広告手法があり、マーケティングの目的によって使い分けることが可能です。

例えば、バンパー広告という6秒以内の短い動画広告は、他の広告手法よりも視聴者に不快感を与えることなく認知獲得の施策を行うことができます。

また、6秒以上の長めのインストリーム広告はスキップされてしまう可能性が高いものの、商品の魅力を十分に伝えることができるため、商品に興味を持った視聴者に商品を理解してもらうような施策に活用することが可能です。

以上のように、YouTube広告では目的に応じた手法を選択することが重要になります。

YouTube広告の出稿は予算に合わせて調整することができるので、出稿費用についてはフレキシブルに対応することが可能です。

しかし、チャンネルの動画と違い、CMのような高クオリティの動画を制作する必要があるため、動画制作にある程度の費用が必要になります。

YouTuberの起用

すでにYouTube上で人気を博しているYouTuberに依頼し、商品を紹介してもらう手法です。

依頼したYouTuberのチャンネル登録者をそのまま見込み顧客として扱うことができるため、効率的なマーケティングを行うことができます。

ただし、プロモーションであることを明示しないとステルスマーケティングになってしまう他、依頼したYouTuberが問題を起こした場合、企業のブランドイメージも低下してしまう可能性があるため、注意が必要です。

YouTuberへの報酬は、あらかじめ単価が決まっている場合や登録者1人あたりの単価で決める場合、コンバージョンに至った人数による出来高制など、様々な方式がとられます。

商材を無料で提供することで報酬とするケースもあり、現金だけのやり取りのとどまらないのが大きな特徴です。

依頼するYouTuberが企業所属かどうかでも単価は大きく変わってくるので、依頼する際には念入りに交渉するようにしましょう。

基本的には、登録者1人あたり1~1.5円程度の相場で価格設定されていることが多いです。

YouTubeマーケティングを成功させるポイント

YouTubeマーケティングを成功させるためには、以下のようなポイントに注目しましょう。

YouTubeマーケティングを成功させるための3つのポイント

上記はマーケティングの基本といえるものですが、YouTubeマーケティングでは特にデータの活用が重要になってきます。

詳しく見ていきましょう。

ターゲット層をしっかりと定める

YouTubeマーケティングに限らず、マーケティング施策を行う際にはターゲティングが最も重要になります。

商材を訴求したい顧客層の年齢や性別、嗜好などを細かく設定し、ターゲット層に合わせた動画コンテンツを制作することで、より効果的なマーケティングを行うことが可能です。

また、動画広告を活用する目的についてもしっかりと定めておく必要があります。

例えば認知目的の動画であれば、短尺の動画を制作してバンパー広告として出稿するのが有効でしょうし、商品理解や購買意欲の向上が目的なのであれば、YouTuberの起用や長尺の動画広告を活用するのが効果的です。

ターゲット層を定めることで、動画の内容や活用する手法が大きく変化するので、しっかりと設定するようにしましょう。

適切なKPIを設定する

目的に合わせたKPIを設定することも、マーケティングでは重要です。

特にYouTubeマーケティングでは、様々なデータが収集できるため、KPIの設定は他のマーケティング施策以上に重要になってきます。

KPIを設定する際のポイントは、目的に合った数値をピックアップすることです。

例えば認知獲得が目的なら、動画の視聴回数やチャンネルの登録者数などが重要な指標になってきます。

購入意欲の向上が目的なのであれば、動画の視聴完了数や動画広告のクリック数、コンバージョン数などに注目することになるでしょう。

以上のように、目的に合わせたKPIを設定していくことで、より効果的な改善施策を行えるようになり、大きな成果を達成することが可能です。

期間を定めて分析と改善を行う

期間を定めてデータ収集を行い、分析と改善を行うことも重要です。

設定したKPIを中心に、動画の再生時間ごとの離脱率やコンバージョン率などを確認することで、施策の改善点を洗い出します。

YouTubeでは再生時間ごとの離脱率なども確認できるため、動画コンテンツ自体の問題点を確認することが可能です。

また、クリック率が高いのにコンバージョン率が低いのであれば、動画コンテンツではなく遷移先のLPなどに問題があると判断することができます。

収集したデータから課題を見つけ出し、改善していくことができれば、短期で求めている成果を達成することができるでしょう。

YouTube動画の制作費用

YouTube動画の制作費用は、動画のクオリティによって大きく変動します。

広告に使うようなクオリティ高い動画の制作を依頼するとなるとある程度の予算は必要になりますが、一般的なYouTube動画程度のクオリティであれば外注でも数万円程度で済むことも多いです。

YouTubeマーケティングを行う際には、動画制作にかけられる予算に合わせて手法を検討するというのも、有効な手段といえるでしょう。

テレビCM並みのクオリティの場合

テレビCMのようなハイクオリティな動画の制作を依頼する場合、動画の内容によって金額は大きく変動します。

例えば、アニメーション動画の場合はイラストなどの素材費が必要になりますが、実写のように役者や撮影スタッフの人件費、機材費などがかからないため、割安で済むことが多いです。

相場としては、簡単なアニメーション動画の制作で30万円程度、実写の場合は100万円程度かかると見積もっておいた方が良いでしょう。

動画制作費は企業によって大きく異なるため、なるべく低コストで動画制作ができる企業を探すのも有効な手段です。

一般的なYouTube動画の場合

一般的なYouTube動画のようなクオリティの動画を外注する場合、撮影は自社で行い、編集を外注するケースが多いです。

編集は基本的にカットやテロップ入れが中心となるため工数が少なく、金額も2~3万円程度で済みます。

上記のような編集はツールの操作方法さえ覚えれば編集初心者でも行えるものなので、費用を抑えたいのであれば担当者が編集を習得してしまうのも一つの手です。

自社で編集を行う場合は、動画編集ツールを別途購入する必要があります。

代表的な動画編集ツールである「Adobe Premiere Pro」は毎月2,480円、「Final Cut Pro X」は一括36,800円で購入が可能です。

まとめ:YouTubeマーケティングでは分析と改善が特に重要

YouTubeマーケティングについて解説してきました。

動画広告市場がどんどん拡大している現代において、YouTubeを活用したマーケティングは今後さらに活性化していくことでしょう。

YouTubeマーケティングにおいて最も重要なのが、各データの理解とKPIの設定です。

YouTubeではデータを細かく収集できるため、上手く活用すれば施策の問題点を容易に発見することができます。

結果的に短期で効率的な改善が行えるため、期待した成果が出しやすくなっているのが特徴です。

YouTubeを上手に活用し、効率的な動画マーケティングを行っていきましょう。


仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディア「Smarf」の最新記事
ビジネスノウハウに関する最新トレンド
営業・マーケティング・人事・あらゆる仕事の業務効率化に関するお役立ち情報
などが届くSmarf(スマーフ)のメールマガジン配信中!

今ならお役立ち資料2点プレゼント中

YouTubeマーケティングの有用性|主な手法からポイントまで紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

PICK UP おすすめ記事


RANKING 人気記事


ノーコードツール選び方ガイドのバナー

メルマガ登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント!

目次
閉じる