インフルエンサーマーケティングとは?基本の「き」を解説します!

インフルエンサーに関する記事のアイキャッチ画像

SNSの台頭によって、今まで以上にインフルエンサーの影響力が増してきています。

インフルエンサーの知名度を利用したインフルエンサーマーケティングは、短期間で大きな成果を期待できる反面、良く知らずに行うと炎上やステルスマーケティングになってしまうリスクがあるため、施策を行う前にしっかりと仕組みを理解することが重要です。

当記事では、インフルエンサーマーケティングの概要からキャスティング方法、成功するためのポイントなどを解説していきます。

目次

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、特定の界隈において影響力を持つ著名人(インフルエンサー)にSNSなどの媒体を通して商材を宣伝・PRしてもらうことで、多くの消費者の購買意欲を高めるマーケティング戦略です。

インフルエンサーには一般的な知名度の高い芸能人の他、YouTuberや有名ブロガー、各SNSで多くのフォロワーを獲得している人物など、各媒体で影響を持っている人物が選定されます。

インフルエンサーのフォロワーをそのまま見込み顧客として扱うことができるため、マーケティングで悩みどころになりやすい集客について心配する必要ありません。

また、顧客から見れば自身にとって影響力の強い人物が広告塔に立っていることになるため、商材に対してプラスの第一印象を持ってもらえる可能性が高いのが特徴です。

インフルエンサーマーケティングの効果

インフルエンサーマーケティングの最大のメリットは、インフルエンサーのフォロワーに対し、確実に情報が届くことです。

フォロワーはインフルエンサーの発信を各媒体で逐一キャッチしています。SNSであれば発信して内容が確実にタイムラインなどで流れてきますし、YouTubeなどの動画の場合は通知が届くように設定すれば、新作動画を見逃すことはありません。

つまり、インフルエンサーが何かを紹介すれば、彼らのフォロワーがほぼ確実に紹介されたモノの情報を目にすることになるのです。

特にYouTubeなどの動画プラットフォームでは、実際の使い方や操作方法などについても動画で詳しく説明できるため、視聴者に対して認知獲得(リードジェネレーション)から商品の理解(リードナーチャリング)まで行うことができます。

また、SNSやYouTubeではリプライやコメントによるユーザーの反応も確認することができるため、ユーザーの感情面も考慮した施策の改善を行うことも可能です。

以上のように、インフルエンサーマーケティングでは一定の顧客に対して確実かつ効率的にマーケティングを行うことができます。

ただし、インフルエンサーは発言の影響力が高いため、不用意な発言で炎上し、社会の信用を落としてしまうことも多いです。

もしインフルエンサーに商材の宣伝を依頼した後に炎上されてしまうと、インフルエンサーとともに自社のブランドイメージを落としてしまう可能性があります。

また、インフルエンサーがPRであることを公表しないで商材の宣伝を行ってしまうと、ステルスマーケティングとなってしまうため注意が必要です。

上記のようなリスクを回避するためにも、インフルエンサーマーケティングを行う際にはインフルエンサーの管理が特に重要になってきます。

インフルエンサーのキャスティング方法

インフルエンサーのキャスティング方法

インフルエンサーのキャスティング方法は、大きく分けて以下の3種類です。

近年では、プラットフォームや分析ツールの登場により、比較的容易に最適なインフルエンサーをキャスティングすることが可能になっています。

インフルエンサーのキャスティング方法

詳しく見ていきましょう。

プラットフォームを利用する

まずはプラットフォームを利用したキャスティング方法です。

近年、宣伝を行いたい企業とインフルエンサーの間に入り、円滑にインフルエンサーの選定や交渉を行えるように環境を整えるサービスを行っている企業が増えています。

プラットフォームを利用すれば、紹介する商材に最適なインフルエンサーを簡単に選定できる他、施策の管理をプラットフォームが持つ独自のツールを用いて行えるため、実務を簡略化することが可能です。

プラットフォーム上でのインフルエンサーの選定方式には、大きく分けて「指名型」と「公募型」があります。

「指名型」は企業がインフルエンサーを直接指名する方式です。確実に依頼したいインフルエンサーを指名できるのがメリットですが、インフルエンサーの魅力や客層などをしっかりと理解しておく必要があります。

対して「公募型」は、プラットフォームに登録しているインフルエンサーからの応募を待つ形式です。

企業側がインフルエンサーを選定しなくても、インフルエンサー側が自身に向いていると感じた案件に応募してきてくれるため、自然と商材に合ったインフルエンサーが集まりやすいのが特徴といえます。

しかし、応募がない限りインフルエンサーと交渉できないため、指名型のように特定の人物を指名することができないのがデメリットです。

プラットフォームを利用する際には、登録しているインフルエンサーも吟味しつつ、選定方式が「指名型」か「公募型」かをよく確認しておきましょう。

コンサルタントに依頼する

コンサルタントに依頼するのも有効なキャスティング方法です。

インフルエンサー専門のコンサルタントに依頼して、エンゲージメント数やフォロワーの層、インフルエンサー自身の性質を加味した最適な人物をキャスティングしてもらいます。

コンサルタントは選定だけでなく効果測定や改善のアドバイスまで行ってくれる場合も多く、インフルエンサーマーケティングのノウハウがなくても安心して施策を行うことが可能です。

ただし、他のキャスティング方法よりは費用がかかる可能性が高いため、サポートしてもらえる実務のコストなども加味し、よく吟味することが重要になるでしょう。

分析ツールを使用する

分析ツールを使用して宣伝に最適な人物を選定し、直接キャスティングする方法です。

分析ツールでは登録されたインフルエンサーの各SNSにおけるフォロワー数や年齢層、男女比、インフルエンサー自身の発信の傾向などをデータとして見ることができ、商材を宣伝するのに最適な人物を容易に選定できるようになっています。

インフルエンサーと直接交渉したい場合に有効な方法で、中間業者が入らない分、コストも抑えることができるのが大きなメリットです。

ただし、施策に関するサポートが得られないため、ノウハウがない間は試行錯誤になってしまうというリスクがあります。

以上のように、各キャスティング方法にはメリットとデメリットが存在するので、自社のスタイルに合った方法を選ぶことが重要です。

キャスティング方法メリットデメリット
プラットフォーム手軽にインフルエンサーを選定できる

プラットフォーム独自のツールが使える

登録しているインフルエンサーにしかアプローチできない
コンサルタント専門家の意見を聞ける

施策のサポートが受けられる

他の施策よりも費用がかかる可能性が高い
分析ツール自社の裁量で自由にインフルエンサーを選定でき

中間マージンがないため低コスト

インフルエンサーに直接交渉を行う必要がある

サポートがないためノウハウが必要

インフルエンサーマーケティングを成功させる4つのポイント

インフルエンサーマーケティングを成功させる4つのポイント

インフルエンサーマーケティングは上手く活用することで高い効果を発揮しますが、運用方法を間違えると成果が得られないだけでなく、大きな問題に発展してしまう可能性があります。

インフルエンサーマーケティングを成功させたいのであれば、以下のポイントに注意して施策を行いましょう。

インフルエンサーマーケティングを成功させる4つのポイント

詳しく見ていきましょう。

マーケティングの目的を明確にする

マーケティングの目的を明確にすることは、どのような施策をとる上でも重要です。

例えば、施策の目的が認知獲得なのか購買意欲の向上なのかでも、交渉すべきインフルエンサーは大きく変わってきます。

認知獲得までが目的なのであればSNSの拡散力が有用になりますし、購買意欲の向上までを目的にするのであれば、YouTubeなどの動画媒体の方が商品の魅力を十分に伝えることが可能です。

また、エンゲージメント数やクリック数などのKPIを設定しておくことも、施策がコストに見合ったものであったかを判断する上で重要になります。

効果的なマーケティングを行うためにも、目的を明確化はしっかりと行うようにしましょう。

商材やターゲット層に合ったインフルエンサーを選定する

マーケティングの目的が明確になったら、商材に合ったインフルエンサーを選定しましょう。

いくらインフルエンサーが優秀で高い人気を誇っていたとしても、普段発信している内容とと全く違う商材を宣伝させてしまっては、大きな効果を得ることはできないでしょう。

インフルエンサーマーケティングを成功させたいのであれば、インフルエンサーの客層や性質を理解し、商材に合った人物を選定することが重要です。

インフルエンサーを選定する際には、フォロワー数や客層だけでなく、各インフルエンサーの普段の発信内容もよく吟味するようにしましょう。

ステルスマーケティングにならないよう注意する

インフルエンサーがPRであることを公表せずに商材の宣伝をしてしまうとステルスマーケティングになってしまいます。

日本ではステルスマーケティングに対する明確な規制の基準が定まっていませんが、景品表示法をはじめとした各種法律に抵触してしまう可能性があるため、特段の注意が必要です。

インフルエンサーマーケティングを行う際には、インフルエンサーが発信する発信内容を事前に確認するなどし、ステルスマーケティングにならないようにしましょう。

インフルエンサーの魅力が発揮されるように柔軟に管理する

インフルエンサーマーケティングには炎上などのリスクもあるため、企業としてはどうしても厳重に管理をしたくなってしまいます。

しかし、あまりにインフルエンサーに対する拘束を厳しくしてしまうと、インフルエンサー自身の魅力が発揮されず、大きな成果が発揮されない可能性が高いです。

インフルエンサーマーケティングを行う際には、管理体制を画一化せず、インフルエンサーごとの正確や魅力を最大限生かせるような管理方法を臨機的に行っていくのが良いでしょう。

インフルエンサーを選ぶ際に確認したい数値・項目

インフルエンサーを選ぶ際に確認したい数値・項目

インフルエンサーを選定する際に確認したい数値や項目には以下のようなものがあります。

インフルエンサーマーケティングを成功させる4つのポイント

詳しく見ていきましょう。

エンゲージメント数

インフルエンサーを選定する際にはフォロワー数に注目してしまいがちですが、フォロワー数以上に確認しておきたいのがエンゲージメント数です。

エンゲージメント数とは、SNSなどの投稿に対する反応の数になります。例えばTwitterでは、「いいね」、「返信」、「リツイート」の数と、詳細のクリック数を合計した数がエンゲージメント数としてカウントされます。

普段の投稿に対するエンゲージメント数を確認することで、インフルエンサーの投稿を特に注視している層がどの程度いるのかを確認することが可能です。

エンゲージメント数が高いインフルエンサーほど、いざ施策を行った際にフォロワー数に見合った成果を期待することができるでしょう。

男女比・年齢層

フォロワーの男女比や年齢層は、目的に合ったインフルエンサーを探す際の重要な指標になります。

インフルエンサーを選定する際には、フォロワーの層をしっかりと確認し、商材のターゲット層のフォロワー数が多い人物を選ぶようにしましょう。

利用媒体

インフルエンサーが利用している媒体も、確認しておきたい項目です。

インフルエンサーマーケティングでは施策を行う媒体によっても大きくターゲット層が変わってきます。

例えば、Facebookは利用者の年齢層が高く、ビジネス用途で使用している人が多いのに対し、TikTokは利用者の大半が10代~20代の若者です。

インフルエンサーマーケティングを行う際には、媒体ごとの特徴を理解し、商材に合った媒体で活躍しているインフルエンサーを選定することが重要になります。

費用相場

インフルエンサーに依頼する際の費用の相場も知っておきたいところです。

一般的に、インフルエンサーに支払う報酬は「フォロワー単価」と「インフルエンサー単価」という2種類の体系で決定されます。

フォロワー単価は、インフルエンサーが抱えているフォロワー数1人あたりに単価が設定される方式で、1.5円〜5円程度であることが多いです。

例えば、フォロワー単価2円でフォロワー数10万人のインフルエンサーに宣伝を依頼する場合、20万円の報酬を支払うことになります。

インフルエンサー単価はインフルエンサーごとに単価が設定されている報酬体系で、フォロワー単価よりもシンプルです。

多くの場合、インフルエンサーのフォロワー数が多い場合はインフルエンサー単価の方が割安になります。

フォロワー単価は単価が少し変わるだけで金額が大きく変化するので、安易に単価を上げすぎないよう注意しましょう。

まとめ:インフルエンサーマーケティングではターゲティングとインフルエンサーの管理が重要

まとめ:インフルエンサーマーケティングではターゲティングとインフルエンサーの管理が重要

インフルエンサーマーケティングの効果やキャスティング方法などについてお話ししてきました。

インフルエンサーマーケティングにおいて重要になるのは、ターゲットの明確化とインフルエンサーの管理です。

ターゲティングをしっかり行えば、効果が見込める利用媒体や狙うべき年齢層などが見えてくるため、最適なインフルエンサーの選定がしやすくなります。

また、インフルエンサーを管理する際には、インフルエンサーが持つ個性や魅力を潰さないよう、柔軟に管理していくことが重要です。

基本的には発信内容を事前に確認する際に、禁則事項に抵触していないのであれば内容には手を加えず、自由度を持たせて発信してもらうようにするのが有効でしょう。

効率的なマーケティング戦略を実現するために、是非インフルエンサーマーケティングの導入を検討してみてください。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる