【情シス必見!】生産性向上の方法とは?業務の改善方法を解説

生産性向上はIT部門の開発現場こそ必要!その理由と改善方法を解説

生産性向上は現代の全ての企業に共通する課題であり、多くの企業は現場へのITツールの導入などを行うことで、業務改革を行う流れが一段と加速しています。

ITツール活用により、各部門の生産性が少しずつ向上していますが、システム開発や導入を指揮するIT部門の生産性は依然として非効率なままなのです。

これだけ生産性向上が叫ばれている中で、依然としてIT部門は何十年も前から変わらないシステム開発手法や業務を続けている状態です。

生産性向上を実現するために、企業が最優先に改善すべきはデジタル化推進を担うIT部門の生産性です。

本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、IT部門こそ生産性向上を実現すべき理由と改善方法を紹介します。

目次

IT部門が生産性向上の足枷になっている

企業では業務システム開発やツール導入により、部署ごとに業務改革による生産性向上が進んでいますが、システム開発やツール導入を先導するIT部門の業務改革には手が付けられていない企業がほとんどです。

IT部門が機敏に動くことができない状態では、業務改革のための迅速なシステム開発や導入が進まず、企業全体の業務改革を阻害する結果になっています。

ここではIT部門のどのような理由で生産性向上を阻んでいるのかを解説していきます。

システム開発サイクルが長い

情報技術の進化によって、新たな技術やシステム開発方法が登場しているにも関わらず、IT部門は旧態依然の方法でシステム開発を行っています。

多くの企業では社内の業務システムなどを開発するために半年、長ければ1年以上の時間をシステム開発に費やしています。

システム開発サイクルが長いと、要件定義中のビジネス環境と完成した時点のビジネス環境に乖離が出てしまい、使い物にならないシステムに時間をかけていたなんてことも珍しくありません。

また、開発プロジェクトが完了するまで、エンジニアを抑える必要がある種、システム開発中はエンジニアを他のプロジェクトに回すことができず、開発案件完了まで他のシステム開発に着手できず、システム化による業務改革を停滞させることになります。

通常の部署であれば業務をいかに効率よく行うかという観点で仕事の仕方を改善していますが、IT部門も同様にいかに効率よくシステム開発できるかという観点でのシステム開発手法の改革が必要なのです。

現場のシステム化ニーズに追い付いていない

現場には業務改革に繋がるシステム化のアイディアはあるが、IT部門に相談するとシステム化できない理由を山ほど提示され、システム化が頓挫するケースが見受けられます。

現場が業務改革のアイディアを生み出しIT部門に相談しても、IT部門は「リソースが足りない」「既存業務で時間がない」などを理由としてシステム化することができずにニーズを放置する事態が発生しているのです。

この原因は、日本国内の全ての企業のIT部門が慢性的な人材不足に悩まされており、新しいことに取り組みリソースがないためです。

IT部門も楽をしたいからシステム化できない理由を出しているわけではなく、業務改革のためのシステム開発やシステム企画を行うリソースを捻出することができないのです。

経済産業省が行った「IT人材供給に関する調査」によると、2025年に36万人、2030年で45万人のIT人材が不足すると予測されており、人材不足問題が解決する見込みもない状態です。

業務の課題を1番理解しているのは現場であり、現場からのシステム化のニーズこそIT部門が最も重要視すべき意見ですが、人手不足が原因で貴重な現場のニーズにIT部門が対応できていないのです。

レガシーシステムが業務負荷を増大

企業の抱えるレガシーシステムがIT部門の業務負荷を増大させ、本来行うべき攻めのIT投資や業務改革に着手できなくなっています。

レガシーシステムとは「古くなって時代遅れとなったシステム」を指し、導入してから時間が経過したシステムに使われている技術や機能がビジネスモデルの変化に対応できなくなっている状態を指します。

レガシーシステムとして挙げられるのが、業務の中枢を担う基幹システムです。

基幹システムは組織全体に張り巡らされたシステムで、機能追加や修正が何度も行われたことで、システムの内部構造が複雑になり、簡単に移行をすることができないブラックボックス化されたシステムとなっていることが多いです。

DXレポート~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開」によると、およそ4割の企業がレガシーシステムの維持運営のためにIT予算の90%以上を費やしており、レガシーシステムの保守・運用業務が属人化していると考える企業が6割以上となっています。

ただでさえ、リソースの少ないIT部門がレガシーシステムの保守運用業務に時間を取られ、攻める投資ではなく、既存システムを運用するために部署予算の90%を費やしていたのでは、業務改革などの攻めのシステム投資に使う時間や予算を捻出することは不可能です。

レガシーシステムを抱える限り、IT部門は攻めるためのIT投資やDXの企画などに積極的に関わることはできず、いつまで経ってもボトルネックのままとなります。

IT部門が生産性を高めるためにすべきこと

企業が生産性向上を実現するためにはIT部門が既存システムを守るための業務ではなく、主体的に動けるような環境を作り上げる必要があります。

そのためにはIT部門の働き方や環境を抜本的に変える必要があります。

ここではIT部門が生産性を高めるためにすべきことを紹介していきます。

ノーコードツールを用いたシステム開発を行う

IT部門の生産性向上を実現するためには、従来の開発方法から質を落とさずにシステム開発の高速化を実現することができるノーコードツールを活用することをお勧めします。

これまでのシステム開発は検討に数か月、開発期間が数か月から半年、長ければ1年というが当たり前で、1つのプロジェクト稼働中は他のシステム企画は一切動くことができない状態でしたが、IT部門はこの長い開発サイクルから脱却する必要があります。

その手段として、プログラミングを行わずに短期間でシステム開発が行えるノーコードツールを活用した新しいシステム開発手法が登場しています。

ノーコードツールを活用すれば、従来のシステム開発手法で必要だった開発期間を大幅に短縮することに加え、IT部門が関わらずとも現場主導でシステムを構築することが可能になります。

ノーコードツールは汎用的なシステムが開発できるものから特定分野に開発特化したものまで、様々な用途のツールが登場しているので、目的に適したツールを活用することでシステム開発業務を効率化することが可能です。

レガシーシステムの刷新

IT部門の生産性向上を実現するには、社内に存在するレガシーシステムの刷新が必要不可欠です。

DXレポート~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開」によるとレガシーシステムを抱えた企業は、2025年以降にデジタル競争の敗者になると提言されており、企業の行く末を左右する重要な課題になっております。

レガシーシステムを保有し続ける限り、IT部門は保守・運用などの守りの業務から抜け出すことができず、生産性向上を実現する業務改革の推進はもちろん2025年の崖を超えるためのデジタル変革を遂げることができません。

IT部門はシステムの保守・運用する部署ではなく、生産性向上を目的としたデジタル改革の企画・立案やデジタル戦略を推進する攻めのIT部門に変化する必要があります。

レガシーシステムを移行するには多くに開発費用が必要であり、移行失敗のリスクにも向き合う必要がありますが、レガシーシステムを捨てることを先延ばしにしている限り、生産性向上は実現せず、デジタル敗者となることは明確であるため早急に対策を打つ必要がある課題なのです。

レガシーシステムをリプレイスをする手段の1つとして挙げられるのが、ノーコードツール「Microsoft PowerApps」を活用した基幹システム構築です。

ノーコードツールの強みは、一つのプラットフォームに拘束されることなく、拡張性高く開発できることです。

PowerAppsはMicrosoft Officeとの連携はもちろん、Salesforce、SAP、Oracleなどの外部システムと連携した横断的システム開発が可能なため、既存の業務を大きく変えることなくレガシーシステムのリプレイスを行うことが可能です。

【まとめ】ノーコードツールの活用でIT部門は攻めの部門にシフトすることが可能

この記事では企業が生産性向上を実現するためには、IT部門の生産性向上が必須である理由と改善方法を紹介しました。

どれだけ社内がITを活用した業務改革に前向きであっても、IT部門がその改革の波を止めてしまうボトルネックになっていては、いつまで経っても企業全体の生産性向上は実現しません。

生産性向上を実現するにはIT部門が従来の非効率なシステム開発やレガシーシステムの保守・運用にリソースを割いている状態から脱却して、担う攻めの部門に変貌を遂げる必要があります。

IT部門が攻めの部門にシフトするには、非効率なシステム開発手法から改革する必要があり、その役目を担うのがノーコードツールです。

システム開発に必要な工数をノーコードツールで省力化し、生まれた余力を業務改革や新たなシステム化ニーズに回すことで、新たな価値創造に貢献し、攻めのIT部門としての役割を果たすことに繋がります。

国内外でノーコードツールを活用したIT部門主導のデジタル改革やDXが生まれているので、それらを参考に、IT部門の業務改革に取り組むのはいかがでしょうか。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる