『良かったです』は敬語?正しい使い方や言い換えを例文で解説!

『良かったです』は敬語?正しい使い方や言い換えを例文で解説のアイキャッチ画像

「良かった」や「良かったじゃん」という言葉は日常会話でよく使われる言葉かと思います。

しかし、実際にそれをビジネスシーンで丁寧に言おうとすると『良かったです』という表現でいいのかどうか迷う人も多いのではないでしょうか?

間違った敬語表現を使ってしまうと、受け手によっては悪い印象を持つ人もいるので注意したいですよね。

この記事では、

  • 『良かったです』の意味
  • 『良かったです』はそもそも敬語なのか
  • 『良かったです』をビジネスシーンで使う場合の正しい表現や状況別における言い換え表現

などを紹介していきます。

敬語表現は知ってさえいれば簡単に使うことができるので、ぜひ最後までご覧ください。

¥1,100 (2021/09/25 16:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

『良かったです』の意味と敬語表現

『良かったです』は主に、安心した時やうれしく思った時などプラスの印象のときに多く使われます。

この章では、その具体的な意味や、より丁寧な敬語表現をご紹介します。

『良かったです』の意味は?

『良かったです』は、「物事がうまくいっている、安心する」などの意味を持つ「良い」の過去形「良かった」に、丁寧語の「です」が付いた丁寧語の敬語になります。

『よかったです』は敬語になるので同僚や仲の良い先輩に使っても差し支えない表現になります。

『良かったです』のより丁寧な敬語表現

『良かったです』は敬語ではありますが、少しくだけた敬語表現になります。

したがって、上司や取引先相手に使う場合は、語尾の「です」よりもさらに丁寧な表現を使った方が望ましいでしょう。

『良かったです』の敬語表現は『よろしかったですね』という丁寧語

『良かったです』よりさらに丁寧な表現として『よろしかったですね』という言葉があります。

これは、「よい」の丁寧な言い方「よろしい」と「です」がくっついた表現です。

さらに丁寧な表現として、「です」を「ございます」に換えた『よろしゅうございます』という表現があります。(「よろしゅう」は「よろしい」の連用形であり、方言ではありません。)

ただ、現代の言葉使いではこれらの表現は一般的に馴染みがなく、言葉に違和感があり逆に受け手に失礼になる可能性もあります。

ビジネスシーンで『良かったです』を使う場合は、状況にあわせて他の敬語に言い換えて使った方がいいと考えられるでしょう。

『良かったです』のビジネスシーンでの使い方と例文

「良かったです」は丁寧さに欠け、「よろしゅうございました」では堅苦しい表現になってしまうので、これらを使う時は状況にあわせて他の表現を使った方がいいでしょう。

ここでは具体的な表現と使う状況を紹介していきます。

嬉しく思います/喜ばしい限りです

「自分の気持ちが明るい」ことを表現したいときは「嬉しく思います」や「喜ばしい限りです」を使います。

「嬉しい」は自分が嬉しいと感じたとき、第三者のことに対して嬉しく感じたときに使い、「喜ばしい」は誰かが喜んでいることに対して、自分も嬉しく思っているときに使います。

また、「思います」を謙譲語の「存じます」に変えることで、「嬉しく存じます」というより丁寧な敬語表現に言い換えることもできます。

嬉しく思います/喜ばしい限りですを使った例文

お気遣いくださって、嬉しく思います。

そう言っていただき、喜ばしい限りです。

何よりです

「何よりです」は「何よりも一番嬉しい」という意味を持つ表現で、相手の状況などに対して自分の気持ちを伝えるときに使います。

汎用性が高く、使いやすい表現ではありますが、多用しすぎると「本当に思っているのか?」と相手に思わせ失礼になる可能性があるので注意しましょう。

また、「何よりです」よりさらに丁寧な表現に「何よりでございます」があります。

何よりですを使った例文

お役に立てて、何よりです

お元気そうで何よりです。

安心いたしました/安堵しました

「安心」とは、「気にかかることがなくなって、心が落ち着くこと」を意味し、「安堵」は「物事がうまくいって、心が落ち着くこと」を意味します。

上司や取引先に安心したことを伝えるときに「安心いたしました」や「安堵しました」を使いましょう。

安心いたしました/安堵しましたを使った例文

おかげさまで安心いたしました

何事もなく、安堵しました

ありがとうございます/~さんのおかげです

相手に感謝を伝えるときは、「ありがとうございます」をそのまま使うといいでしょう。

また、上司や取引先の相手に褒められた場合などは「〜さんのおかげです」を使うと謙虚な印象を与えることができます。

ありがとうございます/~さんのおかげですを使った例文

お心遣いいただき、ありがとうございます

〜さんのおかげで、この度は成功いたしました

お役に立てて光栄です

「光栄」とは「名誉に思うこと、誇りに思うこと」を意味します。

上司や取引先から称賛されたときの返事として「お役に立てて光栄です」を使うと良いでしょう。

お役に立てて光栄ですを使った例文

この度は、〜さんのお役に立てて光栄です

そういっていただき、大変光栄です

『良かったです』をビジネスメールで使う際の例文

『よかったです』は、相手から何かリアクションを受けた時の返答として使う場合が多いと思います。以下ではメールで感謝や報告を受けた場合の返答例を紹介します。

お客様から感謝のメールが届いた時

わざわざお礼の連絡をいただき、ありがとうございます

お礼のメールをいただき、大変嬉しく思います

お役に立てて、何よりです

不都合がなく、安心いたしました

貴社のご活躍、大変喜ばしい限りです

ビジネスメールでの実際の例文

件名:Re:○○の件

株式会社XX
〇〇部 〇〇様

お世話になっております。
株式会社XXの〇〇です

わざわざお礼の連絡をいただき、ありがとうございます。

追加のご要望やご質問などがございましたら、お気軽にご連絡いただきたく存じます。

それでは今後ともよろしくお願い申し上げます。
――――――――――――――――――
株式会社○○○○
マナー覚える部
ビジネス 太郎
〒000-0000 東京都新宿区○○
Email: 〇〇@〇〇.co.jp
TEL:00-0000-0000
FAX:00-0000-0000
WebサイトURL: http://〇〇.com/
――――――――――――――――――

ビジネスメールの書き方やマナーについての詳しい内容は過去記事でご紹介しているので、詳しくは以下をご覧ください。

関連記事:【テンプレあり】メール署名の書き方・マナーを文例付きで解説!

上司からいい報告・知らせを受けた時

お褒めの言葉をいただき、大変光栄に思います

成功し、安心いたしました

成功したのは、〜さんの助力のおかげです

そう言っていただき何よりです

そのような結果になり、嬉しく思います

上司から良い報告を受けた時の実際の会話例

上司

この前の君が作った企画書すごくよかったよ

自分

お褒めの言葉をいただき、大変光栄に思います。これまでの○○さんのご指導のおかげです!

ビジネスシーンで使える敬語がすぐに身につくビジネス書籍2選

最後に敬語に関するおすすめ本を二冊紹介しようと思います。

例文が豊富に載っていて実践的なものを選んでみました。ぜひ参考にしてみてください。

『すぐに使えて、きちんと伝わる 敬語サクッとノート』

一冊目はNHKで敬語の講座で指導を行っている山岸弘子先生が出しているすぐに使えて、きちんと伝わる 敬語サクッとノート』です。

掲載されている例文が『よかったです』のように普段使ってしまいそうなものが使われているので、非常に勉強になります。とても基本的な内容なので、まだ敬語に関する本を読んだことがない方におすすめの一冊です。

¥1,100 (2021/09/25 16:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『そのまま使える!ビジネスメール文例大全』

二冊目は『そのまま使える!ビジネスメール文例大全』です。

こちらの本は、なんと366の文例が掲載されています。様々なシチュエーションごとに文例が掲載されているため、「このような内容のメールを送りたい!」と思えばすぐに文例を見つけることができます。

ビジネスメールで使う言葉に困っている方におすすめの一冊です。

¥1,485 (2021/09/25 16:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ:『良かったです』は『嬉しく思います』『何よりです』などに言い換えて使おう

いかがだったでしょうか?

『良かったです』は一応敬語表現ではあります。しかし、上司や取引先などにはもう少し丁寧な表現を使った方がよいので、状況によって「嬉しく思います」や「何よりです」などの言葉に言い換えて使いましょう。

ちょっとした表現の違いですが、受け手によっては「ビジネスマナーが身についていない」と感じられることもあるので、正しい表現を使い分けてみてください。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる