貶す(けなす)の正しい意味とは?「とぼす」との違いを解説

貶す(けなす)の正しい意味とは?「とぼす」との違いを解説のアイキャッチ画像

貶すは「とぼす」のように誤って読んでしまう方が多い漢字のひとつです。

貶すは相手を非難する言葉として使われますが、日常的に使う機会が少ないこともあり、読み方が分からないと感じる方も少なくありません。

そこで本記事では、貶すの読み方から意味、使い方、類語まで解説します。「貶す」の理解を深めることで、正しい使い方ができるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

「貶す」の意味・読み方とは

まずは「貶す」の正しい読み方と意味を理解していきましょう。

「貶す」の正しい読み方は「けなす」

「貶す」の正しい読み方は「けなす」です。読み方が分かると耳にすることがある言葉ですね。

「貶」を使った言葉には他にも

  • 貶める(おとしめる)
  • 貶とす(おとす)
  • 貶む(さげすむ)
  • 貶(そしる)

などの多くの読み方があります。

「貶す」の意味は、悪い点を取り上げて非難すること

「貶す」の意味は「(人や物などの)悪い点を取り上げて非難すること」です。

あの人は自分よりも給料が高いのに仕事の出来が悪い

このドリンクは値段の割に全然美味しくない

このように人や物などの悪い点を取り上げて非難する行為が「貶す」行為です。

「貶す」という言葉が周囲に良い印象を持たれない言葉であるため、日常の文章のやり取りでは目にする機会が多くないかもしれません。

「貶す」の使い方・文例

「貶す」は誰か(何か)を悪く言うときに使われる言葉です。

例えば

人を貶す前にまずは自分を見直しなさい

といったように使われます。

また、他の人(物)を貶す表現の他に「自分を貶す」表現もあります。

彼は自分を貶すことで責任を逃れようとしている

こうした「自分を貶す」表現は、能力や行いを控えめに表現する「謙遜」とは異なり、自分を悲観的に見下すような表現になります。

「貶す」が「とぼす」と読み間違えられる理由

漢字の読み違えの理由、それは「漢字の構成」を原因とする場合が多くあります。

漢字は「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の組み合わせで構成されています。

「貶す」は「貝部」という偏(へん)と「乏」という旁(つくり)で構成されています。

「貶す」の旁(つくり)である「乏」という漢字は「乏(とぼ)しい」と読むため、そこから誤って「とぼす」と読み間違えられると考えられます。

「とぼす」の意味とは

「貶す」の読み間違いとして多い「とぼす」という言葉ですが、この「とぼす」という言葉自体の本来の意味はどのようなものでしょうか。

「とぼす」を漢字にすると「灯す・点す」となり、「あかりをつける」という意味を持ちます。

使い方としては「燭台の火を点す」や「ろうそくに火を灯す」などがあります。

また「灯す・点す」には古く「男女の交わり」を意味する側面もあるようです。

「貶す」と「貶める」の違いとは?

「貶す(けなす)」の意味や読み間違える理由について解説しました。

では「貶」の漢字を使った他の言葉では、どのように意味が変わっていくのでしょうか。「貶める」という言葉を参考に比較していきます。

「貶める(おとしめる)」の意味

「貶める(おとしめる)」は「劣ったものとして軽蔑する」という意味を持ちます。

「貶める」と類似する言葉として

  • 嘲る(あざける)
  • 見下す(みくだす)
  • 蔑む(さげすむ)

などの言葉があります。

しかし「貶める」には「(人を)成り下がらせる」という意味も含んでおり、その他の言葉よりもさらに悪意が強い側面を持ちます。

「貶す」と「貶める」の使い分け方

「貶す(けなす)」と「貶める(おとしめる)」は非常に似た意味を持つ言葉ですが、どのような使い分けが出来るでしょうか。

「貶す(けなす)」は人を悪く言ったり、人や物の欠点や欠陥を取り上げて責め立てる場合などに使います。

「貶める(おとしめる)」は人を悪く言うことで相手の社会的地位や信頼を低下させる場合に使います。

両者の大きな違いは「貶す」ことが単に相手の悪口を言う行為であることに対し、「貶める」ことは相手の悪口を言うことでさらに相手の評価を下げることを目的にしている側面があります。

「貶める」と「陥れる」も混同しない

「貶める」という言葉にも混同しやすい「陥れる(おとしいれる)」という言葉があります。「陥れる(おとしいれる)」の意味は「相手をだまして(罠にかけて)苦しい立場に追いやる」です。

「貶める」行為は悪口を言って相手の評価を下げるという「多少の悪意」を含んでいますが、「陥れる」行為には「明確な悪意」が存在していることが大きな違いです。

まとめ|「貶す」は読み方・使い方に注意

本稿では「貶す(けなす)」という言葉について学んできました。「貶す」は「相手の悪い点を取り上げて非難すること」です。

人を貶す前にまずは自分を見直しなさい

といったように使用します。

「貶す」「とぼす」のように読み方を間違えてしまうと、近しい方からのアドバイスを正しく受け取れない可能性があります。

また、人を貶す行為はほとんどの場合で周囲に良い印象を持たれない行為です。正しく意味を理解して、日常生活の中で相手を貶すようなことはしないよう心がけていきましょう。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる