電話代行サービス比較5選!特徴・機能・価格まで徹底解説!

電話代行サービス比較5選!特徴・機能・価格まで徹底解説!のアイキャッチ画像

「電話の取りこぼしを防いでビジネスチャンスを増やしたい」「電話対応が面倒なので要件だけ知りたい」
このようなときにおすすめなのが、電話代行サービスです。電話代行サービスを活用すれば、プロのコールスタッフが自社に代わって顧客対応をしてくれるため、他の業務に集中できるようになります。

しかし電話代行サービスを導入する上で、

  • 自社に合う電話代行サービスはどれかわからない
  • 電話代行サービスをどういった基準で選べば良いかわからない

といったことに悩まれる方もいるでしょう。

そこで、本記事ではIT製品・サービスの口コミ投稿サービスを運営する「Smarf」が、それぞれの電話代行サービスの特徴、機能、料金などを比較しながら紹介していきます。

業務の効率化・省人化により生産性向上を図りたい企業経営者様や、カスタマーサクセス部門のご責任者様はぜひ最後までご覧ください。

目次

電話代行サービスとは?

電話代行サービスとは、自社の電話対応業務を社外の電話オペレーターに依頼できるサービスです。

専門の教育・研修プログラムを受け、経験豊富な専門人材が迅速かつ丁寧な対応により、電話取りこぼしによる機会損失を防ぐだけではなく、業務効率化や信頼向上にも繋がります。

近年、新型コロナウイルス感染拡大の影響によるリモートワークの増加に伴い、オフィス内に人が少なくなっているため、電話対応業務が省人化された企業も少なくありません。

しかし顧客側の立場になれば、問い合わせをしてもなかなか繋がらない状況は不都合を感じるもの。そのため、たとえオフィスに人が少なかったとしても、確実に問い合わせに対応できる仕組みを作ることが大切です。

電話代行サービスを選ぶ際のポイント

本項では、電話代行サービスを選ぶ際のポイントを解説します。

電話代行サービスを比較検討する際のポイントは

  1. コールスタッフの教育体制を確認する
  2. 月間の電話件数と代行費用が見合うか確認する
  3. コール内容の伝言方法について確認する

といった3つが挙げられます。

それぞれの詳細について解説をしていきます。最適な電話代行サービスの基準というのは企業によって異なりますが、比較検討時の参考としてご覧ください。

オペレーターの対応の質を確認する

電話代行サービスのオペレーターは自社に代わって電話応対を行うため、受け答えや言葉遣いといったコミュニケーション能力はもちろん、問い合わせに対して自社の社員のように的確な受け答えができるかが非常に重要です。

そのため、在籍オペレーターの質に問題がないか、あらゆる情報を通して確認することをおすすめします。例えば、実績・口コミなどが参考になります。

また、人材育成に力を入れているか、スタッフの教育システムなどについても企業サイトなどで確認すると良いでしょう。

依頼内容に対して費用が見合うか確認する

電話代行サービスでは、サービスによって得意な業界・業種や対応内容が異なります。代行費用も企業によって異なるため、いくつかの代行サービス候補を絞り、相見積もりを取り比較することをおすすめします。

しかし、最終的にはパフォーマンスが最も大事ですので、トライアルなども利用し支障なく対応してもらえるか確認すると良いでしょう。

受電内容の共有方法について確認する

オペレーターの受電内容を共有する方法にはいくつかの手段があります。

例えば、内線取次やメールのほか、ビジネスチャットを使った共有も可能です。電話代行サービスによって対応している共有方法が異なるため、どの共有方法が自社にとって効率的であるか検討しておきましょう。

対応可能時間を確認する

電話代行サービスでは、対応する時間帯によって料金が異なります。当然ながら深夜帯や土日祝日などは料金が割増となります。

そのため、平日の昼間だけにするのか、深夜帯や週末も含めて依頼するのかとったように、時間帯・曜日をどこまで依頼するのかはあらかじめ検討することで、おおよその費用感がわかります。

電話代行サービス比較5選

本項では、Smarfおすすめの電話代行サービス5選を比較解説します。各社サービスによって、特長・機能・費用などが異なります。

中には無料トライアルができる電話代行サービスもありますので、理解を深めるために早速試してみることをおすすめします。

BusinessCall(ウィズ・プランナーズ株式会社)

BusinessCallの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「BusinessCall」公式サイト

概要

「BusinessCall(ビジネスコール)」は、個人事業主・スタートアップに最適な電話代行サービスです。

月額5,000円のリーズナブルな価格設定、さらに土日祝日を含めた365日対応で料金加算なし。9時〜21時までの必要な時間帯だけ依頼可能なので、受電漏れによるビジネスチャンスロスを防ぎます。

受電内容はメールのほかにChatWorkへの通知も可能なので、外出先でもスマホからリアルタイムで確認できます。

さらに、BusinessCall独自の研修でスキルを磨いた経験豊富なオペレーターにより、高品質な対応を実現。電話応対業務を安心して任せることで、本業に集中することが可能です。

特徴

  • 365日、土日祝を含めた9時〜21時対応を月額5,000円〜低価格で提供
  • 独自の研修でスキルを積み重ねた高品質なオペレーター対応
  • 法人だけではなく個人での利用も可能

導入時の注意点

営業電話のお断り対応は行っておらず1件対応ごとにコール数にカウントされます

無料プラン有無

なし

費用

プラン名初回設定費用月額料金コールオーバー単価
スタンダードプラン15,000円5,500円(税込)176円(税込)
ラグジュアリープラン15,000円11,000円(税込)143円(税込)

導入企業の声

導入企業の声

他のサービスと比較すると、対応曜日、時間が幅広いのに料金が安価な点です。365日対応で10,000円(税込11,000円)は格安だと思います。他のサービスと比較するとかなり安価なので、品質についての心配がありましたが、全く問題ありませんでした。
引用:BusinessCall導入事例(弁護士法人)

導入企業の声

診療時間外の患者様の動向の把握とともに電話の取りこぼしもなくなり、スタッフ全員の休憩時間も確保でき、全体的に明るい方向に向いていると思います。また、診察時間内にも転送することによって、来院されている患者様への対応に集中できるようになりました。
引用:BusinessCall導入事例(歯科クリニック)

電話代行サービス株式会社

電話代行サービス株式会社公式サイトのトップページ画像
画像参照元:「電話代行サービス株式会社」公式サイト

概要

電話代行サービス株式会社は、設立から30年を迎え、これまでに数多くの企業の電話代行を手掛けてきた実績のある企業です。24時間365日対応なので、曜日・時間を問わず対応。

さらに業務フローはオーダーメイド型なので、企業のサービスや体制に合わせて案内方法やトーク内容の変更が可能です。

一般的な問い合わせ対応から、求人受付・クレーム対応まで様々な用途に対応。特に、不動産・士業・水道修理・ネットショップ運営においては、専門部隊を持つなど特定分野に強いことも特長です。

特徴

  • 一般企業のほか、不動産、士業、水道修理、ネットショップ専門の電話代行サービスあり
  • 24時間365日対応可能、深夜帯のみ・土日のみなど企業運営にあわせて柔軟に対応が可能
  • バーチャルオフィス、電話番号貸出、秘書代行により、低コストで営業拠点設置を実現

導入時の注意点

申し込みから業務開始まで3日〜5日ほどの準備期間を要するため、最短で導入したい場合には向いていません

無料プラン有無

なし

費用

プラン月間50コールまで月間100コールまで月間300コールまで
平日のみ25,000円〜40,000円37,000円〜52,000円95,000円〜110,000円
平日+土日祝32,000円〜44,000円44,000円〜56,000円102,000円〜114,000円

導入企業の声

導入企業の声

スタッフ面談や営業が忙しく、せっかく募集広告を出しても電話を取り漏れていたのが悩みでした。今は電話代行サービスのオペレーターさんが、しっかりとした電話応対をしてくれているので応募受付数が増加し、結果的に採用者数も増えました。
引用:電話代行サービス株式会社公式サイトお客様の声(人材派遣業)

導入企業の声

事務員さんの退職に伴い、秘書代行をお願いすることにしました。ご依頼者からのさまざまなご相談内容を正確に聴取してくれていますし、細やかな要望にも応対してくれて助かっています。結果として、以前より明らかに受任件数が増えました。
引用:電話代行サービス株式会社公式サイト/お客様の声(総合法律事務所)

CUBE電話代行サービス(株式会社大阪エル・シー・センター)

CUBE電話代行サービス公式サイトトップページ画像
画像参照元:「CUBE電話代行サービス」公式サイト

概要

CUBE(キューブ)電話代行サービスは、1948年に創業した株式会社大阪エル・シー・エスが運営する歴史と実績がある電話代行サービスです。

レンタルオフィス事業、貸し会議室事業をはじめ、さまざまなバックオフィス支援事業を手掛けてきた同社だからこそ、独自のノウハウ・知識を保有。きめ細やかな対応で業界・企業規模問わず、あらゆるビジネスの電話対応を支援します。

業界大手だからこそ、オペレーターの育成には時間・コストを掛けて徹底的な教育体制を構築。

入社後一年間は独自のコース化した研修プログラム履修を課すなど、人材育成に対する投資を惜しまず継続しているからこそ、高いレベルの対応力を実現しています。

特徴

  • 独自の研修プログラムと徹底的なマンツーマン指導により高品質のオペレーター対応を実現
  • 改良を重ね続けた自社オリジナルのCTIシステムにより、素早く・正確な対応が可能
  • 1948年に創業以来、半世紀以上にわたり数多くの企業支援を手掛けてきた豊富な実績

導入時の注意点

解約時は1ヶ月前までの申し出が必要であるため、スポット的な活用には向いていません

無料プラン有無

サービス保証制度あり

(サービス開始1ヶ月以内に効果がなかった場合、初期登録料・会費・保証金全額返金)

費用

プラン初期登録費用月額基本料月コール数
ライトプラン5,000円10,000円50回
スタンダードプラン5,000円25,000円100回

導入企業の声

導入企業の声

契約後のテスト電話や、仲の良い知人に頼んでやってもらった覆面調査電話でも特に問題なく応対いただけましたし、マニュアル一辺倒ではなく、機転を効かせた対応もしていただけているようで選んで良かったと感じています。
引用:CUBE電話代行サービスの公式サイト/お客様の声(司法書士事務所)

導入企業の声

もう7年以上利用していますが、対応には全く不満は感じていませんし、他社に変えようと思ったこともありません。いろいろお願いをさせてもらっていますけど、いつも柔軟に対応してもらっているので助かっています。
引用:CUBE電話代行サービスの公式サイト/お客様の声(Webプロモーション)

fondesk(株式会社うるる)

fondesk公式サイトトップページ画像
画像参照元:「fondesk」公式サイト

概要

fondesk(フォンデスク)は、企業や事務所の電話受付を代行し、チャットやメールにて内容を通知する電話代行サービスです。

fondeskの大きな特長は、ネット申し込みで24時間いつでもセットアップが可能。PC・スマホでかんたんな手続きを行うだけで、オペレーターによる電話対応を開始します。

対応した電話履歴は、PCやスマホでいつでも確認可能。支払い手続きまで、ネットで完了できるので、いつでも使いたいときに利用が可能です。

特徴

  • 書類提出不要。法人・個人問わず、ネット申し込みでかんたんに手続きが可能
  • 受付時間変更、利用料金支払い、電話応対内容の変更など、すべてPC・スマホで対応可能
  • 選べる通知方法。メールのほか、Slack、ChatWork、LINEなど各種チャットツールと連携可能

導入時の注意点

夜間・休日対応、クレーム対応、応答内容のカスタマイズは対応不可となっています。

無料プラン有無

14日間無料トライアルあり

費用

基本料金従量料金
10,000円/月額1〜100件目:0円
101件目以降:200円

導入企業の声

導入企業の声

シンプルに、fondeskは本当におすすめできます。特に、弊社みたいな規模(=20名規模以下くらい)のベンチャー企業にすごく合うはず。営業電話に時間使うのは本当にもったいないから、周りのベンチャー仲間にも勧めたいと思っています。
引用:fondesk公式サイト/導入事例(ITスタートアップ)

導入企業の声

fondeskを使わないケースを考えるほうが逆に難しいかもしれないですね(笑)。どの会社でも合うと思いますが、弊社のようなリモートを推奨している会社や、オフィスに電話が来るのを嫌がるエンジニアが多い会社などには特に合うのではないでしょうか。
引用:fondesk公式サイト/導入事例(ITサービス)

MIKAWAYA−DESK(株式会社ジャストファイン)

MIKAWAYA-DESKの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「MIKAWAYA-DESK」公式サイト

概要

MIKAWAYA−DESK(ミカワヤデスク)は、申し込みから最短翌日から使える柔軟な対応が特長の電話代行サービスです。

不在時対応、営業電話断り、HP誘導など企業の希望・悩みに合ったサービスをオペレーターが柔軟に対応します。

柔軟できめ細やかなサービスを提供していながら、月額9,800円で100件まで対応可能。リーズナブルな価格設定も多くの企業から選ばれる理由です。

特徴

  • 書類提出不要、申し込みフォームひとつで最短翌日から利用可能
  • 月100件まで基本料金内で対応。101件目から従量課金なので無駄なく利用可能
  • 受信内容の報告・共有方法は、LINE、ChatWork、Slack、Tesmsなどあらゆるツールに対応

導入時の注意点

受信報告・共有方法は1契約につき1ツールとなっており、複数ツールの設定は不可となっています

無料プラン有無

無料キャンペーンあり(100件以内かつ14日間まで)

費用

月額基本料金従量料金(超過時)
9,800円(月間100件まで)180円/件(月間101件目以降)

導入企業の声

導入企業の声

ランチに皆で出かけられ、仕事中に電話で割り込まれることも減りました。受電履歴を遡ると、想定よりも営業電話が多いことに気づき無駄な対応が減り、役立っています。
引用:MIKAWAYA−DESK公式サイト/導入事例(行政書士法人)

導入企業の声

使ってみると、電話音が鳴らなくなって、図書館のように静か!と言った声もあり、また、使い方が分からない時の問い合わせもMIKAWAYAさんがすぐに対応いただけたので継続して利用させてもらっています。
引用:MIKAWAYA−DESK公式サイト/導入事例(行政書士法人)

電話代行サービスを比較表で確認する

サービス名(運営会社名)特長費用
BusinessCall
(ウィズ・プランナーズ株式会社)
・365日、土日祝を含めた9時〜21時対応を月額5,000円〜低価格で提供
・独自の研修でスキルを積み重ねた高品質なオペレーター対応
・法人だけではなく個人での利用も可能
■スタンダードプラン
・初回設定費用:15,000円
・月額料金:5,500円
■ラグジュアリープラン
・初回設定費用:15,000円
・月額料金:11,000円
電話代行サービス株式会社・一般企業のほか、不動産、士業、水道修理、ネットショップ専門の電話代行サービスあり
・24時間365日対応可能、深夜帯のみ・土日のみなど企業運営にあわせて柔軟に対応が可能
・バーチャルオフィス、電話番号貸出、秘書代行により、低コストで営業拠点設置を実現
■平日のみ
25,000円〜110,000円
■平日+土日祝
32,000円〜114,000円
CUBE電話代行サービス
(株式会社大阪エル・シー・センター)
・独自の研修プログラムと徹底的なマンツーマン指導により高品質のオペレーター対応を実現
・改良を重ね続けた自社オリジナルのCTIシステムにより、素早く・正確な対応が可能
・1948年に創業以来、半世紀以上にわたり数多くの企業支援を手掛けてきた豊富な実績
■ライトプラン
・初期登録費用:5,000円
・月額基本料:10,000円
■スタンダードプラン
・初期登録費用:5,000円
・月額基本料:25,000円
fondesk
(株式会社うるる)
・書類提出不要。法人・個人問わず、ネット申し込みでかんたんに手続きが可能
・受付時間変更、利用料金支払い、電話応対内容の変更など、すべてPC・スマホで対応可能
・選べる通知方法。メールのほか、Slack、ChatWork、LINEなど各種チャットツールと連携可能
・基本料金
10,000円/月額
・従量料金
1〜100件目:0円
101件目以降:200円
MIKAWAYA−DESK
(株式会社ジャストファイン)
・書類提出不要、申し込みフォームひとつで最短翌日から利用可能
・月100件まで基本料金内で対応。101件目から従量課金なので無駄なく利用可能
・受信内容の報告・共有方法は、LINE、ChatWork、Slack、Tesmsなどあらゆるツールに対応
・月額基本料金
9,800円(月間100件まで)
・従量料金
180円/件(月間101件目以降)

まとめ|電話代行サービスを使えば電話業務の効率化を実現可能!

本記事では、電話対応業務の省力化・効率化に役立つ「電話代行サービス」について、電話対応サービスの選び方から、各サービスの特長・費用を比較しながら解説してきました。

ABMツールを導入する際のポイントを再度まとめると

  1. コールスタッフの教育体制を確認する
  2. 月間の電話件数と代行費用が見合うか確認する
  3. コール内容の伝言方法について確認する

といったことが挙げられます。

電話対応サービスを活用することで、専門オペレーターが自社の担当者に代わって要件を聞き、それらの内容をメールやチャットツールなどで共有できます。

わずらわしい営業電話の断り対応も可能なので、業務を阻害されることなく本業に集中できます。

今回ご紹介したように、実績・経験豊富な高いスキルを持つオペレーターが対応するサービスから、ネットでいつでもかんたんに利用申し込みができるサービスまで、様々な電話代行サービスがあります。

トライアル利用できるサービスもありますので、ぜひ用途・目的に合わせて利用を検討してみてください。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる