日程調整ツール比較8選!各ツールごとの特徴・機能まで解説!

日程調整ツール比較6選!各ツールごとの特徴・機能まで解説!のアイキャッチ画像

日程調整ツールとは、複数の相手とかんたんに予定を合わせられるツールのことです。

社内会議や顧客との商談など、関係者全員のスケジュールを確認するのは時間と労力が掛かりますよね。

日程調整ツールを活用すれば、効率的に候補日を決められますし、もし参加予定者の都合が悪くなった時の再調整にも手間が掛かりません。

しかしながら

  • どの日程調整ツールを使えばいいかわからない
  • 日程調整ツールごとに使える機能や価格の違いを知りたい

といったように、日程調整ツールの選び方にお困りの方も多いです。

そこで本記事では、仕事をかしこく・たのしくするビジネスメディアを運営する「Smarf」が、それぞれの日程調整ツールの特徴、機能、料金などを比較しながら紹介していきます。

ビジネスシーンに最適な日程調整ツール導入を検討中の管理職の方や、顧客との商談の機会が多い営業職の方はぜひ最後までご覧ください。

目次

日程調整ツールとは?用途・メリットを解説

プライベートやビジネスシーンにおいて複数の相手とスケジュール調整をする機会はだれにでもあるはずです。「日程調整ツール」を活用することで、手間や労力を大幅に削減できます。

特に、ビジネスシーンにおいて日程調整をしなければならない場面は多岐に渡ります。

例えば

  • 商談
  • 会議・打ち合わせ
  • 接待
  • 研修
  • 面接
  • ランチ会

といったことが挙げられます。

当然ながら、日々のスケジュールは人それぞれ異なります。

その中で関係者が増えるほど、日程を合わせることは非常に骨が折れるもの。

やっとの思いで「スケジュールが決まりました!」連絡しても「急用が入ってしまったため、その日はリスケでお願いします」と言われてしまい、落ち込んだ経験がある方も多いはずです。

特に昨今ではテレワークが普及したことで、さらに日程調整に掛かる手間や労力が増えています。

このような時に、日程調整ツールを活用することで、スケジュール担当者の負担を減らし、スピーディに日程を合わせることが可能です。

日程調整ツールを選ぶ際のポイント

日程調整ツールは多種多様です。

無料で手軽に使えるものから、有料で多機能のものまで様々あるので、どれが自社に合うかわからないとお悩みの方も多いです。

本項では、日程調整ツールを選ぶ際のポイントを5つ紹介します。

利用頻度に合わせてプラン内容を確認する

日程調整ツールは、利用頻度によってプランが異なる場合があります。

中には「月に◯回までの日程調整は無料」といったように、使用頻度によって無料で使い続けられるサービスもあります。

事前に日程調整が月にどれくらい行われているかを集計し、利用頻度にあったツールとプランを検討することがおすすめです。

用途・目的に合っているか確認する

日程調整ツールはビジネスシーン向けからプライベート向けまで多彩です。利用用途・目的にあったものを選択しましょう。

例えば、顧客との商談日程調整の際にプライベート色の強いツールを活用すると、相手からの信頼を損ねてしまう可能性もあります。

そもそも効率化ばかりを追い求めすぎると、顧客側からみれば「ないがしろにされている」と捉えられかねません。

相手からの見え方も意識することをおすすめします。

連携可能な外部カレンダーを確認する

日程調整ツールの大きな特長である、カレンダー連携機能。ツールによって、GoogleカレンダーやOutlookなど、連携可能なカレンダーは様々です。

もし連携していなければ、日程調整ツールの大きなメリットを享受できません。

「機能や費用が魅力だけど、カレンダー連携していないことがネック」という場合は、連携予定があるかどうか問い合わせてみることもおすすめです。

Web会議システムなどのツール連携ができるか確認する

日程調整ツールにはビジネスに役立つ様々な機能が備わっています。

例えば

  • Zoom、GoogleMeetなどのオンラインミーティングツール
  • Chatwork、Slackなどのグループチャットツール

といった機能と連携することで、それぞれのツール間をシームレスに利用できます。

同じ日程調整ツールの中でも、プランによって使える機能に制限がある場合も多いため、検討する際にはプラン表で全機能の確認をおすすめします。

画面の見やすさや、ツールの操作性を確認する

日程調整画面のUIやデザイン、直感的に触れられるかどうかはとても大切です。

なぜなら、日程調整ツールは社内の大勢が使うもの。全員にとって使いやすいものでなければ、浸透にも時間が掛かります。

まずはお試しプランなどを活用し、社内の数名でテスト運用しましょう。

その際に、どちらかというと新しいものを取り入れることに消極的な人の協力を仰ぐことがおすすめです。

あえてネガティブな意見を求めることで、思わぬ確認漏れが見つかることもあります。

一度、導入をしたら切り替えは難しいもの。失敗のリスクを未然に防ぐことができます。

日程調整ツール比較7選

本項では、Smarfおすすめの日程調整ツール7選を比較解説します。

各ツールによって、特長・機能・主な利用シーンなどが異なります。

中には完全無料で使えるツールもありますので早速試してみるのもおすすめです。

有料のツールについても、無料トライアルから始めるか、資料ダウンロードから始めてみてください。

eeasy(株式会社E4)

eeasyの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「eeasy」公式HP

概要

eeasyは、商談・ミーティングなどあらゆるビジネスシーンにおける日程調整を自動化し、業務効率化を実現する日程調整ツールです。

日程調整を掛ける側はわずか10秒、日程予約専用URLをコピーして送るだけ。調整を受ける側も、開いたURLの中から候補日を選ぶだけといった、わずかな操作だけで日程が決まります。

商談・訪問先の移動時間も考慮してツール内で自動調整されるため、外勤営業マンの日程調整の手間も効率化。インサイドセールスからフィールドセールスへの連携も効率化。ビジネスチャンスを逃しません。

特長

  • スケジュール候補日は、空き日程から自動抽出。3社間調整・同行営業などのビジネスシーンにも柔軟に対応
  • 調整側はURLを送るだけ。わずか10秒の操作で日程調整が可能。年間100時間以上の時間ロスを削減
  • 各種WEB会議ツールとの連携も可能。オンライン上で日程調整からミーティング実施までに掛かる工数を省力化

導入時の注意点

SlackやChatWorkなどのグループチャットツールとの連携はできませんので、通知はメールのみとなっています

無料プラン有無

  • お試し1ヶ月無料
  • 月間の調整回数6回未満の場合は無料

費用

■個人利用

利用頻度費用
月間調整回数が6回未満無料
月間調整回数が6回以上850円/月額

■グループ利用

プラン費用
ライト9,800円/月額
ベーシック22,800円/月額
ビジネス48,800円/月額

スケコン(株式会社TIME MACHINE)

画像参照元:「スケコン」公式HP

概要

「スケコン」は無料で始められる、日程調整&オンライン名刺交換サービスです。

GoogleカレンダーとOutlookカレンダーに連携し候補日の自動抽出から自動回答更新、カレンダー入力までをシームレスに行ってくれます。カレンダー連携・ログインなしでも回答は可能です。

スケコンの主な機能は

  • 1対1予定調整
  • N対N人予定調整
  • 複数人予定調整
  • 空き時間確認
  • オンライン名刺交換
  • オンラインMTGツール連携

の6つの機能があります。

特長

  • 主催者、参加者の最新の空き時間を常に更新してくれるので、相手に連絡しなくてもダブルブッキングの心配なし
  • 自動でオンラインMTGのURLを発行してくれるので、オンライン会議にも便利(Zoom、Google Teamsも対応)
  • 調整する人数も複数人でも手間がいらず調整が出来る
  • オンライン名刺交換が自動ででき、連絡先もリスト化してCSV出力が出来るので顧客管理にも最適

導入時の注意点

電話でのお問い合わせ対応は受け付けておらず、すべてのお問い合わせはメールでの対応となります。

無料プラン有無

  • フリープラン有り
  • 月間の調整回数4回未満の場合は無料
  • ビジネスプラン(¥1,188)が初回最大2ヶ月無料

費用

プラン費用予定調整回数
フリー0円/月額4回
スタンダード660円~/月額16回
ビジネス990円~/月額無制限

お客さまの声

導入企業の声

1番良かったポイントは、自動でGoogleカレンダーに入力され、「ダブルブッキング」を防止できることです。また、以前、メールで予定調整のやり取りをしていた時は、カレンダーへの記入漏れが多かったのですが、今はそれがなくなりました。
引用:スケコン公式サイト/利用者の声

導入企業の声

業務上クライアントとの打ち合わせが1日に何件もあるので、今まではニアミスで他の予定が重なってしまいもう一度予定を調整しなければいけない、ということも多かったです。でもスケコンなら、自分のGoogleカレンダーと常に連動しているので、候補日程に別の予定が入ってしまったら瞬時に自動で候補日時から外してくれ、ダブルブッキングの心配が無くなりました。
引用:スケコン公式サイト/利用者の声

Jicoo(ジクー株式会社)

画像参照元:「Jicoo」公式HP

概要

Jicoo(ジクー)はチームの日程調整・スケジュール調整を自動化するスケジュール予約サービスです。日程調整の予約ページを共有するだけで、カレンダーへのスケジュール登録、Web会議のURL発行・議事録の作成まで手間なく行う事ができます。

日程調整はURLを送るだけで完了。Google Calendar、Office365予定表とカレンダー連携することにより候補日時を自動抽出・自動登録。

それ以外にも、Slack連携、ロゴの変更、メッセージのカスタマイズ、Google Analytics連携などスムーズなUXを実現する豊富な機能を実現しています。

特長

  • URLは送るだけで日程調整が完了。カレンダー連携によりダブルブッキングを防止
  • 1対1、複数人の日程調整に対応。複数人調整での担当者自動振り分けも可能
  • Google Calendar、Office365予定表、Zoom、Slack、Google Analyticsなど各連携に対応
  • 週表示、ロゴ/カバー画像のブランディング、メッセージのカスタマイズなど豊富な機能

導入時の注意点

ユーザーサポートはチャットのみの対応となっています。よくある質問はヘルプで確認できます。

無料プラン有無

有り

無料会員(Freeプラン)でほとんどの機能が利用できます。

  • Freeプラン(1対1の日程調整)
  • Startupプラン(Freeプランの機能に加えて、複数人での日程調整など)
  • Proプラン(Startupプランに加えて、カレンダー週表示、通知のカスタマイズ)

費用

プラン費用
Free無料
Startup980円/月
Pro1,320円/ 月

お客様の声

導入企業の声

以前から日程調整に時間を取られることを課題に感じていましたが、Jicooを使うことにより日程調整の効率化を実現できました。
多忙な業務をこなしながら、エンジニア採用のスカウトなどのアプローチを最大化することができています。
引用:Jicooo公式サイト/利用事例

導入企業の声

月に500件の新規アプローチのためにJicooを導入して、2割にあたる100件近くのアポイントをJicooで調整しています。
アポイント代行サービスと比較にならないぐらい、Jicooは圧倒的に費用対効果が高いと思います。
引用:Jicooo公式サイト/利用事例

Notia(株式会社マツリカ)

Notiaの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「Notia」公式HP

概要

Notiaは、AIが自動でEメールを解析し重要なメールを自動仕分けを行うアシスト機能です。

Chrome拡張機能にインストールすれば、わずか数秒でAIの初期設定が完了。

Notiaを使えば、重要な相手の開封・返信タイミングの最適化や、候補日の自動書き起こしによる日程調整の効率化を実現します。

さらに、Slackと連携することで重要なメールをリアルタイムに受信し、Slack上からアーカイブ・既読・返信などのアクションも可能です。

特長

  • 無料で使えるChrome拡張機能。ウェブストアからインストールするだけでわずか数秒で設定完了
  • Slack連携により、重要メール・対応漏れ・フォローアップタイミングをBotが自動通知。機会損失を防ぐ
  • AIのEメール解析による、候補日の日程調整・メールの自動仕分けといったアシスト機能の活用でビジネスを効率化

導入時の注意点

拡張機能をほかにも入れている場合はChromeの動作が遅くなる場合があります

無料プラン有無

Chrome拡張機能のため無料で利用可能

費用

Chrome拡張機能のため無料で利用可能

アイテマス

アイテマスの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「アイテマス」公式HP

概要

完全無料で利用できるビジネス用日程調整ツールです。アカウント発行や個人情報を登録する必要がなく、すぐに利用開始が可能です。

Webブラウザまたはスマホアプリ(iOS/Android)で、都合のいい日時を選択。生成されたテキストと専用URLをコピーして相手に送るだけ。

Googleカレンダー連携により、最新状況は常に反映されるため、予定のダブルブッキングを避けられます。

特長

  • アカウント発行なし&完全無料で利用可能。アポイント、面接、社内ミーティングなどあらゆるビジネスシーンに対応
  • マニュアルなしでもすぐに使えるシンプルデザインと操作性。空いている日程を選んで、テキストとURLを送るだけ
  • ウェブ・iOS・Androidそれぞれにアプリを用意。急に予定を聞かれたときなど、使いたい時にすぐに起動できる

導入時の注意点

操作マニュアルがないため、操作方法が分かりづらいと感じる可能性があります。

無料プラン有無

完全無料

費用

完全無料

waaq LINK(waaq株式会社)

waaqLink公式サイトトップページ画像
画像参照元:「waaq Link」公式HP

概要

waaqLINKは、社内外あらゆるビジネスシーンの日程調整を効率化するハイスペック日程調整ツールです。

waaqLINKの特長は高性能であること。WEB会議システム、グループチャット連携のほか、日程調整に役立つ機能を網羅。

相手指定調整、空き時間公開、投票制の3つの方法でスケジュール調整可能。waaqLINKひとつあればすべての機能を活用可能です。

運用はあらゆる規模のチーム・組織に対応。小ロットのチーム運用から、社内全体の大規模利用まであらゆうるビジネスシーンで利用が可能です。

特長

  • Zoom、Teams、GoogleMeetのウェブ会議システムに対応
  • 過去に日程調整を行ったユーザーとアドレス帳からワンクリック登録が可能
  • 利用シーンにあった日程調整フォームにカスタマイズ可能。

導入時の注意点

自由度が高く多機能なツールであるため、導入や操作方法に慣れるまでに時間がかかる場合があります

無料プラン有無

無料プランあり

費用

要見積もり

伝助

伝助の公式サイトトップページ画像
画像参照元:「伝助」公式HP

概要

伝助は、すべての機能を完全無料で利用できる日程調整ツールです。無料とはいえ、プッシュ通知やアンケート作成など日程調整に役立つ機能も充実。

ITツールが苦手な方でもすぐに使えるシンプルな設計画面。ブラウザ上で候補日程を選択し、カレンダー作成後は、送り先のメールアドレスを入力するだけでかんたんに通知が完了します。

通知を受け取った相手は候補日に◯△✕を入力するだけ。面倒な会員登録や、個人情報の入力もないので、社内イベント利用にも最適です。

特長

  • 完全無料、追加料金なしで使える日程調整ツール。無料でありながらアンケート作成やプッシュ通知といった機能も充実
  • 出欠入力者は「◯△✕」を押すだけ。直感的な操作で使えるのでITツールが苦手な相手でもかんたんに入力可能
  • アプリインストールや会員登録・個人情報入力などの操作は一切不要。社内イベント開催時など使いたい時にすぐに利用可能

導入時の注意点

アポイント調整などのビジネス向けよりも、社内イベントや飲み会出欠確認などで使われるケースが多いようです

無料プラン有無

完全無料

費用

完全無料

調整アポ(株式会社RECEPTIONIST)

調整アポの公式サイトトップページ画像
画像参照元:「調整アポ」公式HP

概要

調整アポは、空いている日時を表示するURLをコピペして送るだけ。受け取った側はURLを開いて日時を選ぶだけ。

わずかな操作だけで、複数の人との日程調整にかける時間・労力を大幅に削減する日程調整ツールです。

ダブルブッキング、日程・時間の誤り、伝達漏れなど日程調整時に起きがちなミス・トラブルを心配する必要はありません。

日程確定情報はグループチャットに通知されるのでリマインド案内も不要です。

さらに、WEB会議URLも自動で発行されるので、オンラインミーティング・オンライン商談をシームレスに実施します。

特長

  • 日程確定情報は、Slack、ChatWork、Teamsなどのグループチャットに通知されるのでリマインド案内不要
  • 日程確定後に、社内会議室予約やWeb会議URL発行と自動連携が可能。日程調整後の場所準備を効率化
  • 空日時の自動抽出により日程調整が効率化。チーム・複数名での日程調整にも対応。日程変更時の再設定も容易

導入時の注意点

  • 契約・支払いは、年間契約・年額一括払いのみとなっています
  • 高機能な日程調整ツールのため慣れるまで時間を要する可能性があります

無料プラン有無

要問い合わせ

費用

プラン費用(支払いは年額一括のみ)
スタンダード 調整アポ560,000円/年
※5,000円/月あたり
スタンダード 調整アポ1096,000円/年※8,000円/月あたり
スタンダード 調整アポ20192,000円/年※16,000円/月あたり
スタンダード 調整アポ50480,000円/年※40,000円/月あたり

日程調整ツールを比較表で確認

ツール名特長費用
eeasy
(株式会社E4)
・候補日程は、空き日程から自動抽出。3社間調整・同行営業などのビジネスシーンにも柔軟に対応
・調整側はURLを送るだけ。わずか10秒の操作で日程調整が可能。年間100時間以上の時間ロスを削減
・各種WEB会議ツールとの連携も可能。オンライン上で日程調整からミーティング実施までに掛かる工数を省力化
■個人利用
・月間調整回数が6回未満:
無料
・月間調整回数が6回以上:
850円/月額
■グループ利用
・ライト:9,800円/月額
・ベーシック:22,800円/月額
・ビジネス:48,800円/月額
スケコン
(株式会社TIME MACHINE)
・主催者、参加者の最新の空き時間を常に更新してくれるので、相手に連絡しなくてもダブルブッキングの心配なし
・自動でオンラインMTGのURLを発行してくれるので、オンライン会議にも便利(Zoom、Google Teamsも対応)
・調整する人数も複数人でも手間がいらず調整が出来る
・オンライン名刺交換が自動ででき、連絡先もリスト化してCSV出力が出来るので顧客管理にも最適
フリー(調整機能4回): 0円
スタンダード(調整機能16回) :660円~
ビジネス(調整機能無制限):990円~
Jicooo
(ジクー株式会社)
・URLは送るだけで日程調整が完了。カレンダー連携によりダブルブッキングを防止
・1対1、複数人の日程調整に対応。複数人調整での担当者自動振り分けも可能
・Google Calendar、Office365予定表、Zoom、Slack、Google Analyticsなど各連携に対応
・週表示、ロゴ/カバー画像のブランディング、メッセージのカスタマイズなど豊富な機能
Free:無料
Startup:980円/月
Pro:1,320円/ 月
Notia
(株式会社マツリカ)
・無料で使えるChrome拡張機能。ウェブストアからインストールするだけでわずか数秒で設定完了
・Slack連携により、重要メール・対応漏れ・フォローアップタイミングをBotが自動通知。機会損失を防ぐ
・AIのEメール解析による、候補日の日程調整・メールの自動仕分けといったアシスト機能の活用でビジネスを効率化
Chrome拡張機能のため無料で利用可能
アイテマス・アカウント発行なし&完全無料で利用可能。アポイント、面接、社内ミーティングなどあらゆるビジネスシーンに対応
・マニュアルなしでもすぐに使えるシンプルデザインと操作性。空いている日程を選んで、テキストとURLを送るだけ
・ウェブ・iOS・Androidそれぞれにアプリを用意。急に予定を聞かれたときなど、使いたい時にすぐに起動できる
完全無料
waaq LINK
(waaq株式会社)
・zoom、Teams、Google Meetのウェブ会議システムに対応
・過去に日程調整を行ったユーザーとアドレス帳からワンクリック登録が可能
・利用シーンにあった日程調整フォームにカスタマイズ可能
要見積もり
伝助・完全無料、追加料金なしで使える日程調整ツール。無料でありながらアンケート作成やプッシュ通知といった機能も充実
・出欠入力者は「◯△✕」を押すだけ。直感的な操作で使えるのでITツールが苦手な相手でもかんたんに入力可能
・アプリインストールや会員登録・個人情報入力などの操作は一切不要。社内イベント開催時など使いたい時にすぐに利用可能
完全無料
調整アポ
(株式会社RECEPTIONIST)
・日程確定情報は、Slack、ChatWork、Teamsなどのグループチャットに通知されるのでリマインド案内不要
・日程確定後に、社内会議室予約やWeb会議URL発行と自動連携が可能。日程調整後の場所準備を効率化
・空日時の自動抽出により日程調整が効率化。チーム・複数名での日程調整にも対応。日程変更時の再設定も容易
・スタンダード 調整アポ5:
60,000円/年
※5,000円/月あたり
・スタンダード 調整アポ10:
96,000円/年※8,000円/月あたり
・スタンダード 調整アポ20:
192,000円/年※16,000円/月あたり
・スタンダード 調整アポ50:
480,000円/年※40,000円/月あたり

まとめ|日程調整ツールを活用すれば、スケジュール調整の効率化が可能

本記事では、ビジネスシーンの日程調整を効率化する「日程調整ツール」について、ツールごとの機能・特長・費用を比較しながら解説してきました。

日程調整ツールを活用するメリットは

  • カレンダーツールと自動連携が可能
  • 複数の相手と空き日程の調整が可能
  • WEB会議システムのURLも同時発行
  • 社内会議室の空き状況も同時に管理

といったことが挙げられます。

ツールによって無料で使えるシンプルなものから、豊富な機能を持つハイスペックな日程調整ツールまで多種多様です。

利用する目的・用途に合わせて活用することで、これまでの日程調整に掛かっていた労力を大幅に解消することが可能です。

今や、テレワークが普及し、働く場所が離れる機会も増えているため、日程調整ツールのようなサービスは今後益々活用が浸透していくはずです。

もちろん日程調整ツールは、ビジネスシーンだけではなくプライベート利用でも活用できるものばかりです。

もし「日程調整ツールを今まで使ったことがない」という方でしたら、まずは身近なところから日程調整ツールを活用してみてはいかがでしょうか。

会員登録でお役立ち資料をダウンロードできます

低コストかつスピーディーなシステム構築を実現できる「ノーコード開発ツール」の選び方ガイドをプレゼント中!

Smarf編集部のアバター
Smarf編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは、お問い合わせページからお願いいたします。

目次
閉じる